苗字でお勉強 

以前読んだ「人名の世界地図」(文春新書)によると、あの有名な作曲家バッハ(Johann Sebastian Bach)の苗字の部分バッハ(Bach)は、ドイツ語で「小川」という意味だという。なぁ~んだ、小川さんなのか。日本でもヨーロッパでも似たようなものなのね、と思ったものだ。さらに読み進めると、欧米人の苗字には、中世の職業名に由来する名前が多いということがわかる。お馴染みのカーペンター(Carpenter=大工)の他にも
 スミス(Smith=鍛冶屋)
 ミラー(Miller=粉屋)
 テイラー(Taylor=仕立て屋)など。
英語名で表記しましたが、スミス(Smith)がドイツだとシュミットシュミッツ、イタリアでフェラーロ、ハンガリーでコヴァーチという具合に変化する。
4896948599.01._PE_SCMZZZZZZZ_[1].jpg今日読み始めたシャルル・レジェ著「バラの画家ルドゥテ」(八坂書房)。冒頭でルドゥテ(Pierre-Joseph Redouté)の苗字の由来について語られています。(ルドゥテについて書いた過去の記事バラとコミックの関係
何でも先祖は騎士だったとか。

redoute5.jpgルドゥテ(Redouté)は、フランス語の名詞ルドゥトゥ(redoute=方形堡、やぐら)に由来し、騎士ならでは、戦いに付き物の”やぐら”から苗字ができたということだ。辞書で調べてみると動詞ルドゥテ(redouter)は、~を恐れる、危惧する、懸念するという意味のようです。形容詞のredoutable=恐ろしい。redouteからreをとったdouteは英語のdoubtにあたり、疑い、疑念、迷いという意味になります。

フランス語に興味のない方には退屈だったでしょうか?ではこちらはいかがですか? 2368181650[1].jpgサッカーファンならずともご存じであろうイタリア人サッカー審判のピエルルイージ・コッリーナ氏(45歳)。ACミランのメインスポンサーであるオペル社と結んだ、年間80万ユーロ(約1億1000万円)のスポンサー契約をイタリア審判協会が問題視し、コッリーナ氏はセリエAでの活動を禁じられ、遂にイタリア審判協会に辞表を提出したことを会見で明らかにしたとか。その苗字コッリーナはcollina=丘、小山です。丘さん、本当にやめちゃうの?

[追記]2008年5月17日(土)~6月15日(土)Bunkamuraのザ・ミュージアムで
ルドゥーテ生誕250年記念「薔薇空間」展が開催されます。詳細は
 ・こちら薔薇空間とカンヌ映画祭、華やかなる週末(幸せをくれるテディベア)
FC2 Blog Ranking

日記日記

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

あっ、これ、あるある!
苗字もそうだけど、名前も、例えばマルグリット・デュラスのマルグリットはヒナギクだから、「菊代さん」かな?とか、わたしも思ったことありました。

好きなもの:
バラ・シナモン・地中海
そしてサッカー

ですか。プロフィール、変わりましたね?

しゃるろっとさん

さすが!細かいところの変更に気づいていただいて嬉しいです。今まで「プロフィール」といいながらAuthor: オルサ としか載せていませんでした。が、せめて好きなものくらいは載せてみようと思い立ち、書き込んでみました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://siccomesiciliana.blog9.fc2.com/tb.php/122-1d4c11f3