スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking

月の誘惑 

B00005G8Z2.09._PE_SCMZZZZZZZ_.jpgきのう「」をテーマにしましたが、その中で触れたヴェルレーヌとランボー。この2人の関係を描いた1995年のイギリス映画。邦題は「太陽と月にそむいて」でしたね。レオナルド・ディカプリオ演じるランボーの姿がいまだに脳裏に残っていて、たしかあの映画を見てから、私はレオ様贔屓になったのでした。そこでこじつけて、きょうのテーマは「」。

まず「」についてのより詳しい情報源として、フリー百科事典  『ウィキペディア』は、かなり使えます。

地球の衛星 月に関する一般的な情報に加え、月探索の歴史、月に関連した作品一覧(例えばタイトルや歌詞の中に月が出てくる曲名リスト、アニメリストなど)や、なぜイスラム諸国の国旗に月が多く使われているのか?といった月に関わるありとあらゆる情報が載っています。

初めて知ったのですが、月のクレーターにはアサダ、アボットなどの名前が付けられているんですね。
まずはクリックしてみてください!百科事典ウィキペディア

ところで、皆さんはすでにご存知でしょうが、月の土地を購入することができます
こちら月の土地

月が人の所有物になるというのは、ちょっと??ですが、まあ夢があるといえばあるのでしょうか。
FC2 Blog Ranking

ひとりごと日記

コメント

ロマンチック?

月の土地ってお安いのね。これってプレゼントされてロマンチックなんだろうか???
そしてウィキペディアで「太陽」を検索したら、「太陽は日本では赤で描かれるが、ヨーロッパなどでは黄色もしくは金色で描かれることが多い」と載ってました。やはり、太陽は西洋人には黄色いのねー!!
百科事典ってためになるわー。
それにしても、ディカプリオから月に行っちゃうとは、すごいこじつけかもしれない(笑)。

太陽

ディカプリオから月ってやっぱり、すごいこじつけでしたか。

太陽といえば、冬のスペインで見た太陽は、色も大きさも、日本で見る太陽とは全く違うものに見えました。ものすごく大きかった!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

はじめまして。

はじめまして、オルサさん。
といっても、私の方は、このブログをよくロムさせて頂いてます(^^)

>月の土地を購入
アポロ着陸地や月の裏側は売り出さないというのが、また面白いですね。

私の関連記事をTBさせて頂きました。

wlwさん いらっしゃいませ!

こんにちはwlwさん!
TBとコメントありがとうございます。wlwさんのブログを読ませていただきましたが、月への物理的、神秘的、懐疑的…アプローチに脱帽です。月って探れば探るほど深いですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://siccomesiciliana.blog9.fc2.com/tb.php/103-aa9016d9

月に関する噂 ~moon base

▼月の錯視 ~Moon Illusion地平の月は大きく見える。目の錯覚説が有力だが、水晶体扁平説に魅力を感じてしまうあなたは、魅力的なルナシスト。・月が真上にある時 あなたが空を見上げれば・・・  → 眼球の水晶体が地面と平行になり、地球の重力で薄くなる 
  • [2005/08/14 05:59]
  • URL |
  • Who Loves Who? |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。