スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking

スペインメーカーの服をまとい、イタリア家電に救われる~その2 

スペインメーカーの服をまとい、イタリア家電に救われる~その1 の続きです。

家電の問題とは…
 数十年来 我が家で使い続けてきたナショナルのトースター。スイッチを入れても過熱しなくなってしまったのだ。
上に食パンを2切入れる溝があり、スイッチを下方部におろすと電気がONになり、所定分数後にバネで上に上がる昔ながらのトースターだ。今回、この形のトースターをポップアップトースターと呼ぶ、と初めて知った。
パナソニックの公式サイト内 トースターのラインナップを観ると、ポップアップトースターは姿を消していて、もはやオーブントースターしかないのだ。
あわててamazonで
ポップアップトースターを捜してみると、検索結果のリストの中に日本の有名家電メーカーの名前はない。その代りに検索上位に表示される日本のメーカー、その商品の値段を観ると、かなりの低価格だ。
その点は嬉しいのだが、以前のトースターが数十年ももったように、長く使えるのかどうか?不安が残る。レビューの中には、すぐに壊れた。とか、焼きむらがある。 という指摘が散見される。

ではいったい、どのメーカーのものならば良いのだろうか?

結局選んだのは


ポップアップトースター オレンジ (アマゾン)

決め手は、評価がダントツにいいということと、蓋が付いていて、しかも焼いている途中で焼き具合を観ることができる点だ。

デロンギ(De'Longhi(リンク先:公式サイト)は、イタリアの家電メーカー。コーヒーを常飲しない私は知らなかったが、コーヒーメーカー、コーヒーマシンが有名らしい。
イタリアの会社だけあってデザインが非常にいい。色も素敵。
2,000円台、3,000円台の日本のメーカーの商品と比べると、7,000円台(定価は12,960円)は相当高く思えるが、私の記憶が正しければ、今まで使っていたナショナルのNT-T4R、30年以上前に買ったのだが、当時、無駄のないデザインが斬新で、しかもコードが巻き取り式で機能的、蓋もついていて、店に並ぶトースターの中で一番高額だった。
デロンギは残念ながらコードが巻き取り式ではないものの、良品が高いのは仕方のないことだ。安いがすぐに壊れてしまうかもしれないトースターよりも、壊れにくく、長持ちするであろう、しかし価格の高いトースターの方が長い目で見たらいいに決まっている。


実を言うと、家電で他にも、今使っているものがもし壊れてしまったらどうしようか?というものがある。
ドアホン付きの固定電話機とファクシミリ電話機だ。
現在使っているのが三洋電機製。周知のとおりパナソニックの子会社となったが、既にブランド名はパナソに統一。ところが、パナソの商品ラインナップを観ても、デザインがイケてない感じ。といって、他のメーカーも同様で、とにかく選択肢が少なくて困ってしまう。もし、海外メーカーがこの分野に進出してきたら、そのメーカーの電話機を買ってしまうかもしれない。

必要なのに、買いたいものを作ってくれない

私が最近、日本のメーカーに抱く印象は、そういうものだ。

それがもし、世界中の人々の共通認識だとしたら、日本のメーカーに未来はなさそうだ。
製造効率やら、利益率偏重やら、とにかく作る側の都合ばかり重視していると、あのメーカーのように、他国の企業に身売りして再起を図る、なんてことになりかねない。

ある番組で、中国家電製造大手のハイアールに売却された かつての三洋電機の白物家電事業が、高収益を得ていると紹介されていた。三洋時代との最大の違いは、商品化するのが非常にスピーディだという。そして、地域ごとのニーズに即して商品化する。

消費者としては、魅力ある様々な商品を、どんどん世に出していただきたい。
きっとその中に、買いたいと思う商品が見つかるであろうから。

デロンギ ポップアップトースター(アマゾン)
デロンギ ポップアップトースター(楽天市場)
スポンサーサイト
FC2 Blog Ranking

スペインメーカーの服をまとい、イタリア家電に救われる~その1 

先ず初めに断わっておきたいのは、私はファッションにうるさいタイプではなく、むしろトレンドには疎い方で、ただ しいて言えば、自分に合った自分好みのものでなければ嫌だと思っている。そして、できるだけ洋服にお金をかけたくないとも思っている。

そして、「キッチン用品や家電は海外製(西欧)に限る」などと思ったことは これまで一度もなく、できるだけ国産の良品を使いたいと思っている。

ところが、洋服に関しては、ここ数年 困った問題が起きていた。そして、家電に関しても、数十年間愛用していたものが突然壊れてしまい、しかも後継商品がないと知り、困りはてた。


まず洋服の問題は…
 私は肩幅が広く、しかもいかり肩で、
現在売られている日本のメーカーの洋服では、肩がきつすぎる。着られるブラウスや上着は、サイズがXLとか2L以上、もしくは13号以上でないとムリ
デパートやスーパーでは「大きいサイズ」というコーナーが設けられているが、そのコーナーに行くこと自体気がめいるし、選択肢が少なすぎて、なかなか素敵だと思える商品に出合えない。
ところが、10数年前に買った当時Lサイズのブラウスやジャケットは難なく着られるのだ。ということは、当時と今とでは、肩幅の規格が大きく異なるのだろう。体のサイズは変わっていないのに、服の方が変わってしまったのだ。
従って、最近はユニクロでばかり洋服を買っている。普段着としては最高のブランドだと思う。しかし、おしゃれ着と言える商品がないことが悩みの種。海外のブランドの製品ならば、自分好みでしかもサイズが合うおしゃれ着はいくらでもあるのだろうが、前述のとおり「洋服にお金をかけたくない」となると、絶望的。そう思っていた。

ある日、ふと思いついて、「肩幅広い ブランド」とかなんとかのキーワードでググってみたところ、YAHOO知恵袋の質問の回答で「ZARA(リンク先:公式ネットショップ)というブランド名を見つけた。

アイテムを観ていくと、デザインがいいし
商品によってはXLのサイズもある
しかもスーパーマーケット並みに価格が安い
配送料が無料なので、試しに気にいったブラウスとジャケットをネットショップで購入してみることにした。

商品が到着して驚いた。仕立てがとても良い。スペインのブランドだが、made in Moroccoだ。
手仕事王国(かつてモロッコ旅行をした経験から勝手に命名)モロッコ製なら安心できる!
ジャケットは袖丈が若干長かったが、自分の中では許容範囲以内。ブラウスは、新たなデザインがアップされたらまた購入してみたいと思う程気に入った。

今度は、ターミナル駅の丸井にあるらしいショップの方にも行ってみたいと思っている。果たしてXLサイズの商品が店頭にあるかどうかは不明だが。

そう思いつつ、なかなかショップに行けずにいた先日、たまたまつけていたテレビのニュースで
フォーブス誌による「2016年版世界長寿番付」の発表をしていた。普段はほとんど興味を示さないニュース項目だが、米国共和党のトランプ氏が○○位…と発表されていたためテレビに目を向けると、字幕で番付3位までを表示していた。
1位のビル・ゲイツの次、
2位に何とZARAの経営者 アマンシオ・オルテガの名を見つけて驚いた。
まさかこんなに儲けている=世界的に認知され、支持されているメーカーだとは思ってもみなかった。

zara 経営者で検索すると、様々な記事が出てくる。
東洋経済onlineの過去記事によると、2015年の10月にはビル・ゲイツを抜いて、長者番付1位に輝いた時期もあったようだ。

てっきり大資産家一家の出なのかと思いきや、このオルテガ氏
wikipediaによると、
貧しい家の出身で、義務教育しか受けておらず、長い下積み経験のある いわゆるたたき上げなのだ。
たとえ恵まれない育ちであったとしても、世界の富豪になれるチャンスがある。その人の努力次第で。ということを改めて知り、何だか嬉しくなってくる。

その一方で、品質やデザインで世界No.1だったはずの家電までもが国外製品に頼らざるをえない状況になってみると、日本のメーカーは大丈夫なのか?日本の将来は?と不安な気持ちに襲われる。 
  つづく

 ・関連記事小さな布の薔薇 咲いた!
FC2 Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。