スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking

ジャスミンに囚われて 

今までに何度か、「ジャスミン」をテーマに書いたことがあった。

自身でブログ内検索をしてわかったのだが、
2年前の2013年には
ジャスミン香る悦楽のカフェにて」と題し、
仏人俳優・歌手でもある
パトリック・ブリュエル(Patrick Bruel)が歌う
「Au Café des Délices (悦楽のカフェにて)」について、
あの時節ならではの感想を記しているし、

さかのぼって9年前の2006年の
メッセージ for you.」には、
>1年前の今日、私はジャスミンの香りをテーマに記事を書いていました

と記載している。
さらに文章は続く。
>この1年で(中略)ブログの楽しさにどんどんはまっているところです。

ということは…2005年が、このブログの最初の年。つまり、
2005年5月から このブログを書き始めて、今年で丸10年なのだ
今日気が付いた。

では、そもそも何故、今日「ジャスミン」という言葉で検索したくなったのか、これからお話ししましょう。


ごく最近、通院している病院が移転した。手狭だった従来の場所から、フロアが広く、最新式のシステムを導入した綺麗なクリニックへの転換で、建物が変わり、最寄駅も変わるために当然通う道も変わる。
それまで毎年5月、年1回のお楽しみにしていた あるお宅の前に漂う 庭に茂るジャスミンの花の香りだが、来年からは愉しめなくなってしまうのだ。それが残念でしかたない。
移転を知ったその日に、何故だかそんなことを最初に思った。

そういうことも、多少 影響していたのか、自覚は無いのだが、
香り付きのサボンドマルセイユ(マルセイユ石鹸)で、洗髪してみたいなと ある日思い立ち、ネットショップの商品ぺージをいろいろ見て回り、甘いバラの香りや心地よいラヴェンダーの香りなどをイメージし、人気の高いこの2つに食指が動いた。でもいざ香りを選ぶ段になったとき、最終的に選んだのが

サボンドマルセイユ ジャスミン(マリウス ファーブル社製

そして届いたジャスミンの石鹸。
開封前から予想を上回る強い香りに、クラクラしそう。
そして、あの歌 「Au Café des Délices (悦楽のカフェにて)」が無性に聴きたくなり、しばしエキゾチックアラビアンの世界にどっぷり浸かる。

蓋つきの石鹸入れに移し部屋に置いておくだけでも、ふっと何かの瞬間に漂う香りを感じる。
ジャスミンの精油の香りなので、凝縮された分 花の香りよりも自己主張が強い。昔、この香り(精油の香り)をどこかで嗅いだことがあるような気がしてくる。

母の香水?
化粧品?
あるいは…?

何時?
何処で?

思い出せそうで、思い出せない。
すると、思い出したい、という気持ちが募る。

こうやってジャスミンは、いつまでも私を放さない。
スポンサーサイト
FC2 Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。