スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking

ジャスミン香る悦楽のカフェにて 

この季節、いつもの あの屋敷から漂うかぐわしきジャスミンの香り。
その香りが脳に達し、ふと口をついて出てきたのが、あのメロディー…

パトリック・ブリュエル(Patrick Bruel)が歌う
Au Café des Délices (悦楽のカフェにて)



♪~Et l'odeur du jasmin
 Qu'il tenait dans ses mains(彼が両手につけていたジャスミンの香り)~

1999年に発表されたアルバム『Juste Avant』
※画像リンク先はEU版『Justie Avant』
に収録されている一曲で、
ジャスミン革命以前のチュニジアでの、甘い追憶と 異国のやや退廃的な雰囲気とが見事に表現された名曲です。
 ・参照パトリックとの再会(過去の記事)

ジャスミンの香りから、直ちにチュニジアを思い起こすことはできませんでしたが、歌を思い出し、それをブログ記事にしていく中で、

ジャスミンの甘い香り→悦楽のカフェ→チュニジア→厳しい現実

連想やイメージを広げていくうちに、甘美や悦楽とは程遠くなってしまった北アフリカを憂えるという結末に。

苦いコーヒーよりも、甘めが好きな私ですから、暫くは甘美な旅の思い出に浸りながら、この歌を聴くとしましょう。

[追記]前述の「Au Café des Délices」や同様に好きな別のアルバム収録曲「Tout s'efface」
(後で試聴のためのアマゾン・フランスへのリンク貼っておきます)
を聴くために
Justie Avant』を日本のアマゾン マーケットプライス出品店より新品購入したところ、届いたのは
『Juste Avant』でした。

EU版だろうが国内版(フランス版)だろうが、中身は同じだということはわかっていましたが、ちょっと拍子抜け。
で、全曲を通しで聴いてみると、
スペイン語で歌うニルダ・フェルナンデス(Nilda Fernandez)とのデュエット曲「Nunca Mas」や、
カントリーミュージック風の曲、さらに
冒頭部分が倍賞千恵子の「下町の太陽」そっくりな「Elle」というタイトルの歌まであり、
フランスとチュニジアを加えて、世界を周遊しながらそこで息づく音楽に触れているような感じがしてきます。

では、試聴してみてください。
NO.13からNO.24までが『Justie Avant(Juste Avant)』収録曲です。
 ・こちらJuste Avant(Amazon France)

ジャスミン関連記事ジャスミンに囚われて
スポンサーサイト
FC2 Blog Ranking

日記日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。