和を贈る~その2 

和を贈る~その1の続きです。

伊東屋で見つけた「つれづれ帖」、ロフトにも東急ハンズにもなかったのですが、
東急ハンズで面白いものを発見。



船のおりがみです。
説明書に従って折っていくと、ヨットや潜水艦、屋形船、蒸気船などの船ができあがる。耐水紙を使用しているため、お風呂でも遊べるようです。
今年2歳になる友人の息子さんへのプレゼントにピッタリ! 恐らく本人が作るのは難しいでしょうから、パパが船を作ってあげて、子供はそれを使ってお風呂で遊ぶってことになるでしょう。
ちなみに、おりがみくるくる回転寿司
プラレール おりがみなんてのもありましたよ。


さて、和綴じのノートですが、「つれづれ帖」は入手できそうにないもの、何とか他のもので良いものはないかと探している最中です。プレゼントを和綴じノートに絞るとなると選択肢が少ないですが、
西洋の製本技術に魅せられ、製本文化、ひいては稀覯本の古書蒐集にのめり込んだ古の文人たちに興味を持つ私が、改めて西洋の本とは異なる和綴じ(本を立てることができず、平積み)の収納上の利便性や背表紙のない面白さなどを西洋の友人にも知ってもらいたいという気持ちが強いのです。
どうせ日本から送るなら、むこう(イタリア)でも購入可能な物ではなく、
和の文化、あくまでもかつての文化ではありますが、その名残だけでも感じ取れるものを贈りたいじゃないですか。


楽天市場で和綴じ 和紙」で検索すると、いくつか出てきます。
表紙の意匠が、江戸時代に描かれた植物細密画の名品をモチーフにしたという

京都 染織工房 匠彩和綴じノート グラジオラス(小)が第一候補ですが、正直なところ、実物を見てみないと中身がよく分からないです。

もうしばらくは、他店に足を運ぶなどして納得のいくものを探したいです。

[追記]その後、上記の染織工房 匠彩和綴じノートを販売しているお店に問い合わせたところ、
中身は無地だそうで、購入を決めました。
表紙が素敵なので、自分の分も。

商品が届いたら、実物の印象などをブログに書き加える予定です。
   つづく

・関連記事紙好き、至福の時
FC2 Blog Ranking

日々のつれづれ日記

和を贈る~その1 

クリスマス プレゼントこんな時期に、台風の様な風雨。11月の頭ごろには、夏日もありましたよね。たとえ気象状況がこの様に異常であっても、暦は着実に進み、
クリスマスプレゼントの準備をそろそろ始める季節となりました。

先日、高島屋のラブベアを観に行くついでに、百貨店内の伊東屋にも足を運び、イタリア人の女友達へのプレゼントとして良さげなものを物色。ここ最近、横浜の伊東屋では、なかなかいい物に出合えずにいるので、
その日も「また不作かな?」と半ば諦めムードになったその時、
「これいいかも」と思えるものが目に飛び込んできたんです。

表紙に友禅の模様をあしらった鳥の子紙(和紙)の和綴じノート
その名も「つれづれ帖」。

罫線はひいてない無地なので、横書きも可能ですし、見返し部分に使われている和紙は金箔が所々散りばめられていて非常に綺麗。ところが残念なことに、肝心な表紙の柄、何種類かあったのですが、単色で地味だったり、金と紫とで仏具調だったりと、残りものの悲しい定めか、今一つ冴えないんですよね。

そこで、他の店、ロフトや東急ハンズに行ってみたんですが、結局無かったんです。
帰宅後、ネットショップでも探してみましたが、納得できる柄の「つれづれ帖」は見つかりませんでした。

「京文化の町家ひなみ」というところで、かつてイベントで販売したことがあったようで、写真画像が掲載されていましたが、
 ・こちらつれづれ帖

現在は、「ひなみ」さんのネットショップ内にも載っていません。


  つづく
FC2 Blog Ranking

日々のつれづれ日記