この夏描いた水彩画 

母に、どの花が一番好きかと聞きました。

野に咲く花が好きだということは、子供の頃に聞いて知っていましたが、どの花が一番なのかは知りません。

父「野菊でしょ」
私「違うんじゃない?」

母「アザミよ」
私「へぇ、でも何故?」

母「小学生の時の国語の教科書に、アザミの話が出ていて、それを読んで以来好きなのよ。」

そういえば、遠い昔、そんな話を聞いたことがあるような。

母「お父さんはカンナでしょ」
私「絶対違うよ」
父「カンナってどんな花だったっけ?」
私「玄関先にあったのをひっこぬいちゃったあの赤い花。私好きだったのに。」

以前、ブログにそのことを書いたことがありました。
 ・こちらドイツのヒマワリ(幸せテディベアのモノローグ)

父が好きなのは、カンナの花ではなく、やはり小学校の国語の教科書に載っていた
カンナを詠った詩です。
子供の頃に出合ったその詩が大変気に入り、半世紀以上たった今でも、部分的に覚えているのです。

「この夏描いた水彩画 
 カンナの花の血の色よ
 町の従妹が帰る時 
 あれほど欲しいと云ったのに…」

父「あれ程好きで、一生懸命覚えた詩なのに、全部は覚えていないなぁ」
私「なら、ネットで調べてみる?」

意外にもすぐに判明しました。父同様、子供の頃に教科書でこの詩を知ったという方のブログに、
作者が千家元麿だということ、タイトルが『赤いカンナの血の色よ』であることも含め、詩の全文(恐らく)が載っていたのです。

カンナ 『赤いカンナの血の色よ』(作詩:千家元麿)

 この夏描いた水彩画 
 いま出して見て夏恋し
 青葉のそよぎ陽の光 
 カンナの花の血の色よ
 町の従妹が帰る時
 あれほど欲しいと云ったのに
 つい遣らないでそのままに
 別れたことが偲ばれる
 ふと描き出す夏の夢 
 外はちらちら雪が降る。
tn0391のブログより転載> 

文学の中、つまり文字で表現された世界に咲く花や、その花の色に想いを馳せる。
こういう思い出は、残念ながら私の記憶の中にはありません。
花の記憶は、ほとんど全て自分の目で観て、香りを嗅ぎ、感じた想いを心に刻み付けておいたものばかり。

文字で描かれた花に心をよせる。愛情さえ感じる。
そういう文学作品に出合いたいものです。
FC2 Blog Ranking

日記日記

エジル遂に入団決定! 

やっと決まったようです。
ドイツ代表 メスト・エジル選手のレアル・マドリー入団。

マドリーの公式サイトに載りましたので、正式決定です。
 ・こちらレアル・マドリー公式サイト
 ・関連記事as.com 
        marca.com

 ・ブログ内関連記事スナイダー?スナイデル?それともスネイデル?
 ・レアル・マドリー関連記事ラウル、内田篤人のチームメイトに(幸せテディベアのモノローグ)
FC2 Blog Ranking

サッカースポーツ

ケチャップ リバイバル 

最近ハマッている料理が、


スパゲッティ・ナポリタン。(ちなみに画像は、自家製スパゲッティではありません。)

もう何年も口にしていませんでしたが、ある料理番組を見ていたら、タレントがチャーハンを作る際、ケチャップを入れていたんです。それを見て、何だか無性にスパゲッティ・ナポリタンが食べたくなってきて、母親におねだりして作ってもらいました。

具は、ソーセージと玉ねぎ、そしてピーマン。もちろん、ケチャップをたっぷり入れます。

口に入れると、想像していた以上の美味しさ。

懐かしい味というよりも、新たな美味しさを発見したかのような満足感。
その後何度も食べましたが、決して飽きることが無い。
もう病みつき。

スパゲッティソースの缶詰、ミートソースやら、ボンゴレやらいろんな種類をいくつもストックしてあるのですが、そちらには全く食指が動かない。


小学生の頃、スパゲッティと言ったらナポリタンかミートソースしかなかったあの時代、駅ビルの中にあった喫茶店で、このどちらかのスパゲッティを食べるのが、何より楽しみでした。ナポリタンは、家で母が作ることもありましたが、プロが作るものは、なんだか一味違って美味しかった。マッシュルームが入っていて、もうそれだけで、お洒落に感じたものです。

中学生の頃には、お弁当のおかずの一つとして、ナポリタンが入っていたことがありました。
でも、冷えたスパゲッティはくっついちゃって、固まりを口に運んだものの、あまり美味しく感じませんでした。
さらに、ナポリタンとミートソースの他にもスパゲッティソースがあることを知ってしまった私は、いつのまにかナポリタンはお子ちゃま向けのスパゲッティで、スパゲッティ・ボンゴレ(ビアンコ)こそが一番美味しいスパゲッティだと思っていました。

大人になって、「本場 イタリアでは、スパゲッティにケチャップを使うなんて愚かなことは決してしない(トマトを使う)。」という言葉を聞き、私のナポリタンへの印象がさらに悪くなり、
遂には

一昔前の時代遅れのスパゲッティ、

トマトソースの缶詰が容易に手に入らなかった頃の代替料理、

もしレストランのメニューに載っていても、グルメの人は絶対注文しないスパゲッティ、

というレッテルを勝手につけてしまい、見向きもしなくなったのです。

そう思うようになってから、ケチャップの甘さが口に合わなくなってきたこともあって、ケチャップの出番が急速に減っていき、
チャーハンを作る際にも、ソーセージを食べる時にも、ケチャップを使わなくなっていました。

それが、今年になってスパゲッティ・ナポリタンの美味しさに改めに気づかされ、今までかけていた色眼鏡をはずした私は、ケチャップ自体をも見直すようになってきました。
何十年も前によくやっていた、
ケチャップ+マヨネーズをよくかき回して、キャベツの千切りにかけるという食べ方。久しぶりにやってみると、これは絶品。

メンチカツに、ソースの代わりにケチャップをかけるというのも、いけます。ソースとケチャップ両方使うのもいいかもしれませんね。

あまり美味しくないハムを食べるときに、味を誤魔化すためにケチャップをつけて食べる。なんてこともしました。

今まで、冷蔵庫の隅に追いやられていたケチャップが、今やケチャップ様様。ドアポケットの定位置に陣取っています。
FC2 Blog Ranking

日記日記

シチリアの海岸で旅気分 

ブログタイトルの横に貼り付けている風景写真、美しいと思いませんか?
先週末にヴェネツィアからシチリアに変えてみました。

いつもの様に、Microsoft Office フリー画像から拝借してます。
そのときの気分で何となく「シチリア」と打ってみたところ、2つの画像が出てきてので、そのうち新しい方を選びました。

小さく加工しているので、見えづらいかもしれませんが、非常に美しい海岸の景色。砂浜には無数のボート。海の上にもボートやヨットの姿が見えますね。右上に見えるのはカステッランマーレ・デル・ゴルフォの町です。

元の画像はこちらです。クリックすると、拡大画面へ。
castellammare del golfo
ところで、カステッランマーレ・デル・ゴルフォ(Castellammare del Golfo)っていったいどこにあるのでしょうね?
聞いたことの無い名前だけれど。

Googleマップで調べてみると、

大きな地図で見る

トラパニとパレルモの中間あたりですね。ならば、数年前にパレルモ~トラパニ間を、行きはバス、帰りは列車で往復した時に、近くを通っていたかもしれません。
シチリア島の北側には、美しい海岸が広がっています。

Wikipediaに、この町も載っていました。
ちょっと気になる箇所が。

アメリカマフィア関係者の出身地だとか。

しかし、これはあくまでも20世紀初頭の話。仮に関係者の末裔が今も尚この地に住んでいたところで、カステッランマーレ・デル・ゴルフォが危険な町だということにはなりません。
映画ゴッドファーザー他の影響で、
シチリアからすぐにマフィアをイメージする方がいらっしゃるようですが、現在のマフィアで言えば、活動が最も活発なのは、取り締まり強化により弱体化したシチリアのマフィアでもナポリ版マフィア:カモッラでもなく、イタリアの地図の靴の先端に位置するカラブリア州のマフィア 
ンドランゲタ(ヌドランゲタ)だそうです。イタリア最大の商業都市 ミラノでも暗躍していると聞きます。
 ・参照AFP BB

さらに言えば、日本にも日本版のその筋の方達いますものね。最近も角界との関係が問題になっていましたし。

観光客にとって怖いのは、マフィアではなく、むしろスリや置き引き被害。あと、甘言にもご注意を。

綺麗な風景写真を観るだけならば、そんな心配はせずともいいので、誰にも気兼ねせず、日焼けの心配もしないでお気楽にバカンス気分。でも、どこにも旅行せず、これだけって悲しすぎるかしら?
FC2 Blog Ranking

風景写真写真