スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking

GK川島選手 テレビでイタリア語 

W杯以降、サッカー関連記事をニュースサイトでチェックするのが日課となっておりますが、
本日、livedoorスポーツで
こんな記事を発見。

NHK教育テレビのイタリア語講座「テレビでイタリア語」に
日本の守護神 川島永嗣選手(リールセ所属)が出演するそうですよ。

8月2日(月)24:30~24:55<3日0:30~0:55>

  再放送:8月9日(月)6:00~6:25

英語を始め、ポルトガル語、イタリア語など、語学が堪能だということは以前から耳にしていましたが、ベルギー一部リーグのリールセ入団会見時に英語を聞き、他の言語はどの程度できるんだろうと、思っていたんですよね。
今回の移籍先はイタリアではありませんでしたが、パルマにサッカー留学した経験があり、イタリア語を習得したようです。当時の恩師が、現在 長友佑都選手が所属するチェゼーナのGKコーチだとか。DFとGKコーチですから、長友選手が、直接教えを請うということはないかもしれませんが、同じチームですから、言葉を交わすことは当然あるでしょう。川島選手を話題にすることもあるかもしれませんね。ただ、長友選手、イタリア語マスターにはまだ時間が相当かかりそうですけど。

ヨーロッパのクラブチームへの移籍を果たした川島、長友両選手、私はニュースでは取り上げられない現地の情報を収拾したいという思いから、現在2人のブログを読んでいます。

長友選手の方は、他に長谷部誠選手、中村俊輔選手、阿部勇樹選手らが所属するマネージメント会社
スポーツコンサルティングジャパンが運営するブログで、10名前後の所属選手が執筆しています。
 ・こちらGuapoブログ

一方、川島選手のブログは、完全な個人ブログ
 ・こちらLife is beautiful

最新の記事によると、
リールセ(Lierse)の公式サイトに日本語版ができたようですよ。
あれ、リールセではなく、リールスと表記されている。どちらの表記の方が、発音に近いのだろう?

チェゼーナ(Cesena)の方は、相変わらずイタリア語のみですね。


さて、今回 川島選手が出演予定の
テレビでイタリア語」ですが、イタリア語に興味がなくとも、イタリア料理やイタリアワインを紹介するコーナーがあり、特にワインは、ワインの特徴を表す言葉を毎回紹介しているので、料理やワインに目がない方にもお奨めです。
スポンサーサイト
FC2 Blog Ranking

サッカースポーツ

地デジアンテナ 無料お試し 

2011年7月24日の地上デジタル放送 完全移行まで、1年を切りましたね。
新聞やテレビでも、改めて地デジへの切り替えを呼びかけていますが、皆さんはもう地デジ対策お済ですか?

実を言うと、我が家では、まだ完全には済んでいないんです。
というのも、テレビは1階の居間に1台、2階の私の部屋に1台あり、
2階の方はまだ手をつけていなかったんです

2階のテレビはアナログテレビですが、地デジチューナー内蔵のDVD機をつないでいるので、UHFアンテナにつなげさえすればすぐにでも見れるようになるわけですが、TVK(テレビ神奈川)を観るためにすでにあるUHFアンテナとテレビとをつなぐケーブル、1階には来ているのに、2階へは分岐されておらず、つながっていないのです。

さらに、NHK、民放とも全て綺麗に映っている1階の地デジテレビ、アナログでは見えていたTVK(テレビ神奈川)が、デジタルでは受信できない。TVKのアナログ中継局がいくつもあるのに対し、デジタルの中継局が少なく、しかも中継局の方角がアナログのそれとは微妙に異なり、UHFアンテナの角度を変えないと映らないようなのです。

だからといって、UHFアンテナの角度を変えてしまったら、恐らく今見えているNHKや民放が見えなくなることでしょう。なら、TVK用にアンテナを加え、さらに2階へ分岐して…そんな工事をしたら、ウン万円かかりそうです。アンテナ設置トラブルを時々耳にします。法外な料金を請求されたとかなんとか。
なら、ほとんど視聴しないTVKを捨てて、2階用に安価な室内アンテナ(屋外でも使用可)を購入するのが妥当かな?

そう考え始めたのが昨年。
しかし、いざ室内アンテナを購入する段になんて、「どのアンテナがベストなのか?」という問題が浮上。

amazonで「地上デジタル 室内アンテナ」で検索すると、
こんなにもアンテナってあるんですね。
uapa.jpg他のものに比べ、価格がリーズナブルで、しかもamazon価格(送料無料)が、
YAHOOショップ楽天市場よりも安い
YAGI(八木アンテナ)のUWPAが一番よさそうに見えますが、レビューを読んでみると、全ての局がばっちり映って完璧だと賞賛する声がある一方、家の立地条件や設置場所によっては、満足のいく受信ができない場合もあるようです。なら、もう少し奮発して、感度のいいアンテナにするべきか?または、
ブロックノイズを解消するブースタ内蔵アンテナにした方がいいのかな?
アンテナケーブルも、アンテナを戸外に設置する場合を考えて、長めの物を注文するべき?
すごく悩むけど、駄目もとでアンテナとケーブルを先ずとにかく買って、設置してみなければわからないよねぇ。
どれを選ぶにしても、何だか不安。

迷いに迷って、どれにするか決めかね、気がついたらもう2010年の7月になっていました。

今度こそ決めようと、再度いろいろ調べていく中で、
総務省のテレビ受信者支援センター デジサポで、
地デジアンテナとチューナーを1週間無料貸し出ししているという情報を掴みました。

デジサポのホームページの下の方にある一覧から「地デジアンテナキット無料貸出」をクリックし、自分の住んでいる都道府県をクリックすると、無料貸出のページが出てきます。
専用申込書に必要事項を書き込み、身元を証明するもの(免許証など)のコピーを添付し、FAXまたは郵送で送ります。すると確認の電話が来て、その後アンテナ、チューナー、ケーブル類を送ってくれるのです。送料は支援センターが負担してくれます。 
また、前述の公式サイトから、自分が住む地域の受信状況を調べることも可能です。

申込書の郵送後に電話を頂き、アンテナキットが送られてきました。

さっそく試してみました。

先ずは、アンテナを2階の窓際へ。するといい感じ。しかし、すこし窓から離すと映らない。
場所を移動させて、高めの位置に置いてみると、TVK以外は綺麗に映ります。
と思ったら、ノイズが出て、映らなくなり…。
なんてことを数回繰り返し、勉強机の一番高い所、本の上に置いてみると、TVKが映り、他の局も綺麗、綺麗。
幸いなことに、ベランダに出さずとも受信してくれることがわかりました。OKです。
意外とすんなり置き場所が決まってしまい、肩すかしを食らった様。

今度は1階へ。UHFアンテナに繋がっているケーブルを一旦はずし、このアンテナに繋いで窓際に置いてみたところ、TVKと教育テレビしか映りません。全ての局を見ることはできない、ということは、どうしてもTVKを観たい時だけ、このアンテナに繋いであげればいいんですよね。
今回借りたアンテナは、上述のUWPA。非常に軽量で、持ち運びには便利です。

とりあえず、amazonでUWPAと3mのケーブルを1つずつ買うことにしました。
ネジ固定式アンテナケーブル 680円をたしても、アンテナとケーブルのトータルたったの
4,150円
ただケーブルは、もしかしたら、1階で使っているノイズカットケーブルの方が金額が張る分、性能がいいかもしれません(現段階では、違いがよくわかりません)。場合によっては、買い換えることになるかも。

いずれにせよ、商品が到着して接続すれば、地デジ対策完了です。

[追記]商品が届き、設置も終わりました。心配していたケーブル(白色)の性能ですが、全く問題ありませんでした。但し、3mは少し長すぎ、もともとDVD機とテレビを繋ぐのに使っていた短めのケーブル(黒色)でもぎりぎりとどいたので、そのケーブルを使い、今回購入した方は、1階でTVKを観る時に使おうと思います。あと、ケーブルの色は、白より黒の方が目立たずにいいなと思いました。

 ・参照地上デジタル放送に便乗した悪質商法にあわないために(国民生活センター)
FC2 Blog Ranking

日記日記

スナイダー?スナイデル?それともスネイデル? 

6月11日に開幕し、連日熱戦が繰り広げられ、あと残すは準決勝一試合と3位決定戦、さらに決勝戦の3試合のみとなった
サッカーのワールドカップ・南アフリカ大会

いやぁ、今回の大会は、どの試合も見ごたえがあり(ピッチの外も含めて)面白かったですね。と、早くも総括モードになっていますが、開催期間中、一度も関連記事を書いていないのでお許しを。

今更言うまでもないですが、大会前、全く期待していなかった日本代表チームの、あのすばらしい大健闘。

自滅への道をひたすら邁進した感のあるフランスチーム劇場。

選手よりも目立っていて、緊迫した試合に、しばし笑いを与えてくれたマラドーナ監督(ドイツ戦では、終始うなだれていたけれど)。

ヤングパワーとベテランの経験値とがみごとにミックスされ、無敵に思えるドイツチーム。(追記:無敵ではなかったですね。)

無所属の選手や、銀行に勤める選手がいるなど、メンバー構成を見る限り最弱では?という前評判を覆し、グループリーグ3試合を無敗・3引き分けで終わらせ、イタリアより上の3位だったニュージーランドの奇跡的な頑張り。

他にもミスジャッジあり、無用の反則あり、痛恨のミスあり、どの試合もどの瞬間も見逃すことができない程緊迫し、固唾を呑んで観ていました。

さて、試合のテレビ中継は、NHKと民放各局、さらにスカパーでの放送を観ましたが、局によって、あるいはガイド本によって、選手の日本語表記や発音が多少異なりますよね。それが、少々気になっていました。
要は、原語を日本語ではどう表記するか?とういう問題ですが、
「本当はどう発音するのだろう?」ということが特に気になっていたのが、
ドイツ代表8番のメスト・エジル(Mesut Özil)選手。<画像は、FIFA.comからお借りしました>
得点数やチームへの貢献度では、トーマス・ミュラー(Thomas Müller)選手の方が上回っていると思いますが、
エジルの、決定機を絶対ものにする集中力や冷静さといったら!得点シーンや得点にからんだシーンを見れば、その底知れぬ才能を、うかがい知ることができます。さらに、ピッチ上での見た目が、やる気満々でバリバリのスポーツ選手というよりも、脱力系。文学好きの内向的な青年風なんですよね。この意外性、気に入りました。
彼の両親はトルコ人、つまりトルコ代表になることも可能でしたが、ドイツチームを選んだということが、今回吉と出ましたね。現在ブレーメンに所属していますが、イングランドやスペイン、イタリアなどのビッグクラブからオファーが届いている、あるいは上層部が関心を示していると言われていますので、大会後どこに移籍するのかというのも気になるところ。

そのMesut Özilの発音ですが、ドイツ語の「Ö」の発音は、口の中で「エ」と発音しながら口をすぼめるそうですから、そのようにして発音した音は、どちらかというと「エ」よりも「ウ」あるいは「オ」に近い音になると思います。では、「zil」は「ジル」なのか?「ツィル」なのか?

そこで、「Özil 発音」というキーワードで検索してみたところ、面白いサイトを発見。
Forvoという、発音辞典。ネイティブスピーカーが発音した音を聴くことができるサイトです。

Mesut Özilは、
ドイツ語バージョン
トルコ語バージョンがあり、苗字の部分は同じですが、ファーストネームの「s」を「ス」にするか濁音にするかの違いがありました。この違いは、イタリア語でも、北は濁音、南は濁らず清音という傾向がありますので、個々人の発音の違いだと言えるのでは?
日本では、メスト・エジルと表記されることが多いようですが、
メスット・ウジル(または、メズット・ウジル)が発音に一番近い日本語表記だと思います。
 ・関連記事エジル遂に入団決定!

そして、次に発音を確かめたくなったのが、
スナイデルヴェスレイ・スナイデル(Wesley Sneijder)。準決勝が終わった時点でゴール数が5、得点ランキング一位を走るオランダの攻撃の要。
ユーロ2008で、私が夢中になった選手です。 
 ・参照スナイデル情報

ところで、今ワールドカップでオランダと対戦し、敗戦した各チームの失点数(オランダの得点数)を見たところ、
失点を1で防げたのが唯一、日本だけだったということがわかりました。どのチームも2点~3点(3失点はウルグアイのみ)獲られているのです。改めて、日本のディフェンスの技術の高さが数字の上で証明されたのです。

そのスナイデル。スナイダーなのかスナイデル?それともスネイデルなのか?わかりませんでした。
 ・これWesley Sneijder(Forvo)

を聴いて、ヴェスリー・スナイダーであると確認。

ちなみに、Keisuke Honda(本田圭佑)<by Forvo>の場合、日本人の女性の声で、正確に美しく発音されているので、他の名前も正しく発音されていると思われます。

"world cup 2010"というタグの付いた単語95語中、人気上位にランクインしていたのが、意外にも
Tulio Tanaka(田中 マルクス闘莉王)<by Forvo>

人気と言っても、このコンテンツで発音を確かめた延べ数が多かったという意味ですが、どこの国のどんな人たちが関心を示し、確かめたのでしょうね。気になるところ。

[追記]トルコ語、ドイツ語、オランダ語の発音に自信のある方、「日本語で表記する場合、○○の方がより正確だ」というご助言頂けたら、嬉しいです。

[追記2]ドイツ負けてしまいましたね。スペイン戦のドイツチームには失望。ミュラーがいなかったのが大きかったのか?そして、ドイツにはプジョル(に匹敵する選手)もいなかった。なにより凄かったのは、ドイツの占いタコ。的中率100%。
FC2 Blog Ranking

サッカーワールドカップスポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。