スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking

家を読む人~その4 

  • [2010/01/28 01:10]
家を読む人~その1家を読む人~その2家を読む人~その3と続いた「家を読む人」。
今回で締めくくる予定です。

初見でモラヴィアの家同様に期待はずれだった
マルグリット・ユルスナール(Marguerite Yourcenar)の家。女友達グレースとの旅の途上で見つけ、一緒に住み、終の棲家となった米国北部、モン・デゼール島の一軒家。居心地は良さそうだけれど、美的な趣向を凝らしているという風ではない。しかし、写真を一枚一枚丁寧に見ていくと、"彼女"を感じさせる部分をいくつか見つけだすことができます。

所狭しと置かれた膨大な量の書物、本棚の上に置かれたいくつかのギリシャ・ローマ彫刻のレプリカ、そしてユルスナールの名を世に知らしめた
名著「ハドリアヌス帝の回想」を想起させるローマ皇帝ハドリアヌスと、その寵愛を受けたアンティノウスの彫像の写真が、書斎の壁に掛けられているのです。彼女が座っていた椅子の横に。

この家を見つけたのが1949年、そして「ハドリアヌス帝の回想(原題:Mémoires d'Hadrien)が出版されたのが1951年。引越し後まもなく、ユルスナールはヨーロッパから持ってきた荷物の中、銀器の間に、この作品の冒頭部分の下書きを見つけます。一人黙々と筆を進めていき、まさにこの場所で「ハドリアヌス帝の回想」を書き上げたのです。


ユルスナールのアメリカの家。「あっ、そういえば」と思い出し、一冊の本を引っ張り出してきました。
ユルスナールの靴須賀敦子著「ユルスナールの靴」。
このエッセイの最終章「小さな白い家」で、須賀さんは友人らと主亡きその家を訪れた際の出来事と、沸きあがってきた気持ちや思いを素直に綴っています。

「まだ家中にみなぎっているユルスナールの精神みたいなものに、こんなところまで入ってきているのをとがめられそうな気がして…」
「マルグリット(ユルスナール)に申し訳ないという思いが…」etc.

作家(須賀さん)が作家(ユルスナール)の家を訪れてから さらに時を経た今、
私が「作家の家~創作の現場を訪ねて」の写真を観ても、"ユルスナールの精神みたいなもの"を感じ取ることはできません。

それでも、ユルスナールが座っていた、あるいはタイプライターを打っていた、イメージを膨らませながら観ていた、そういう痕跡を観ていくうちに、作品からは窺い知れない日常生活の中の作家の姿、人物像が見えてくるように感じます。
スポンサーサイト
FC2 Blog Ranking

最近読んだ本本・雑誌

食を見直すチャンス? 

Oisix(おいしっくす)ってご存知でしょうか?
インターネットの食材宅配サービスのお店です。

その「おためしセット」を注文してみたんです。
一箱に12商品、有機野菜に低農薬野菜、卵やノンホモ牛乳、豆腐、豚肉などが入ったセットが到着しました。


折りしも、血液検査で肝臓機能が衰えていることが発覚。年末年始の暴飲暴食がいけなかったのか?いやアルコールは暴飲してないぞ。なら、サプリを飲みすぎ?とにかく、食を見直そうと思っていたので、体によさそうな食材というのは頼りになりそうです。しかも、味もいいらしい。

届いた商品の一部をご紹介します。
トマト スナップエンドウ左が千葉県産の「みつトマト」。
さっそく食べてみたのですが、果肉が軟らかくてジューシー。皮以外はほとんど歯ごたえが無いので、トマトではなく、何か他のフルーツを食べているような感覚です。
そして右側が熊本産の「スナップエンドウ」。
塩茹でと味噌汁に入れて食べてみましたが、とにかく甘いんです。おやつに、これだけを食べてもいいかなと思うほど。

小松菜こちらは、千葉で有機栽培された小松菜。
茹でて鰹節をかけて食べてみると、軟らかくて、箸が進みました。

その他、マイタケ、ニンジン、ジャガイモ、ブロッコリー、
あと皮ごと食べても安全という国産レモンも入っていたので、
追々使っていこうと思います。

野菜は、かなり美味しいなという実感がありましたが、豆腐は、普段食べなれているものとは味も硬さも異なるせいか、いつもの豆腐の方がいいなと思いました。

館ヶ森高原豚 そして館ヶ森高原豚の肩切り落とし。
画像があまり綺麗ではなく申し訳ないですが、こちらを生姜焼きにして食べてみたところ、大変美味しかったです。

私は最近、肉の匂いや味に非常に敏感になってしまって、肉料理を心から美味しいと感じる機会が少なくなってきているんです。食べたいから食べるというより、栄養のことを考えて、動物性たんぱく質も摂取しなければ。という考えの下、肉を食べることが多いです。
でも、この館ヶ森高原豚なら「食べたいから食べる」ができそうです。

体に、ある成分が不足していると思うと、すぐにサプリやその成分が添加された栄養補助食品に手を出してしまいがちですが、本当は、体によくないものが付着していなくて、食品本来の栄養素をしっかり蓄えている食べ物をバランスよく食べるのが、体には一番いいことなんでしょうね。


Oisix(おいしっくす)に興味がおありでしたら、こちらをどうぞ。
Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)リンクシェア レビュー・アフィリエイト
FC2 Blog Ranking

これは美味い!!グルメ

家を読む人~その3 

  • [2010/01/22 00:21]
家を読む人~その1家を読む人~その2の続きです。

代表作「無関心な人びと」や、
映画化され、イタリア文学に馴染みの無い方でも題名だけは聞いたことがあるかもしれない「金曜日の別荘」などの作品で知られる
作家 アルベルト・モラヴィア(Alberto Moravia)の別荘。

ローマから南に1時間。ティレニア海に面し、チルチェーオ(Circeo)山が迫る<注意:本の中ではチルケオと表記されていましたが、チルチェーオもしくはチルチェオです>海辺の町。そこに建てられた、装飾を廃したシンプルすぎる家具やファブリックが置かれた別荘。ベッドと机が置かれた窓際の彼の仕事部屋は、まるで子供の勉強部屋。初めてその写真を観た時、軽い失望を覚えました。

それで読むのを後回しにしたのですが、前回書いたように、部屋がシンプルなのには理由があったのです。


モラヴィアはきっぱりと、こう言っています。
「過去には興味が無い。過去は私を悲しませるだけだ。思い出にも興味が無い。」

彼は、時代を経た古いものを好まなかったといいます。家という家が彼をうんざりさせ、人生で唯一愛着を抱かせた家が、この本で紹介された海辺の別荘だったそうです。

いったいどういう過去が、どういう思い出が、彼に苦痛を与えていたのだろう?過去に結びつく物を完全に閉め出した、そうせざる終えなくなった苦い思い出とはいったいなんだったのか?
この本だけではわかりません。ただ、略歴にあった幼少期に脊椎カリエスを病み、17歳まで学校に行かずに療養生活を送ったことや、第二次大戦中、ファシズム批判により本が発禁処分を受け、戦後は教皇庁により全作品が禁書リストに載せられたこと、
友人でこの地を同じように愛したパゾリーニの死が影響しているのかもしれません。

彼の仕事部屋、タイプライターの置かれた机の前には大きな窓。そこから見える海の先には、彼が愛し「自然が作り出した最も高貴な記念碑」と称えたアフリカが。
彼の思い出は家の中にではなく、窓の外に、そして彼の頭の中に広がっていたのですね。

     つづく

大きな地図で見る
FC2 Blog Ranking

日記日記

家を読む人~その2 

家を読む人~その1の続きです。

前回は、海外の有名どころ作家20人の家を紹介した「作家の家~創作の現場を訪ねて」と言う本があって、楽しく読めた。という程度の内容で終わってしまいましたので、今回こそはもう少し私的なお話をしていきたいと思います。
(文章を打っている最中に、Explorerのエラーで一度文が全て消えてしまい、再び打ち直し、やっと一度打ったと同じところまで来たところで力尽きました。)

そもそもこの本の存在を知ったのは、新聞広告を見てのことでした。作家の家、まずそのタイトルから頭に浮かんだのは何年も前に訪れた米国キーウェストのヘミングウェイの家。マイアミから車で4時間かけてやっと着いたキーウェストは、パステルカラーの美しい建物が建ち並ぶ、陽気で明るい、バケーションにはうってつけの街でした。世界中から大挙押し寄せる観光客のお目当ては、もちろんヘミングウェイの家です。

作家の家を訪れるということに、覗き見的な好奇心と、観光名所なのだから、一応は抑えておかなければ、という観光客がとらわれやすい義務感、さらに、ヘミングウェイが居た痕跡から、何か自分が感じとれるものがあるのではないかという期待、同時に、あまりの凡庸さに失望するかもしれないという不安。様々な気持ちが折り重なって、ドキドキしながら家に足を踏み入れたのです。

あのドキドキ感、この本「作家の家」を書店で見つけて、思っていたよりも大判、写真集などでよく見られるB4サイズのしっかりした作りの本を初めて開いた時に、同様の高揚感を味わいました。

ページをめくり、まためくり、美しい写真の数々に満足し、目次に載っている作家の名前のリストを目で追い、
あの時と同じように良い結果が得られるだろうと確信。すぐに購入を決めました。


先ずは、プロローグのデュラスの家(20人の作家の中にデュラスは含まれていないので、実際には21人の作家の家ですね)。デュラスの「エクリール」という作品の抜粋が、そのまま掲載されていました。田舎の家、子供との思い出が詰まっていて、孤独に作品を生み出していく家。
次は一人飛ばしてコクトーの家。作家と言うよりも芸術家、美的センスに溢れる人物の、妥協を許さぬ贅を尽くした部屋といった趣です。もっともコクトーは、詩人でもあり、劇作家であり、画家でもあり、非常に多彩な人でしたが。
前回書いた「コケティッシュなスフィンクス像」とは、コクトーの家の門の脇に置かれた白い石像です。

それから、気になる作家たちのページをめくってみました。どのような素敵な家なのだろうと期待をしながら
モラヴィア、そしてユルスナール。

ところが期待に反し、モラヴィアの夏の別荘はあまりにもシンプルで面白みに欠け、ユルスナールの家は世俗的で、特に心に響くものを写真からは見出せず、文章を読む気をいっぺんになくしてしまいました。それで後回しに。

ページをぺらぺらめくり、美しい家、美しい部屋を見つけては、作家とその家にまつわる話を読んでいく。

どの時期に、どのようにしてその家に住み始め、誰と生活を共にしていたのか?
部屋に置かれた品々が、どんな思い出を秘めているのか?

作品の中で家について言及している部分の抜粋や、近親者のコメントを織り交ぜながら、作家の家への想いや、その家で書くことが、どのような心理的作用をもたらしたのかを語っていく文章は、伝記を一冊読まずとも、その人物を知るには十分ではないかと思えるほどの情報量です。

大方読み終わり、そろそろモラヴィアとユルスナールのページに移ろうと思い、先ずモラヴィアを。

読み始めてみると、部屋がシンプルなのには、きちんとした理由があったのです。


    つづく
FC2 Blog Ranking

日記日記

家を読む人~その1 

  • [2010/01/17 01:54]
一冊の本が、週末の昼下がりを、濃密で特別な時間に変えてくれました。

その本は、私が興味を持つある職業の人々の家や別荘の写真をふんだんに使い、
「家を観ることで、その人物達の本質に触れてみようではないか」と書かれた本です。


門の近くに置かれた、コケティッシュなスフィンクス像

大きな窓から、海と水平線を望む書斎

デコラティヴな金枠でふち取られた鏡に映る、優美な調度品

緑溢れる温室に立つ、ドナテッロ作「ダビデ像」の複製の後姿

イスラム寺院のミフラーブを模した壁やモザイク…


それらが仮に、インテリア雑誌や写真集に載っている綺麗なだけの家の写真だったとしても、十分に目を楽しませてくれるものではありますが、その家が、その人物によってどのような経緯で購入され、あるいは建てられ、どんな心情を抱かせ、どういう影響を与え、どのように作品に反映されていったのか。ページをめくり写真を観ながら、文章を辿りながら、
作家たち(そう、ある職業の人々とは作家です。)の制作の現場を目撃していくというのは、非常にエキサイティングな作業です。
作家の家本のタイトルは、「作家の家~創作の現場を訪ねて」。

登場する作家は20人。
マルグリット・デュラス(Marguerite Duras)を筆頭に
ジャン・コクトー(Jean Cocteau)
ヘルマン・ヘッセ(Hermann Hesse)
アーネスト・ヘミングウェイ(Ernest Hemingway)
ヴァージニア・ウルフ(Virginia Woolf)
マルグリット・ユルスナール(Marguerite Yourcenar)

さらに、ヴィスコンティ映画の原作「山猫」を書いたランペドゥーサ
ニルスのふしぎな旅」のラーゲルレーフ
金曜日の別荘」のモラヴィアなど、枚挙に暇がありません。


私はその中でも…

つづく
FC2 Blog Ranking

オススメの本本・雑誌

ポニョが遂に! 

新年、2010年を迎えて、早くも一週間たってしまいましたね。
遅くなりましたが、皆様、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、2010年最初の記事は…


 ポニョです。


一昨年の夏公開以来、気長~に待っていたテレビ放映、2月に決まったそうです。
 ・詳細はmsnエンタメより

2月5日(金)午後9:00~11:04、日本テレビ系「金曜ロードショー」にて『崖の上のポニョ』が放送されるそうですよ。

NHKで放送された宮崎駿監督のポニョ製作現場密着取材ドキュメンタリー(プロフェッショナル 仕事の流儀スペシャル)はしっかり観たし、民放では大橋のぞみちゃんが歌う姿を、これでもかというぐらい何度も観ていましたが、映画はおろか、DVDでさえ観ていませんでした。
もしかしたら、2009年のクリスマスシーズンに、クリスマスプレゼントとしてテレビ放映されるのでは?なんて期待もしていましたが、予想は見事にはずれ、ちょっとがっかりしていたんです。

ところが、2月はじめの放映と知り、今年は新春から縁起がいいぞって気分になってます。

単純だなぁ、私って。
 ・参照スタジオジブリ
    崖の上のポニョ(日本テレビ)
FC2 Blog Ranking

日記日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。