スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking

信じていれば、放送される? 

6月に観た映画「サガン」。
 過去の記事映画「サガン」を観て
これは封切早々に観に行くことができたので、それはそれでよかったのですが、実は、行くのを一週ずらそうかどうか迷ったんですよね。

というのも、封切2週目から、1958年にアメリカ・イギリスで共同制作された
映画「悲しみよこんにちは」がリバイバル上映され、しかも、「サガン」の半券を持っていれば、割引料金で見ることができたからです。

しかし結局、一週目に「サガン」を観に行き、その後劇場に行くことができず、「悲しみよこんにちは」の方は、見ることができませんでした。
それが心残りだったんです。

数日前のことですが、毎月届くWOWOWの月刊番組表を開き、思わず叫びました。

Mamma mia!!

悲しみよこんにちは」が載っている~!

8月2日(日)、午前8:15から放送されるんです。しかも、その同じ日の夜8時からは、
あの「おくりびと」。
この映画も、結局観に行かなかった、というか、ちょっと怖くて観に行けなかったんです。
 過去の記事あの上の雲に思いを馳せて
観られなかった映画をテレビで観られる、しかも、たった数ヶ月後に。というのは、ラッキーですよね。しかも得した気分。

WOWOWでは、15日間のお試し体験ができるそうなので、まだ契約を結んでいない方でも、観ることができるんです。
中村俊輔選手の勇姿も見られますよ。
 ・こちらWOWOW無料体験
 ・参照WOWOW公式サイト 
・関連記事エスパニョールで迷走する


さて、8月にはWOWOWだけではなく、NHK-BSでも、私が観たかった、あるいは再度観たいと思うような映画が目白押しです。

昨年、立て続けに放送されたルキノ・ヴィスコンティの映画。
 過去の記事二人のドキュメンタリーと2冊の本~その1
ところが、ある作品が入っていなかったのです。カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞した、ヴィスコンティの傑作、「山猫」。
いつかきっと、NHKで放送してくれるに違いないと信じて疑わなかった映画です。

イタリアのシチリア貴族の没落を描いた作品。ということは知っています。かなり前に、テレビで放映されたのを部分的に見たことがあります。しかし、当時私はシチリアに特別な思いを持つこともなければ、一時栄華をほしいままにしていた者たちが滅んでいく様を見たいとも思っていませんでした。そして、ちょうど観た会話のシーンに、別段、惹かれるものを感じなかったので、すぐにチャンネルを変えてしまいました。
その後、一度は観ておきたいと思うようになりましたが、なかなかその機会に恵まれなかったのです。

今度こそは、録画予約して、しっかりと観るつもりです。
8月5日(水)NHK BS-2で午後8:01~11:10 「山猫 完全復刻版」放送です。

「山猫」以外にも、
フランス・アニメ「アズールとアスマール」の日本語吹き替え版
追記:実際に放送されたのは、字幕スーパーでした)が、
8月15日(土)NHKハイビジョンで午後11:15~0:55。
 過去の記事アズールとアスマール、美しき寓話
これは、録画したものを、姪っ子たちに是非見せたいです。

さらに、主役を演じたジャン・バティスト・モニエ(Jean-Baptiste Maunier)君の演技と歌声に夢中になった
仏映画「コーラス」も、8月7日(金))NHK BS-2で
午後2:35~4:15。
 過去の記事フランスのコンサート映像

スゴすぎます!

[追記]「悲しみよこんにちは」を観ました。感想をお読みになりたい方は、下方にある「続きを読む」をクリックしてください。
スポンサーサイト
FC2 Blog Ranking

続きを読む

映画映画

dプログラムの試供品とお勉強 

dプログラム資生堂の「dプログラム」、低刺激で、かなり評判がいいようなので、一度使ってみたいと、かねてより思っていました。現在は、資生堂の敏感肌用シリーズ
「イブニーズドクター」のファンデーションを使っていますが、基礎化粧品は資生堂の製品を使っていません。

「dプログラム」の基礎化粧品の無料お試し体験ができると知って、さっそく試してみたんです。

まず、届いたサンプル一式の多さに驚きました。
私は敏感肌なので、「モイストケア」を選んだのですが(ちなみに、他には、バランスケア、アクネケア、エイジングケアがありました)、クレンジングオイル、洗顔料、ローション、クリーム(乳液を選択することも可)が、それぞれ2日分、つまりクレンジング2袋、洗顔料以下4袋ずつ入っていました。

その中で特に関心があったのは、ローション、つまり化粧水とクリームです。

現在、フローラルウォーターで整肌後、それだけでは潤いが足りないので、一般的な化粧水をつけ、クリームを薄く塗った上に、日焼け止め、さらにファンデーションをつけています。

他の化粧品との相性の良し悪しがあるだろうと思い、「dプログラム」の化粧水とクリームを、それぞれ別々に単独で使ってみました。

先ず、モイストケアローション
事前に調べておいた@コスメの評価では、化粧水部門の上位に入っていて、期待が高まります。

つけてみると、無香料・無着色・パラベンフリー・鉱物油フリー・アルコールフリーというだけあって刺激を感じず、保湿力を感じました。
しかし、夜になって観てみると、残念なことに部分的に吹き出物ができてしまっていました。潤いすぎなんでしょうか?秋、冬ならば大丈夫だったかもしれませんね。使わなかった分はとっておいて、秋、冬に再チャレンジというのもアリですね。

そして、モイストケアクリーム。こちらは、試しに手首に塗った時点でダメでした。赤くなり、ヒリヒリしました。
クリームも、@コスメでは評価が高めなので、敏感肌の方でも、合う人には合うのだと思います。皮膚の薄い私の肌、特にこの季節の気まぐれな私の肌には合いませんでしたが。


これじゃあ、お試し体験失敗じゃないかと、思われるかもしれませんが、そうでもなかったのです。
「dプログラム」の公式サイトの中にある
素肌力アップ・ライフスタイル向上セミナー』を、この機会に初めて覗いてみたのですが、今まで知らなかった情報を入手でき、勉強になりました。スキンケアに関する豆知識に加え、Skin、Mind、 Body、 Foodの4つの分野別に、興味深い話が載っているのです。

中でも、[Food]は、大変参考になりました。
ロールケーキスイーツを食べて代謝アップのページでは、消化吸収の早い食品、例えば砂糖などを摂取すると、すぐに血糖値が高くなり、ホルモンの働きにより、血中の糖分が、脂肪に変えられやすいので、ゼリーや繊維質の多いさつま芋やフルーツなど、消化吸収の遅いものを使ったスイーツがお勧めだとしています。
柑橘系フルーツにはクエン酸が含まれていて、糖質代謝を高める、つまり、摂取した糖分を脂肪として蓄積されにくくするそうなので、この季節に食べる機会の多いオレンジゼリーなどは、肥満の心配をあまりせずに食べられて、最高なんじゃないですか?

茶大豆ドリンクまた、スイーツに多く使われているバターや生クリームなどの脂質の代謝を高めるのが、茶葉に含まれているカテキンと、大豆サポニンだそうで、それら2つを一緒に摂れる「抹茶豆乳」をお勧めしていました。

このページの最後の「今日のまとめ」で、トマトが出てきますが、これは恐らく入力ミスだと思います。
トマトは、独立した別のページがありましたから。
 ・こちらトマト

それから、幸せホルモンに関するページ幸せホルモン=脳の神経伝達物質のひとつである「セロトニン」)も、大変興味深いです。毎朝私が食べているバナナも、幸せホルモンの分泌を高めるんですね。

という具合に、「dプログラム」のサイトで、多くの事が学べます。

基礎化粧品を、試しに使ってみたいという方も、どうぞ。
 ・こちらから資生堂 dプログラム

リンクシェア レビュー・アフィリエイト
FC2 Blog Ranking

日記日記

エプロンに恋心~その2 

エプロンに恋心~その1の続きです。

生地のデザインに惚れたフォション(Fauchon)のエプロン。

前回、その画像が見つからなかったと書きましたが、
柑橘類の柄のフォション→フルーツ柄のフォション→フォションのフルーツなんて具合に思いをめぐらしていたところ、あることを思い出したのです。

そういえば、お中元で、初めてフォションのフルーツジュースの詰め合わせを頂いていたなと。

グレープジュース、ピンクグレープフルーツジュース、オレンジジュース、それぞれのビンのラベルに描かれたフルーツのイラストが、あのエプロンの柄に非常に似ています。

同じフルーツジュースの商品情報が載っているG-callのショッピングサイトを覗いてみたところ、
「かもしれない」という推測が「そうにちがいない」という確信に変わりました。
黒地にフルーツのイラスト。私が見たデザインそのまま。
 ・こちらフォションのジュース(G-call)

如何です?このデザインが柄になったギャルソンエプロン、素敵じゃないですか?
FC2 Blog Ranking

日記日記

エプロンに恋心~その1 

先日タカシマヤのキッチン関連売り場で、私の目を捉えて離さないエプロンに遭遇。
フォション(Fauchon)のものだったと思いますが、黒地に発色のいいピンク色やオレンジ色した柑橘類の輪切りの絵がプリントされたエプロン。
綺麗!そして、ファッショナブル!

ギャルソンエプロンと言うのでしょうか、丈の短いショートエプロンなんですが、紐を前で結ぶようになっていて、昭和の時代に世のお母さんたちが着けていた、バカボンのママも着けていたエプロンと見比べると隔世の感の、とにかく格好いいショートエプロンなんです。
 ・参照天才バカボン 公式サイト

3,000円弱と、お値段も決して高くなく、買っても後悔しないであろうもの。
どんなに素敵なのか、ご覧頂こうと、エプロンの画像を探してみましたが、日本のフォションのサイトにも、
ご本家のFAUCHON Parisの公式サイトにも載っていなくて、どうにか見つけたのは、私が気に入ったデザインとは異なりますが、一応フォションのショートエプロンで、色がとても綺麗な
 ・こちらフォション(Fauchon)のエプロン

話が少し逸れますが、上のお店、以前、私がロイヤル・コペンハーゲンのトートバッグを購入したお店ですね。今もそのトートバッグ、外出時に持ち歩いています。
 ・過去の記事苦労の果てに、後任見つかる

で、当然そのエプロンを買ったのだろうと、皆さんお思いでしょうが、結局、買わなかったんですよね。後ろ髪引かれたんですが。

その一番の理由は、普段家事を手伝う時にエプロンをしない私の事、買っても多分着けないだろうなぁと思ったから。そして、普段家で着ている服の上に、このエプロンをした時の様子を思い描いてみたところ、似合わないな、と思ったから。

でも、やっぱり買っときゃよかったかな?と、未だに思います。観賞用に。
エプロンがというより、あの生地のデザインに惚れたのです。


    つづく
FC2 Blog Ranking

日記日記

エスパニョールで迷走する 

スペインのエスパニョールに移籍した中村俊輔選手。7月13日に行われた入団会見と7,000人のファンの前で行われたお披露目の様子をニュースで見ましたが、その後も、続々と新しい情報が届いていますね。

・バルセロナのエルプラット空港の新第1ターミナルに、エスパニョールの公式ショップが開設予定。
・ポチェッティーノ監督が、新天地での適応と同僚との連係強化を促進するため、中村選手に専属通訳を付けない決断を下した。
など。

そして、8月2日(日)には、新スタジアムのこけら落としの試合(プレシーズンマッチ)
エスパニョールvsリバプールが予定されており、上手く行けば、この試合が中村選手のエスパニョール デビュー戦となる予定。
<放送:深夜3:40~翌6:30> 

これは、是非観たいもの。

8月29日(土)の2009~2010シーズン リーガ開幕戦、
エスパニョールvsレアル・マドリードも当然、見逃すわけにはいきませんが、どちらの試合も、WOWOWで放送するようなので、楽しみです。
[追記]エスパニョールの対戦相手はビルバオになったようです。
試合日程

WOWOWでは、エスパニョールの全試合放送が決定したそうで、できることなら全ての試合を観てみたいですが、実際には、全てというのは無理だと思われますので、せめてレアル・マドリード戦以外にもバルサ戦など、大きいチームとの対戦カードを中心に、観られればと思います。
 ・参照WOWOW スペインリーガ

ところで、少し前に、エスパニョールの公式サイトを探したところ、[español]で検索してみつからなかったのですが、
表記が、[español] ではなく[espanyol]なんですね。これ、バルセロナで使われているカタルーニャ語(カタラン語、カタロニア語)ですよね。スペイン語(=カスティーリャ語)とは微妙に違うんです。
そういえば、中村選手の入団会見で、「こんにちは!」を
Buenos dias.ではなく、Bon dia.と挨拶していましたよね。

日本語で探していれば、Wikipediaに載っているので、そのページから公式サイトへ飛ぶこともできたのに、スペイン語で探したことで、見つけるのにかえって時間がかかってしまいました。
このブログの右サイドにあるリンク集「サッカーマニア」に、クラブチームの公式サイトも加えました。
 ・参照RCDエスパニョール(Wikipedia)
     RCDエスパニョール 公式サイト
 ・関連記事エスパニョール en エスパーニャの不思議(幸せテディベアのモノローグ)
       中村俊輔 関連記事
FC2 Blog Ranking

欧州サッカー全般スポーツ

詩と映画からアート 

  • [2009/07/14 22:48]
最近読み終わり、もう一度読み直そうと思っているのが、

文芸批評をはじめ、映画、音楽、演劇、スポーツの評論や数々の随筆を世に送り出した
今は亡き文筆家、虫明亜呂無 著
女の足指と電話機-回想の女優たち」。

帯には「三島由紀夫、寺山修司、大島渚に絶賛された幻の名エッセイが今、よみがえる!」とあり、ということは、本の出版を待ち焦がれていた熱烈な虫明亜呂無ファンが、今も相当数いるのではないかと、思わせます。

この本は、1960年代~1981年の期間、「映画評論」「スポーツニッポン」「競馬ニホン」「みんおん」といった雑誌に掲載されたエッセイの数々を、新たに一冊にまとめたもの(2009年3月出版)で、副題が「回想の女優たち」とあるように、紙面の多くをお気に入りの女優たちへのオマージュに割いていますが、それだけではなく、映画評論、演劇評論、競馬の話題に「ベルばら」論など話題は多岐に渡り、文中に登場する人物名を少し挙げてみると、女優以外ではプルースト、三島由紀夫、都はるみ、寺山修司、中原淳一、ヴィスコンティ、越路吹雪、ボブ・ディランというように、芸能、音楽、文学、芸術、さらにスポーツなどのジャンルを網羅。
氏の美意識や鑑賞眼、スポーツ理論を基に語られる対象物。たとえそれが私の見たことの無い映画であっても、女優であっても、競技であっても、私が聞いたことの無い音楽であっても、氏が観た、聴いた空間を共有しているように錯覚させ、想像させる描写力がすばらしいです。また、時に鋭利な刃物のような分析や批評、時に情緒のある表現。限られた文字数の中で、端的にしかも読み応えのある文章にうまくまとめられていて、満足度の高い一冊となっています。私が読む前に想像した「熱烈な虫明亜呂無ファンが、今も…」というのも、あながち間違えではないかもしれません。

中には、プライベートなお付き合いのある方を取り上げたエッセイもあり、
親交のあった映画監督 篠田正浩さんと、篠田氏の以前の結婚相手 白石かずこさんとの間に生まれたお嬢さんについて書かれた文章がありました

篠田正浩氏、現在の奥様は女優の岩下志麻さんですが、以前は、詩人 白石かずこさんのご主人だったというのには、驚きました。

というのも、白石かずこさんは、昨年、
詩の風景・詩人の肖像icon」という作品(日本と世界の15名の詩人たちとの交友録、及びアンソロジー)で
「読売文学賞 随筆・紀行賞」を受賞し、新聞で紹介されていたので、私はこの本を購入して、現在も読んでいる最中なのです。

白石かずこさんが選んだ15人の中に、二名の日本の女流詩人が含まれており、一人が、
ユルスナールの「ハドリアヌス帝の回想」の翻訳でも知られる
多田智満子さん、そしてもう一人が、私が好きな森茉莉と親しかった富岡多恵子さん。
このお二人との交流は、詩人として親交があった、というような表面的な関係ではなく、同志のような、お互いの才能と作品を尊敬する一方で競い合うという、刺激し合う関係だったようです。

詩人 吉岡実さんについて語られた追想の中には、
「吉岡実、森茉莉のお二人の先輩に富岡多恵子…、池田満寿夫が、わたしが幼い娘と住む西荻窪、松庵のアパートへたびたび訪れた」とあり、森茉莉(参照サヴァラン好き~その1 )という部分に読んだ当初は反応したのですが、
「わたしが幼い娘と住む」の幼い娘が、篠田正浩氏との間に出来た子供のことだったのかと、今になってやっとわかり、とても不思議な気分になりました。

以前の記事
気になる二人」で、桐原春子さんと熊井明子さんのお二人が、実の姉妹だと知ったときの驚きを書きましたが、それよりももっと複雑で、白井かずこさんの随筆で、想像もしていなかった名前~多田智満子さん、富岡多恵子さん、森茉莉さんと出遭い、虫明亜呂無さんの随筆に、今度はその白井かずこさんと、そのお嬢さんの名前を見つけ、しかも篠田正浩氏との関係を知り、くじ運の悪い私なのに掘れば掘るほど宝物が見つかるような、たまたま乗った電車で父や妹に偶然会った時のような、表現しづらい何ともいえない不思議な感覚を覚えました。

さて、その白井かずこさんのお嬢さん 白石由子さんですが、
女の足指と電話機-回想の女優たち」によると、ニューヨークで美術を学び、ウィーンの国際美術展に入選後、ロンドンのチェルシー美術学校に入学したとありました。

Googleで検索し、彼女の作品の一部を見ることができました。
 ・こちらArtnet
    Yuko Shiraishi(Google 画像検索結果)

英国を本拠地に活動されていたようで、現在はどちらにお住まいなのか、どのような活動をされているのかわかりませんが、母娘のコラボレーション、つまり、白井かずこさんの本の装画を由子さんが手がけられたという作品を見つけ、心が温まるような気持ちになりました。
 ・こちら現れるものたちをして

[追記]虫明亜呂無のエッセイ集
仮面の女と愛の輪廻」が、遂に出版されたので、さっそく読み始めています。編者の方に、10月もしくは11月に出版されるということを事前に教えていただいていたので、ここ数週間、ネットショップを豆にチェックしていました。

こちらの方も、非常に充実した内容で、楽しみながら読んでいます。
FC2 Blog Ranking

オススメの本の紹介本・雑誌

インターネットTVサイト 

突然ですが、アルバータ州って、どこの国の州かご存知ですか?


答えはカナダ。

米国の50州は地理で、全州を覚えた記憶がありますが、カナダは?というと、
唯一のフランス語圏 ケベック州を知るのみで、他の州を知る機会が、今までありませんでした。
カナダには、10の州と3つの準州があるそうです。
 ・参照カナダの州

その一つが
アルバータ州

何故、その州を取り上げたかと申しますと、
バケーション・カナダTV』というインターネットTVサイトの日本語サイト(日本語吹き替え版)がオープンしたそうで、さっそく観てみたのですが、その中でアルバータ州の観光ポイントが動画で紹介されていて、旅心を刺激されたのです。

ところで、カナダへは、たった一度行ったことがあります。ただ、それはニューヨークへ旅した(ちなみに、これが私の初の海外旅行)時に参加した日帰りのナイアガラの滝ツアーで、カナダ側からナイアガラの滝を堪能し、その後、現地ガイドの方に、ハチドリ園のようなところに連れて行っていただいた。というだけでした。

でも、その時のカナダ人ガイド(ちょっとCWニコルさんに雰囲気が似てました)の方がとても優しく、フレンドリーで、大変好印象だったのと、カナダの大自然に魅了されたという思い出から、カナダという国を、もう一度くらいは行ってみたいなと、何となく思っていました。

長らく私の興味は、北アフリカや南欧、つまり地中海沿岸の国々に向いていましたので、カナダを旅先にという具体的な計画をたてたことはありませんでしたが、何かの拍子にふっと、カナダっていいなって、思うんですよね。


で、『バケーション・カナダTV』なんですが、そこで紹介されていた「カナディアン・ロッキーの列車の旅」、動画で観る列車からの眺望がすばらしいですし、「アイスフィールド・アドベンチャー」で紹介されていた「コロンビア大氷原」。氷河期のなごりで、北極圏を除けば地球最大規模の大氷原だそうですが、そこへのツアーというのも面白そうです。そして、カナダから、ショッピングというイメージが湧きにくいですが、800以上の店舗と100以上のレストラン、9つのアトラクション施設が入った世界最大級のショッピングモール
「ウエスト・エドモントン・モール」が、アルバータ州にあるというのが意外でした。ただ大きいというだけではなく、動画で観る限りでは、魅力的なお店がいろいろあるようです。

写真や文章だけでは伝わらない魅力を知る上では、動画、特にこういったインターネットTVサイトって便利ですよね。『バケーション・カナダTV』では、動画だけではなく、関連したツアーの情報も入手できますので、具体的に旅行プランを練ることもできそうです。

あと、7月14日~8月21日の期間、プレゼントキャンペーン開催中だそうで、
A賞がコロンビア大氷原のアイスエクスプローラー(雪上車)乗車券、バンフのゴンドラチケット、ミネワンカ湖クルーズチケット、この3種の乗車券セット
B賞がボーディングパスケース(飛行機チケット入れ)
C賞ピクニックマットとステンレス・カトラリーセット(ナイフ・スプーン・フォーク)

を、応募するともらえるかもしれません。くじ運の悪い私はどうなるでしょうか…


では、ごゆっくりご覧ください。

バケーション・カナダTV
リンクシェア レビュー・アフィリエイト
・関連記事カナダの地理に詳しくなりそう
FC2 Blog Ranking

日記日記

マリ・クレール休刊を知って 

  • [2009/07/01 00:47]
昨日ブログを更新したばかりですが、朝刊に、ちょっと驚くようなニュースが載っていましたので、新しい記事を書かずにはいられません。

女性向け月刊誌 マリ・クレール(marie claire)の日本語版が、9月号(7月28日発売)をもって休刊となるそうです。1982年5月創刊といいますから、28年目にして、その幕を閉じるということですか。

最近は、買うどころか、本屋で見かけても、手を伸ばすことさえしない雑誌ですが、90年代には、よく買って読みました。当時、観るファッション誌が多かった中、それらとは一線を画した読む雑誌、さらに言えば、芸術や文化の香りに充ちた、知的好奇心を満足させてくれる雑誌学べる雑誌として、確固たる地位を確立していたように思います。

会社の同僚、映画好きの同年代の男性が、毎月読んでいたのを覚えています。女性誌でありながら、男性読者をも魅了する雑誌なんて、そうそうないですよね。

私は、買った号の中で、これは保存しておきたいと思ったものを捨てずにいて、今でも数冊、本棚に残っています。

例えば、写真家 マン・レイの特集が組まれた号、NYやパリの地図付き特集号、デザイナー ヴァレンティノの魅力を多角的に紹介した号など。

今手元にある1996年2月号をめくってみると、
ヴァレンティノの私邸や作品の豪華さに目を見張る特集記事の他、

モデルが美しい衣装に身を包み、イタリア・カプリ島の名所で佇む姿に旅心を刺激される「カプリ島への旅」、

アヌーク・エーメ、アニエス・ベー、写真家サラ・ムーンなどパリに生きる女たちのインタビュー特集、

フランス語会話のレッスンやワインのシリーズ記事など、教養講座的なページもあります。

さらに、音楽情報では、現代音楽の巨匠 武満徹氏が作曲したポップソングの中から厳選した13曲を
石川セリさん(井上陽水 夫人)が歌うアルバム『』(リンク先で試聴可)を紹介していたり、
語りがジャンヌ・モロー、ピアノ演奏がフランスのピアニスト ジャン=マルク・ルイサダというCD
ぞうのババール』に、エリック・サティの曲がふんだんに使われているという話題など、
いかにもマリ・クレール! 何ともマリ・クレールらしい!と思わせる記事のオンパレードです。

では、最近の号は、どのような内容なんでしょうか?
現在の若い女性達による、この雑誌の位置づけは?
 ・参照マリ・クレール公式サイト

最後の9月号は、想像するに、過去を振り返りながら、編集部が総力を挙げて集めてきた情報満載の、渾身の一冊になるのではないかと、期待しています。是非ともそうあって欲しいです。
そうであったなら、記念に買いたいと思います。
 ・参照マリ・クレール(amazon)
FC2 Blog Ranking

日記日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。