スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking

本物を観ずして… 

NHK教育テレビで放送されている「日曜美術館」を、久々に観ました。というのも、新聞のラテ欄を見て、
今回、クリムトを取り上げるらしいと知ったからです。

クリムト(Gustav Klimt)は、私が好きな画家の一人。TASCHEN(タッシェン)社を取り上げた過去の記事
バラとコミックの関係の中でも、クリムトの『抱擁』が表紙になった電話帳を使っている、と書きました。

番組では、クリムト作品の特徴、エロスと金の多用という二つの点に焦点を当てて、世紀末のウィーンに生きたクリムトの実像に迫る、といったような内容でしたが、番組の出演者で、クリムト作品を間近で見た経験をお持ちのアートディレクター 結城昌子さんの あるコメントに、
ハンマーで頭を殴られたような衝撃を覚えました

金を使ったクリムトの作品を近くで見てみると、表面がまっ平らではなく、凹凸があり、絵と言うよりも金の工芸品という印象で、今まで印刷物で見ていた作品とは、全く違うものだった。素晴らしかった。というようなことを(正確には、どのようにおっしゃっておられたか、記憶が定かではないのですが)おっしゃっていたのです。

私はクリムトの絵が好きだと言っておきながら、しかも、クリムトを取り上げたドキュメンタリーや情報番組を何度も見ているので、クリムトの絵を良く知っていると思い込んでいたけれども、たったの一度も、本物の絵をこの目で観たことがないのだ、ということに気が付いたのです。 
本物を観ずして、何がわかるのか
 
 ・参照クリムト(Wikipediaより)
     クリムト関連品

 ・関連記事クリムト展とアール・ヌーヴォー展

この「日曜美術館」を観た前日、つまり土曜日には、行ってみようかと思った ある展覧会が、すでに終わってしまっていたという事実を知り、がっかりしたばかりでした。
上野の国立西洋美術館で開催されていた
ルーヴル美術館展」。

6月14日に東京での展示が終わり、今は、6月30日(火)から始まる京都市美術館での展示の準備期間なんですね。

2月末から国立西洋美術館でルーヴル美術館展が開催されていたことは知っていました。我が家で取っている読売新聞では、連日の様に関連記事が掲載されていたんです。
でも、あまり関心がなく、記事をスルーしていました。東京展閉幕も、恐らく記事になっていたのでしょうが、まったく気がつかなかったのです。

ここ数ヶ月、観に行きたいという気持ちがちっとも沸いてこなかったんですよね。

展覧会には目玉作品がつき物ですが、今回のルーブル展の宣伝で良く見かけたフェルメールの「レースを編む女」、これが、私の好きな作品ではなかったということ。さらに、公式サイトで見かけたその他の作品も、特別私の関心を引くものではなかったこと、つまり、わざわざ出かける価値を見出せなかった。というのが、展覧会に出かけなかった理由です。

ところが、宣伝に使われなかった展示作品の中に、原画を是非とも観てみたい、と思わせる秀作(あくまでも私の価値基準ですが)がいくつかあることを知ったのです。

読売新聞では、展示作品を厚手の紙にカラープリントしたものを、毎月配布していて、集金の際に頂いていました。最近になって、すでに頂いていたものを見たのですが、その絵の中に、秀作があったんです。

一つは、3月に頂いた ピエール・ミニャール(Pierre Mignard)作
ド・ブロワ嬢と推定される少女の肖像』。
ピエール・ミニャールは、日本では馴染みが薄いですが、17世紀のフランスで活躍した、主席王室画家です。

そして、もう一つが、5月に配布された
ジャン=バティスト・カミーユ・コロー(Jean-Baptiste Camille Corot)作
ヴェネツィア、広場と円柱』。
コローと言うと、風景画、その中でも葉の生い茂った木が描かれた作品しか知りませんでしたが、このヴェネツィアのサンマルコ広場を描いた作品、色合いが素晴らしいです。

この2作品、原画をやっぱり見てみたかったです。後の祭りですけど。
 ・参照読売新聞・額絵シリーズ ルーヴル
     ルーヴル美術館展 公式サイト
スポンサーサイト
FC2 Blog Ranking

日記日記

天から降りそそぐ木漏れ日のような~ 

6月の初めに、4夜連続でNHKのBSで放送された「世界が注目する男性歌手特集」、録画しておいたものを、わりと最近観たのですが、
紹介された4人の内の一人が、フランスの若きカウンターテナー歌手
フィリップ・ジャルスキー(Philippe Jaroussky)でした。
Wikipediaによると、1978年生まれですから、31歳ですね。

カウンターテナーには、以前から興味があり、1995年発売のCD
カストラートの時代」を持っています。ただ、収録されている当時大人気だったヨッヘン・コワルスキー(Jochen Kowalski)といい、
最後のカストラート アレッサンドロ・モレスキ(Alessandro Moreschi)といい、声が野太くて、どうも私好みではないため、このCDはあまり聴いていません。

しかし、今回初めて聴いたフィリップ・ジャルスキーの声の、なんと美しいこと!
とても澄んだ声で、まるで天から降りそそぐ木漏れ日の様に、温かく優しい歌声。古楽器の演奏に大変マッチしていました。選曲もよかったのだろうと思います。しかも歌詞(あるいは楽譜?)の書かれた割と小さめの本を手に歌うのですが、まるで、自分の書いた散文詩か、普段身につけている聖書でも読んでいるような雰囲気に見えるんです。

そのフィリップ・ジャルスキーの歌が、日本のiTunesにも入っているんですね。

何曲かある内、「LIBERAL ARTS」という当代の人気歌手たちの歌声を集めたアルバムに入っていた一曲、
Giustino: Vedro con mio diletto (Anastasio)」を、今回ダウンロードしてみました。 
 ・こちら
(試聴可)

如何ですか?

 ・関連記事春風が運んできた音楽~その1
FC2 Blog Ranking

音楽のある生活音楽

注目俳優が歌手デビュー 

最近私が注目している俳優の一人が、
加藤清史郎さん。


これを読んで、「あの子だっ!」ってすぐにわかった方、
当然あのCMお好きですよね。

TOYOTAのこども店長シリーズ。

そうなんです。
加藤清史郎さんって、あの子役の子です。

NHK大河ドラマ「天地人」で、主人公 直江兼続の幼少時代を演じた清史郎くん。その熱演と可愛らしさに、すっかりファンになってしまいました。今でも時々、回想シーンで清史郎くんが登場するので、
「今日は登場するかな?」って、期待しながらいつも観ているんです。

ですから、こども店長として清史郎くんが登場するのを初めて見たとき、
「お帰り、チビッ子 与六!」(与六=兼続の幼名)と、心の中でつぶやいていました。CMでその姿が観られるのかと思うと、嬉しくて嬉しくて。
あのCM、「清史郎くんが」という部分も重要ですが、内容も面白いので、見る度、頬がゆるんでしまうんですよね。

さて、その「TOYOTAこども店長」の公式サイト、ご覧になったことありますか?
amazonの広告スペースに入口があったので、覗いてみたんです。
すると、CMの動画の他に、CMでは見られないメイキングシーンや登場編というのもあって、けっこう楽しめましたよ。
 ・こちら「こども店長」公式サイト


実を言うと、ファンでありながら、私、清史郎くんの名前を覚えていなかったので、この記事を書くためにgoogleで調べたのですが、ラッキーなことに、新たな情報も入手できました。

Worldfolksong.com ニュース・トピックスによると、清史郎くん、今度は
NHK「みんなの歌」で、『かつおぶしだよ人生は』という歌を歌うことになったらしいです。(8月~9月放送)
つまり、歌手デビューです。

さらに、7月上旬スタートのフジテレビ系連続ドラマ
『任侠ヘルパー』(草剛 主演)にも出演するそうですので、これも是非観たいですね。
 ・参照「任侠ヘルパー」公式サイト
     加藤清史郎(Wikipediaより)

 ・関連記事「みんなのうた」
FC2 Blog Ranking

日記日記

映画「サガン」誕生日割引 

これから、映画『サガン~悲しみよこんにちは~』を、渋谷の文化村で観ようと思っている方々に朗報です。

6月21日(日)はフランソワーズ・サガンの誕生日なので、
彼女の著作物、もしくは彼女に関する著作物を窓口で提示すると、
この日(6/21)に限って、チケット料金が、 1,000円になるそうです。

 ・詳しくはル・シネマ ニュース&トピックス

 ・関連記事映画「サガン」を観て
FC2 Blog Ranking

映画映画

映画「サガン」を観て 

こちらのブログを読んでくださっている方々なら、ご記憶でしょうか?
私が約1年間、フランス映画「サガン」の日本公開を、どんなに待ち遠しく思っていたかを。
サガンを観たい~その1、 サガンを観たい~その2
サガンを観たい~その3、 サガンの前売り券

やっと先日、観にいけました。

観終わった直後に私が感じたことは、サガンその人の人生は、愛を求め続けていたけれど、愛されていることに気づかず、自分が得た愛では、心の中の孤独感を追いやることができないまま終わってしまったのか、悲しい。でした。それはまさに、彼女の人生のターニングポイントととなり、彼女を彼女たらしめた処女作のタイトル
「悲しみよこんにちは」という言葉で表現できそうな心情。

この映画の原題は「Sagan」ですが、日本語タイトルが「サガン~悲しみよこんにちは~」となった背景は、恐らく、サガンという名前よりも、彼女の書いた小説のタイトル「悲しみよこんにちは」の方が知名度が高いので副題に持ってきた、といったところでしょうが、さらに、彼女の人生そのものが、「悲しみよこんにちは」だった。つまり、悲しみが常につきまとう人生だった、という伏線にもなっていたのではないかと思います。(あるいは、ヒットした映画「エディット・ピアフ ~愛の讃歌~」に倣っただけなのかもしれませんね。)

しかし、描かれているのは、悲しく孤独なだけのシンプルな人生ではありませんよ。人間関係が複雑にからみあい、しかも、まるでギャンブルの勝敗の様に、一時、誰もが羨むような歓喜や幸せに満ち溢れていたかと思うと、どん底に突き落とされる。そしてまた、新たな喜びが訪れる。彼女が書いた小説以上に波乱万丈と言えると思います。

映画の出来としては、ほぼ満足のいく物でした。ただ、122分で彼女の人生を描くには、尺が短かすぎたように感じました。出来事をただ並べているだけのように感じる部分があり、サガンの内面をもう少し掘り下げて描いて欲しかった、という欲求不満が残りました。人間の本質的な部分を形成するであろう子供時代を全く描いていない、無視しているというのが、その一因かもしれません。

違う見方をすれば、現実にあったことをより忠実に描くため、サガン本人が口にはしなかった、文章にもしなかった心の内に秘めたことを想像して描くということを、あえてしていないために、物足りなさを感じたのかもしれません。

いずれにしろ、ディレクターズカット版があれば、それを是非ともいつか観てみたいです。

サガンを演じたシルヴィー・テステュー(Sylvie Testud)の演技力は、素晴らしいものでした
そして、この映画は、息子のドニ・ウェストホフ氏が監修を務めていて、サガンの言葉使いや服装、部屋の内装、車に至るまで、現実により近い形で表現されているそうなので、この映画の中でサガンを観、サガンが見たものを観ることができて、それがサガンの小説を愛する者としては、大変嬉しいことでした。

皆さんは、どんなサガンを、この映画の中に見出すでしょうか?
 ・参照「サガン~悲しみよこんにちは~」公式サイト
     フランソワーズ・サガン関連本

 ・関連記事信じていれば、放送される?
FC2 Blog Ranking

最近見た映画映画

タマラ・ド・レンピッカ展 

渋谷の文化村(Bunkamura)
ザ・ミュージアム ラインナップ・チケット情報によると、

来年の2010年3月6日(土)~5月9日(日)の期間、
タマラ・ド・レンピッカ展」が開催される予定だという。
これは、楽しみ。


1920年代から1930年代、アール・デコの時代に活躍した
ポーランド出身の女流画家 タマラ・ド・レンピッカ(Tamara de Lempicka)。時代を先取りしたような彼女の個性的な作品を初めて目にした時の衝撃といったら。

2年前、NHKの「迷宮美術館」という番組で、彼女の作品と出合いました。

キュビズムの影響が見て取れる彼女の描く人体は、フォルムが大胆で、力強い。メタリックな臭いが漂ってきそうな質感、そして、有無をも言わせぬ圧倒的な存在感に、すがすがしさを覚えます。そこには、一瞬の筆の迷いも感じさせない。
 ・参照世界最大級のポスター&絵画ショップ

パリで成功した後、アメリカで名声を得たというのもうなずけます。彼女の絵から、強いアメリカを感じます。

1940年代から、彼女の人気も下火になりますが、1970年代、再び彼女の絵が脚光を浴びるようになります。注目されたのは絵画だけではなく、彼女の生き方も。
彼女の生涯を描いた舞台「タマラ」が、1980年代にロサンジェルスやニューヨークで上演され、最近では、2005年に、タマラの生涯を基に作られた一人芝居「Deco Diva」が上演されています。

ハリウッドセレブの中には、彼女の絵の熱烈なファンがいて、古くはグレダ・ガルボ、
現在はジェック・ニコルソンマドンナなどが作品を収集しているそうです。


ところで、2年前の私は、「迷宮美術館」を見た後に、
タマラの作品をもっと観たい、そして、評伝や自伝などがあれば是非とも読んでみたいと思い、amazonで検索し、幸運なことに、二つの希望が同時に叶えられる一冊を見つけることに成功しました。

タマラ・ド・レンピツカ~激情のデッサン 」です。

B4判のこの本は、タマラ自身が生前語っていた生い立ちやできごと、逸話を、
実娘 キゼット・ド・レンピッカ・フォックスホールが回想して語り、それを取材したチャールズ・フィリップスが、他の資料を集め、ゆかりの人へのインタビューで得た情報を加え、一冊にまとめたものです。タマラの祖母や母親、子供時代の写真他、たくさんの写真と、作品を見ながら、1898年ロシア支配下にあったポーランドの上流階級の家庭に生まれ、1980年(81歳)にメキシコのクエルナバカで娘に看取られて亡くなるまでのタマラの一生を読むことが出来るのです。

2010年の「タマラ・ド・レンピッカ展」では、どんなタマラ、どんな作品と出遭えるのか?今から楽しみです。
 ・参照Wikipediaより

 ・関連記事展覧会記事
FC2 Blog Ranking

絵画・美術学問・文化・芸術

祝 開港150周年 

横浜開港150周年、今日6月2日は、まさにその150回目の開港記念日となります。
開国博Y150に関しては、すでに様々なメディアで紹介されていますので、「また開港の話題?」「今更」と思われるかもしれませんが、本日、記念切手が販売され、私も買ってきましたのでご紹介したいと思います。

まずその前に、開港記念切手は3種類同時発売です。横浜バージョン、函館バージョン、そして長崎バージョン。
関東に住んでいると、マスコミで取り上げるのが横浜だけですので、開港150周年を迎えるのが横浜港だけなのかと、勘違いしてしまいそうですが、歴史の教科書に載っていましたよね。函館と長崎も、横浜同様150年前に開港しました。

私は、横浜バージョンの切手のみを購入。
開港記念切手←クリックすると拡大

一番上の「横浜弌覧之真景」は、この原画を所蔵する
日本郵船歴史博物館のサイトによると(2004年に作成されたデータで、現在も保有しているかどうかは未確認。横浜開港資料館には、再版したものがあるようです)、
この版画は、1871年(明治4年)に制作され、横浜港と市街地周辺の様子が描かれているそうです。

上の切手画像だと見づらいかと思いますが、ちょうど切手の中央部分に、
象の鼻と呼ばれているかぎ型の防波堤もきちんと描かれています。
象の鼻←クリックすると拡大

下のサイトで、明治15年、明治39年、昭和48年、そして現在の象の鼻の地図が確認できます。時代の変遷とともに、埋立地がどのように造成されていったのかが、よくわかります。
 象の鼻地区の歴史(横浜市)

切手はご覧の様に、古版画や横浜港をイメージした絵、横浜の夜景、ベイブリッジ、帆船日本丸などがプリントされた合計10枚。切手シートの下から2番目の建物は、ジャックという愛称で親しまれている横浜市開港記念会館です。ライトアップされると、さらに美しいです。
 横浜夜景50選より

ちなみに、クィーンとキングと呼ばれている建物もありまして、それぞれ
横浜税関神奈川県庁本庁舎です。外国からやってきた船乗りたちが、トランプのJ、Q、Kになぞらえて名づけたそうです。この3つの中でも、特に横浜税関は、イスラム風の綺麗なドームが付いていて、私は子供の頃から好きでした。

公平を期すために、函館と長崎の開港記念切手もお見せしますね。
 ・こちら日本開港150周年記念切手(日本郵便)


さて、イベントの方は、横浜の「開国博Y150」が、9月27日まで

ハコダテ150」のメインイベント「DREAM BOX 150」は
8月8日~16日まで。それに先んじて8月1日~8月5日は、例年どおり
函館港まつり」が開催されます。6月2日に開港したのに何故8月?という疑問が湧きますが、開港した1859年はまだ江戸時代でしたので、当然旧暦の6月2日でした。新暦、つまり太陽暦では7月1日にあたるということで、昭和10年に7月1日を開港記念日と制定し、函館港まつりが始まったそうです。さらにその後
より多くの市民に参加してもらうためでしょうか、昭和41年、港まつりが8月に移行し、8月1日から5日間に渡って、行われるようになりました。

一方、例年7月下旬に行われている「ながさき みなとまつり」は今年7月25日、26日の両日に開催されます。あの有名なベーロン大会は、ちょうどこの時期に行われているのですね。

3港の開港150周年という記念すべきイベント、開催日が重なっていませんので、3つすべてに行くことも可能ということですね。
FC2 Blog Ranking

日記日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。