2つ目のブックカバー 

突然ですが、スリの被害にあったことがありますか?

幸いなことに、私はありません。私の両親も。
ただ、妹はあるんですよね。

もうかなり前の事ですが、混雑した電車の中で、本人が気がつかないうちにショルダーバッグの中に何者かが手を入れて、皮製の財布をつかみ、次の停車駅で降りていきました。

不自然な手の動きに気がついた中年の女性が、妹に教えてくれました。
「今 男が、あなたの財布盗んでいったわよ~」

「えっ? あ~っ」

あっという間に電車のドアは閉まってしまいました。財布を盗られてしまった妹、あわててバッグの中を確かめたのですが、きょとんとしました。
財布は、バッグの中にちゃんとあったのです。

では、スリの男が盗んでいったものは?

それは、私が妹にプレゼントした革のブックカバーがかけてあった文庫本でした。
もし、文庫本にそのカバーがかけてなかったならば、スリは本物の財布を盗んでいったはずです。
ということは、そのブックカバーが、ひいては、そのブックカバーをプレゼントした私が、妹の財布を守ったと言えるんじゃないかと、当時は鼻高々でした。

何故、そんな昔の事を持ち出すかといいますと、妹の誕生日プレゼントを探しに伊東屋に行き、コレは!と思えるブックカバーに出合い、買ってきたばかりなんです。
本人にはまだ渡していないので、渡すまで、この記事を読まないでいてくれることを祈ります。


ブックカップ これです。(画面をクリックすると拡大画面へ)
その名も、ブックカップ

通常のブックカバーに取っ手が付いていて、しおりの先(下から上にはさむ)が、ティーパックの持ち手のようなデザイン。というだけなのですが、とってもお洒落で可愛いです。4色あるうち、私はレモンイエローを選びました。
厚さ2センチまでの文庫本に対応ということで、利用者の中には、メモ帳のカバーとして使われる方もおられるようです。

帰宅後、楽天のレビューを見てみると、なかなか高評価なので安心しました。見た目が良くても、使い勝手が悪いなんてことがあったらいやですもの。
 ・こちらブックカップ(楽天)

YAHOOでも購入できますね。
 ・こちらブックカップ(YAHOO)

子育てや家事などで、なかなか本を読む時間をとれないであろう妹が、ちょっと生き抜き、コーヒーブレイクに、カップ片手に、もう片方の手にもカップ(ブックカップ)をもってくれれば嬉しいです。

 ・関連記事壷に紙を生ける
FC2 Blog Ranking

おすすめ商品ニュース

3+3=0 の不思議 

今日は酸っぱいお話。そんな風に顔をしかめないでください。最後には、甘~くなる予定ですから。

さて、私は柑橘類梅干の酸っぱさなどクエン酸系の酸っぱさや、お酢の酸っぱさが好きなんですが、どうも好きになれないのがヨーグルトの酸っぱさ。
ですから、普段ほとんど口にしないのですが、冷蔵庫にヨーグルトの1食分ずつのカップがいくつも入っていて、賞味期限までにどうしても食べきらないといけない時や、チーズや牛乳を口にしたくない時に、カルシウム補給のためにいやいやヨーグルトを食べています。加糖ヨーグルトなので、食べやすいはずですが、砂糖の甘さだけでは酸っぱさは誤魔化せません。
その時の体調によっては、絶えられない程の酸っぱさを感じる時もあって、ジャムを加えたり、ドライフルーツと一緒に食べるなど工夫をしていますが、あくまでも「まだまし」という程度で、ヨーグルトのこの酸っぱさを感じさせなくなる食材はないものかと、かねがね思っていました。


そして数日前、突然思いついたんです。

甘めの梅干を入れてみたらどうなんだろう?
って。

さっそく試してみると、意外や意外、大成功だったんです。
ヨーグルトの酸っぱさを、私の舌が全く感知しなかったのです。ヨーグルトの乳酸の酸っぱさを、梅干のクエン酸が消したということでしょうか?

単独で食べたら多少酸っぱいはずの梅干の酸っぱさも、不思議と感知しませんでした。むしろ甘く感じました。
なら、

酸+酸=0 ということ?

私が使った梅干は、蜂蜜漬けの、表面がぬるっとした梅干で、この梅干をヨーグルトのカップに入れて、ぐちゃぐちゃにしてかき回し、梅の果肉をにヨーグルトによ~く混ぜ込んで食べました。

一般的なドライな梅干の場合上手く行くのだろうか?
梅干の代わりに柑橘系フルーツを入れて食べてみたらどうだろう?
まだまだ研究の余地ありです。


そういえば、カルシウムを摂取する時にクエン酸を一緒に摂ると、カルシウムの吸収がアップするというのを聞いたことがあります。
ヨーグルトが食べやすくなって、しかもカルシウムの吸収率が上がるとなれば、一挙両得。
ヨーグルト+梅干は、稀に見る大発見でした。
FC2 Blog Ranking

健康、美容、ダイエットヘルス・ダイエット

世界に発信BENTO-BOX ~その4 

世界に発信BENTO-BOX ~その1、 世界に発信BENTO-BOX ~その2、 
世界に発信BENTO-BOX ~その3 の続きです。

さっそく青じその種を買うことにしました。

ところで、野菜の種ってどこに売っているのだろう?
花屋? スーパー?

一昔前までは、スーパーマーケットにもデパートにも、鉢植えの植物や、植物の種などを扱う店舗が必ず最上階にあったものですが、最近はそういう店を見かけなくなってしまいました。
父親は毎年、野菜の苗を買いに農協に行っていますが、そこにならありそうだと思っていたところ、今まであった店舗がクローズしてしまったと母親から聞かされました。残念。
近場で野菜の種を売っていそうな店といったら、やはり花屋かスーパーマーケットぐらいしか思い浮かびません。

そこで、スーパー2件に行ってみましたが無く、一軒の花屋にもありませんでした。
仕方が無いので、駄目もとで、売り場面積がものすごく小さい、駅ビルに入っている花屋を訪ねてみることにしました。



よかった~!ありました。しかも、私がよく通るバス乗り場に面した通路に、野菜の種専用のコーナーがあったのです。日頃、自分が無関心な物を、いかに見ないで過ごしているかの証明の様。

これで、ドイツのLudagに送ってあげられます。青じその種の入った袋を振ると、カシャカシャ音がするので、袋に青じその写真が載っているとはいえ、万一、ドイツ到着後に、検疫や郵便の担当者が中身が何か怪しいものではないかと疑ったり、封を開けてしまったりという場合を考え、種の袋にローマ字で

Shiso

と大きく書いて、しかしそれでも、Ludagのもとに、ちゃんと届くかどうかを心配していました。


投函後、3週間くらいたって、その時点でまだ種を受け取ったという連絡を貰っていなかったので、心配になって、Ludagにメールで到着したかどうかを尋ねました。

すぐに返信が来ました。あ~よかった。受け取ったそうです。
撒いた青じそが芽を出し、育ってきたら、写真に撮って送ってねとお願いしてあるので、その写真が届く日を、今から楽しみに待っています。
FC2 Blog Ranking

日記日記

世界に発信BENTO-BOX ~その3 

世界に発信BENTO-BOX ~その1
世界に発信BENTO-BOX ~その2の続きです。

ベルリンに住むLudagが、ご飯に巻いて食べているというのは、何と青じそなんです。

確かにヨーロッパにも香草、つまりハーブはありますが、それらと青じそとは味や香りが異なり、殊にシソのように香りの強いものは、外国人が苦手とする類のものではないかと思っていました。

その青じそがベルリンでも買えるようで、お店で買ってきてご飯に巻いて食べているというのです。しかし食べる頻度が高く、その分お金もかかるので、栽培してみたいというのです。

え~?!

いったいどこから「栽培してみたい」という発想が出てきたのか?
そもそも、日本の植物の種を、郵送することができるのか?ドイツの検疫にひっかからないのか?

まず、それをクリアしないことには、どうしようもありません。そこで、ネットで調べてみました。

すると、日本の農水省が作成した資料で、フランス、ドイツ、英国への輸出が可能な主な植物や、輸出制限のあるものなどが記載された文書を見つけました。
 ・こちらフランス、ドイツ、英国への輸出関連資料

シソは大丈夫そうです。

さらに、「YAHOO!知恵袋」で、まさにドイツへシソの種を送ることが可能かどうかを尋ねる質問が載っていて、回答者の助言をもらった後に、質問者が、日本の植物検疫の担当官に問い合わせてみたところ、 EUはシソは問題ないとの回答を得たと載せていました。
 ・こちらYAHOO!知恵袋より

なら大丈夫なのかな?ということで、青じその種を買うことにしました。参考にするため、ドイツでシソ栽培をする日本人のブログがないかなぁ?と、探してみたところ、
あります、あります。写真画像付きで、たくさん出てきました。

例えば、Munichcat daiaryぽちぽち日記
さらに、バジルの代わりに青じそペーストをパスタソースにした、というような料理法を載せたブログも
しの的エッセンinドイツ

種から育てている方もいらっしゃるでしょうが、どなたからか株分けしてもらって…、という方が、かなりいらっしゃるようです。在独日本人の間では、青じそ栽培がブームになっているのでしょうか?
Ludagが、シソ栽培をしてみたいと思ったのも、どこからかそういった情報を聞きつけてきたからなのでしょう。

     つづく
FC2 Blog Ranking

日記日記

世界に発信BENTO-BOX ~その2 

世界に発信BENTO-BOX ~その1の続きです。

BENTO-BOX、弁当箱をこんな風に表記すると、私達が従来使ってきた弁当箱が、とてもお洒落なアイテムに変身したかのように感じます。

そして、そのBENTO-BOX、私が知らない間に、どうやら世界の共通語になりつつあるようなのです。

海外にお住まいの方々が、日本製の弁当箱を欲しがる外国人のことを記事にしておられます。
 ・こちらイギリスで暮らして…
      Morango風(fromドイツ)

ステンレス製ランチジャー、これは日本ならでは、という印象がありますが、ご飯が主食でなくとも、温かい料理を食べたいっていうのは世界共通ですものね。
そうですか、アメリカでは、日本のキャラクターのお弁当箱が人気なんですね。

そして実は私自身も、弁当箱を頼まれたことがあるんです。

こちらのブログに何度か登場してます私のイタリア人の友達 Ludag(ベルリン在住)が、昨年、手紙で近況を報告してくれた時、
「BENTO-BOXに夢中なんだ。大好きなんだ。オルサも使ってる?」って書いてきたんです。
日本の文化が好きなLudagのこと。漫画かアニメの影響で、他の人があまり関心を示さない弁当箱に恋しちゃったのかな?って当時は思っていたんです。
そして、その後、「誕生日プレゼントに何か欲しいものある?」と私が尋ねたところ、「今持っている無印の弁当箱は小さいので、大き目の弁当箱がいい」とリクエストしてきたんです。

ドイツに無印のショップがあるということにも驚きましたが、弁当箱まで販売していたとは。日本人だけではなく、現地の人も買っていくのだろうか?詳しいことは聞きませんでしたが、ドイツでも入手できるんですね。


さて、Ludagに贈った弁当箱はこちらです。
どのくらいの大きさの、どんな色の弁当箱がいいのかわからなかったので、容量の大きい弁当箱をネットショップからいくつかチョイスし、画像や容量他の情報をメールで送り、本人に選んでもらいました。
この緑の弁当箱には、巾着が付いていて、弁当箱入れとして使えるので、とても便利です。

弁当箱以外にも、
スプーン&フォークセット、フルーツなどが入れられるタッパ、ランチョンマットとしても使えるディッシュクロスを同封しました。

気に入ってもらえたようです。

そして、お礼の手紙に、驚くべきことが書かれていたんです。

「この弁当箱にご飯(米)を入れて、仕事に出かけるんだ。」

私はてっきり、パスタ類やその他のおかずを入れているのだとばかり思っていました。ご飯炊いてるの?

さらに、こんなものまで食べるの?というもので、ご飯を巻くんだそうです。

     つづく
FC2 Blog Ranking

日記日記