スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking

黄色いレインコート 

黄レインコート雨の日は、出かけるのがものすごく億劫ですが、いざ出かけてみると、晴れている日には決して目にすることがないであろうモノを目撃し、その目撃がきっかけとなり、何十年も前の幼き頃の思い出が一気によみがえり、歩きながら、そういえばああだった、こうだったと、様々なことを思い出し、いつの間にか楽しい一時を過ごしていた、なんてこともあるんです。

今日、もうすでに時間は明日になっていますけど、雨の中、3人で仲良く歩く親子(母・子供2人)とすれ違いました。私は、子供たちが着ていたカラフルな、
とても素敵なレインコートに、目が釘付け。
「あぁ、こんなレインコートだったら、私も嬉々として幼稚園に着て行っただろうに!」

そうなんです。幼稚園時代、私は黄色いレインコートを着るのが大嫌いでした。ポケットには、わんわん物語の可愛い犬の絵が付いていました。それでも、嫌だった。全然素敵じゃないから。子供しか着ないような代物だったから。

それでも、雨の日には、レインコートを着ていくのがルールだったようで、スクールバスを一緒に待つ子供達みんな、黄色いレインコートを着ていました。

ある日、雨が小降りで、今にも止みそうな日がありました。
私は、「止みそうだから、着ていかなくてもいいでしょ?着ていくと、帰りレインコートが邪魔になっちゃう」とか何とか言って母親を説得し、レインコートを着ずに、傘だけさして出かけたことがありました。
スクールバスを待つ友達は、皆、レインコートを着ていました。

あの時の快感と言ったら! 
自分一人だけが、一足先に大人になれたような気分でした。

黄色いレインコートに限らず、子供の頃は、背伸びをしたかったのか、子供用に作られたものが好きではありませんでした。早く、大人と同じものを身に付けたかった。

子供の革靴には、ベルトが付いています。靴が脱げてしまわないように、ホックを留めるために付いているわけですが、そのベルトが気に入りませんでした。大人の革靴には、そんなもの付いていません。
ですから、履き古した革靴のベルトの部分が取れそうになり、靴を新調することになった時は、嬉しくて嬉しくてたまりませんでした。新しい靴が嬉しいのではなく、お古の靴のベルトを切ってしまい、大人の靴のように変身させることができるからです。その靴を履くのは、専ら家で遊ぶ時だけですが、それでもいいのです。大人の靴(=ベルト無しの靴)が履けるなら。

つりスカートも子供じみていて、あまり好きではありませんでした。むしろワンピースの方が好きでした。
小学校3年生の時、母親が、つりスカートではないスカートを買ってきてくれて、その日から、そのスカートは、私の一番のお気に入りとなりました。子供はウエストがくびれていないので、ウエストの部分に、巻きつけて端と端で結ぶように作られた共布のベルトが付いていました。
このスカートは、ピアノの発表会にも着ていったので写真で見ることができ、今見ると、デザインがシンプルすぎていまいちなんです。それでも当時は、そのスカートをはくことによって、自分が大人になれるような気がして、ワクワクし、緊張もし、非日常の特別な気分でいたことを覚えています。


大人になった今、子供の頃に憧れていたもの~ベルト無しの靴も、つりのないスカートも、さらに口紅も、当たり前に身に付けることができて、面白くなくなってしまいました。

憧れの物…

今の自分には身に付けられなくて、何時の日か身に付けたいもの…

ないなぁ。思い浮かびません。
スポンサーサイト
FC2 Blog Ranking

日記日記

あの上の雲に思いを馳せて 

ここ数年、毎年観るのが恒例になってきた日本アカデミー賞と米国アカデミー賞の授賞式。
今年の日本アカデミー賞では、本木雅弘さん主演の「おくりびと」が、最優秀主演男優賞・作品賞・監督賞など全10部門で最優秀賞を獲得しましたね。
この映画、とても気になる作品ではあったのですが、葬儀社の納棺夫が主人公ということですので、当然、死者(を演じる人)が多数登場し、しかも葬儀に際し死者に施される様々なことを映像で観ることになるんだろうと思うと、何だか抵抗があり、しかも怖くて、観ることができませんでした。

しかし、本木雅弘さんが10年ほど前に読んだ後、何とかして映画化してみたいと思った原作とは、いったいどういう本なのか、その点には興味があり、今年のニ月初旬に書店で見つけたので、買って読んでみました。

青木 新門  著 「納棺夫日記」。

これは、仕事を失い、子供のミルク代稼ぎのために、やむなく納棺夫を始めた著者の実体験を綴ったもので、その内容、納棺夫の仕事や屍の描写はかなりセンセーショナルです。でもその奇異な部分よりもむしろ、詩人でもある著者の目を通して語られる無常、生と死の神秘、人の世の不思議な縁。息づく自然。そういったものに心が動かされました。

この本を読み終わった後に心に残る余韻。これはいったい何だろう?

日々、人の死に接していく中で、いつの間にか宗教書を読み漁っていたという著者の諦念、達観。その末に達することができた境地の静けさや、万物への慈悲の心が、物質社会にどっぷりつかった雑念だらけの私の心に、何かしら働きかけているようです。


さて、現実的な話に戻りますが、2月22日(日本では23日)に行われる米国アカデミー賞授賞式。
外国映画部門に、「おくりびと」がノミネートされているので、そちらの方の行方も気になるところ。

本木雅弘さんといえば、今年の11月29日(日)の午後8時から始まるNHKドラマ「坂の上の雲」が楽しみですね。
今放送中の大河ドラマ「天地人」が11月で終わってしまい、その後に11月29日から12月27日までの毎週日曜の5回分を「坂の上の雲」の第一部として放送し、第二部、第三部はそれぞれ2010年の秋、2011年の秋に放送するという、変則的な放送の仕方です。
日露戦争を戦った秋山真之(本木雅弘)と秋山好古(阿部寛)の兄弟、歌人の正岡子規(香川照之)の3人を主人公にした司馬遼太郎の長編小説が原作だそうです。
 ・参照坂の上の雲(amazon)
 ・関連記事信じていれば、放送される?
        原作も音楽もナレーションも、もちろん演技も
FC2 Blog Ranking

日記日記

春を呼ぶお弁当 

百々 シウマイ弁当でお馴染みの、
横浜の崎陽軒

3月13日(金)までの限定販売で、
百々(もも)」という新作弁当を売り出し中だとか。
これ、高木学園女子高等学校との共同開発だそうです。

昨年2008年は、崎陽軒の創業100周年でしたが、高木女子高も同じく創立100周年を迎えていたとのこと。そこで、100周年同士が共同で、記念のお弁当を開発しようという企画が持ち上がり、実現したのです。それでお弁当の名前も、百が2つで「百々(もも)」なんですね。

校内でアンケートを実施し、その結果を元に、家庭科食物コースを中心とした7名の生徒と、崎陽軒が開発会議を重ねて、作り上げたものだそうです。

さて、その中身ですが、シウマイはもちろんのこと、鶏の唐揚げレモン添えや、シメジや色鮮やかなピーマンとパプリカの入った春雨炒め、厚焼き玉子、ししとう揚げ、たけのこ・コンニャク・梅型にくりぬいたニンジンの煮物、さらにコーン入りコールスローサラダ、
赤と緑 2色の小粒大福まで入っていて、大変欲張りな内容となっています。
700円
ご飯の上に添えられている桜の花の塩漬けに、乙女心をくすぐられます。
 ・参照百々(崎陽軒公式サイト)

で、

さっそく買って食べてみました!

お弁当のフタを開ける前から、シウマイ弁当との違いがここかしこに。
おてふき1お手拭は、こういう小さいパッケージのものではなく、レストランなどで出されるオーソドックスなビニールの袋に入ったものでした。とても使いやすかったです。ですから、楊枝は単独で別の袋に入っています。こういう所は、女子高生の意見が反映されているのでしょうね。

そして、薄桃色のお弁当箱のフタと側面に、和テイストの花の幾何学模様が。

フタを開けると、そこにはがありました。

色鮮やかで、女性の手作りのお弁当のように可愛らしく、手が込んでいて、おかずの種類が多くて、見ていて楽しくなります。
女子高生らしく、ご飯は少なめです。

お弁当箱の模様も併せて、「姫弁当」という印象です。美味しかったです。でも、大食漢の私には、量がちょっと少ないかな?これを食べた後に、フルーツを食べたら、おなかいっぱいになりましたけど。

ヨコハマ経済新聞によると、神奈川県内の店舗 約60店での販売となっています。
崎陽軒は他都道府県のデパートなどにも進出していますが、そこでは販売しないということでしょうか?もしそうだとしたら、他都道府県の方、神奈川県にいらっしゃる機会を作って、是非買ってみてください。
FC2 Blog Ranking

お弁当グルメ

世界パティスリー2009 in Japan 

お菓子の二大世界大会は、フランスで2年に一度開催される
クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー(Coup du monde de la patisserie)
 公式サイト ※'09日本は総合4位
  ・過去の記事今年のバレンタインは?<クープ・ド・モンド> 

と、米国で開催されるWPTC(World Pastry Team Championship) 
 公式サイト ※'08日本は総合2位

だそうですが、この二大大会に並ぶ三つ目の大会、アジアを代表するパティスリー世界選手権大会を目指して今年から日本で開幕される
世界パティスリー』、
正式名称 IPGP(International Patisserie Grand Prix)です。

過去二大会で優秀な成績を収めたパティシエを、実行委員会が監督に任命し、その監督が選んだ自国の3名のパティシエを一つのチームとし、8カ国対抗で競わせます。今年の出場国は日本の他に、
フランス、米国、イタリア、オーストラリア、中国、シンガポール、マレーシア。
ホワイトデーの3月14日(土)と15日(日)の二日間 、東京の水道橋にあるJCBホールで行われます。

公式サイトによると、今年のテーマは「エコロジー」だそうです。どのような作品が並ぶのか、そして、どの国が栄えある第一回世界パティスリーの優勝国となるのか、とても楽しみです。主催企業の中にフジテレビも入っているので、テレビ放送もされるのでしょう。

審査は、皿盛りデザート、アントルメ、ボンボンショコラ、ガトー・ド・ボワイヤージュ、プティガトー それぞれの味覚点と、アメ細工ピエス、チョコレートピエス、プレゼンテーション全体の芸術点、さらにチームワークや効率性、技術度などを見る作業点、これらすべてを採点し、その合計点トップが優勝チームとなります。

チケットを購入すれば、観覧もできるようです。併設イベントの『スイート・スイーツジャパン』の入場券も含め、2月14日、バレンタインデーに発売開始です。
・参照『世界パティスリー2009』公式サイト

併設イベントの方も、気になりますね。
 ・参照『スイート・スイーツ ジャパン2009』公式サイト
FC2 Blog Ranking

スイーツグルメ

幻のひな人形選び 

最近目にするCMの中で、気になるものの一つが、リヤドロひな人形。大人顔で、しかも青味がかった顔の色が私好みではなく、むしろ五月人形の方が可愛らしくて好きですが、ひな人形はいったいいくらなんだろう?相当高そうだなと、見る度思うんです。
金払いのいい(最近は財布の紐がだいぶ堅くなりましたが)ブランド好きの日本人をターゲットにしたこの商品、セットで買うと53万250円もするんですね。セットと言ってもお内裏様とお雛様だけで三人官女以下、お供の者はおりません。
 ・こちらリヤドロ公式サイト

リヤドロ好きの方々には、垂涎ものでしょうが、そうでない私のような人間には、「やっぱり高いんだねぇ」で終わり。

ところが、ひな人形を買う予定もつもりもないのに、欲しくなってしまうひな人形があるんです。

リカちゃん単品「リカちゃんのひな人形」です。58,800円。
お内裏様とのセットもあるようですが、amazonでは売り切れとなってますね。
 ・こちらリカちゃんのひな人形(amazon)

Yahooショップにはお内裏様とお雛様のセットがありました。


一番安い24万5千円のセットから

最高額29万4千円のものまで。
もう少し安い価格帯のものは売り切れています。一年中飾っておきたくなるような可愛らしい人形ですが、これも随分と高いんですね。
 
 ・参照リカちゃんひな人形(YAHOOショップ)
     リカちゃんひな人形(楽天市場)

では、もし仮に、自分の娘のためにひな人形を買うとしたら、どんなひな人形を選ぶのか?
先ほど「欲しくなってしまう」といいましたが、リカちゃんひな人形は決して選ばないと思います。

やっぱりオーソドックスな人形がいいですね。
 ・関連記事純金製ひな人形(幸せテディベアのモノローグ)
FC2 Blog Ranking

雑記日記

お菓子の缶の乙女 

先日の読売新聞、書評欄に、懐かしい乙女画が載っていました。
丸みを帯びた独特な体のラインに、節目がちで幻想的な雰囲気を漂わせた表情。その巧みな描き方で、誰の作品かすぐにわかります。

東郷青児

その名前を知らずとも、その作品に触れたことがあるという方は多いでしょう。
私の記憶の中にある東郷青児の絵は、子供の頃によく見た、洋菓子店「フランセ」の缶に描かれたもの。記憶が定かではないですが、確か楕円形の缶の蓋に、目を引く美しい女性の顔が描かれていて、中にはクッキーが入っていたような…?絵の記憶が鮮明なわりに、缶の中身、どんなお菓子が入っていたのか、その記憶が不思議なことに、全くといっていいほどありません。
東郷青児は、これ以外にも、洋菓子店の包み紙や本の表紙、化粧品など、様々なものに美人画を描いていたそうで、その作品を集めて一冊の本にしたこちら、

東郷青児 本東郷青児~蒼の詩 永遠の乙女たち」が書評欄で紹介されていたのです。
さっそく取り寄せました。

彼の描く乙女画が、これだけ印象に残っていながら、今まで、東郷青児その人に関する伝聞を一度も耳にした記憶がありません。本に載っていたプロフィールを見て、
1897年に鹿児島で生まれたこと、
少年時代には竹久夢二の下絵描きをしていたこと、
作曲家 山田耕筰からヨーロッパの新しい美術運動を学んだこと、
フランス留学の経験があること、
ピカソや藤田嗣治らと交流があったこと、
1978年に亡くなったことなどを知りました。

そして、本の中で紹介されている作品は、他にも、彼がプロデュースした喫茶店「ボア」(吉祥寺/'07閉店)の店内の写真、そこで使われていたイラスト付きの紙ナプキンやマッチ、ケーキのしおりなど。それから、東郷青児コレクターが始めた喫茶店「ソワレ」(京都・四条木屋町)店内に飾られた油彩・水彩画や、線画があしらわれたタンブラーなど。
さらに、手がけた作品は絵に留まらず、エッセイや漫画作品…。マリー・ローランサン展の図録に掲載された「ローランサンの思い出」などは、非常に興味深い内容でした。

本を頭からきちんと読むのではなく、パラパラとページをめくり、これ!と思ったページを開き、作品を見たり読んだり。そんな読み方をしています。

抜粋したものが掲載されていたエッセイ集「カルバドスの唇」以外にどんな本を執筆していたのだろうとamazonで検索してみたところ
 ・こちら東郷青児の関連本

想像もしてみなかった作品を見つけました。

ジャン・コクトーの「怖るべき子供たち」の翻訳を手がけていたのです。

子供達角川文庫の「怖るべき子供たち」、我が家の本棚を探してみたら、ありました。美人画家のあの東郷青児が翻訳したものだったとは!

ちなみに、この文庫の表紙の絵は、氏のものではありません。池田満寿夫 画。
「東郷青児~蒼の詩 永遠の乙女たち」を再び手に取り、装丁本を紹介しているページをめくると、東郷青児が装丁した「怖るべき子供たち」(白水社)が載っていました。意外にも、とてもシンプルなデザインで、使っている色も地味。
これは、彼がこの本を読んで感じた印象を、反映させているようです。
ならば、私だったらどんな装丁をこの本に施すか?そんなことを考えながら「怖るべき子供たち」をもう一度読んでみようと思います。
 ・参照損保ジャパン東郷青児美術館
FC2 Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。