スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking

ギターの調べに酔う秋の日 

9月21日(日)、BSジャパンで放送された「カディスの赤い星ギターコンサート」を観ました。スペインがお好きな方、ギターがお好きな方、ご覧になりましたか?
「カディスの赤い星」ってもしかして、あの?そう思った方、正解です。
小説「カディスの赤い星」の作者である作家 逢坂剛さんが企画されたギターのコンサートです。ご自身がお持ちの名器たちへの功徳として開いたコンサートだとおっしゃる。名器たちを、日本屈指のギタリストたちに演奏してもらうという趣向。

3名のギタリストが登場。私が知っていたのは唯一このギタリストだけ。クラシック・ギター界のアイドル的人気者、村治佳織さん。あとのお二方、一人はトレモロの技術が超人的で、指を動かす速さと音の響きに圧倒されたベテランの住田政男さん。日本を代表するフラメンコ・ギタリストだそうです。

そして、最後の一人が沖仁(おき じん)さん。彼の奏でるギターの音色が何とも美しく、その甘美な調べに痺れました。そして、パルマ(手をたたく人)とカンテ(歌い手)が加わると、リズムのとりかたやコンビネーションが絶妙で、フラメンコギターっていいものだと、しみじみ思ったんです。フラメンコというと、日本では踊りばかりが注目されて、歌やギターは二の次、あるいは、踊りの添え物の様に扱われているように感じます。
でも、違うと思うんですよね。踊りだけでは何も表現できない。何を踊っているかもわからない。歌やメロディー、ギター演奏ありきのフラメンコなのではないかと思います。むしろ踊りの方が添え物のように私は感じます。

さて、私はこの人のギターの演奏を、もっと聴いてみたいと思ったんです。「すばらしかったです。おわり」ではなく、さらに、もっと、他にも…と、欲張りに。それはつまり、私の好きなアーチストを発見した。ということです。
沖さんは、ギターの名手というだけではなく、作曲や編曲も手がける才能豊かな方。
コンサートで披露された、スペイン時代の師匠 セラニートさんの名がタイトルになった『Maestro Serranito(マエストロ・セラニート)』をはじめ、名曲ぞろい。後ほど、試聴していただきます

ここで、プロフィールを簡単にご紹介しておきましょう。14歳の時に独学でエレキ・ギターを始め、高校卒業後に、カナダで1年間クラシック・ギターを学ぶ。帰国後フラメンコ・ギターを本格的に学び始め、その後、本場スペインへ渡り、通算3年半の間、勉強したとのこと。2006年にメジャーデビュー。

ネットで情報収集していて知ったのですが、
テレビ番組「たけしの誰でもピカソ」でかつて、彼の『雨上がりのマーチ』がエンディングテーマ曲だったようですし、同様に、「地球街道」では、『夏のカクレガ』がエンディングテーマ曲だったようです。
いずれも「Nacimiento[ナシミエント]~誕生~」というアルバムに収録されています。

さらに、昨年出たアルバム「Respeto[レスペート]~十指一魂~」には、2007年のNHK大河ドラマ「風林火山」で、本編の後に放送された「風林火山~紀行」バージョンのテーマ曲『風林火山~巡礼紀~』 が収録されています。放送に流れていたあのギター、沖さんが演奏されていたんですね。

私は一通り試聴して、とにかく早く、コンサートでは演奏されなかった曲を通しで聴きたかったので、
Familia』 :「Nacimiento[ナシミエント]」の10曲目
Pain & Joy (feat. Ana Salazar)』 :「Respeto[レスペート]」の4曲目
61+60』 :「Respeto[レスペート]」の9曲目
の3曲をiTuneseでダウンロード。

前述の
『雨上がりのマーチ』 :「Nacimiento[ナシミエント]」の2曲目
『夏のカクレガ』 :「Nacimiento[ナシミエント]」の3曲目
『Maestro Serranito(マエストロ・セラニート)』 :「Respeto[レスペート]」の5曲目
『風林火山~巡礼紀~』 :「Respeto[レスペート]」の10曲目です。

さぁ、皆さんには、どの曲が心に響くでしょうか?ご試聴ください。
 ・こちら「Nacimiento[ナシミエント]~誕生~」(東芝EMI) 
     「Respeto[レスペート]~十指一魂~」(東芝EMI) 

 ・参照沖仁日記(本人のブログ)
     沖仁のCD(amazon)

 ・関連記事今年もフラメンコギター・コンサート 
スポンサーサイト
FC2 Blog Ranking

音楽のある生活音楽

夜の闖入者はシドニーがお好き 

昨日もソイツは居た。両親がシドニーで買ってきた風景画の近く、壁に張り付いていたのを私が見つけたのだ。よっぽどシドニーの風景がお気に召したらしい。先週見つけたヤツもその絵の近くにいて、しかも暫くたつと額と壁の間にもぐりこんで、首だけ出していた。


闖入者とはヤモリ。ギャー!

居間の窓を開けて、網戸にしていたのがいけなかったのだ。しっかり締めているつもりでも、30数年たつ網戸の端と、やはり30数年たつ窓の端の間に微妙に隙間ができていて、それが小さなヤモリにとって格好の玄関となっているのだろう。
体調4~5センチくらいと小さめだが、彼らもれっきとした爬虫類。たとえ、害虫を食べてくれて家を守る「家守(やもり)」でも、家の中に居るのを見逃すわけにはいかない。駆除しなければ。

そこで手に取ったのはゴキブリ用の殺虫剤。ちなみに、手に取ったのは私じゃなくて母と父(一人だったら、どうするんだ?)。
それを見ていた私に、仏心がわずかにめばえ、害虫ではないソイツに殺虫剤をジェット噴射するのが気の毒にも思えてくるが、方法は他にない。

額と壁の間に入ったまま出てこないソイツ、もうくたばったかと思って母がそっと額を手前に持ち上げてみると、まだ生きていた!下方に走り去り、その行方はわからない。あちこち探してみたがみつからない。仕方がないので、ゴキブリホイホイを仕掛けておいた。

就寝後、私が見た夢にもソイツは出てきた。絶命して干からびて、居間の床の上にのびていた。そしてテレビ台のガラス戸に目を転じると、生きたイグアナが中に…。
何とも気色悪い夢。

それから2日ほどたって、母曰く、早朝掃除機をかけていたら、和室の敷居のところにヤモリの死体があったらしい。誰かが知らない間に踏んづけて、そこまで運んでいたということ?怖っ!

それから何日かたって、新たにまた出没。
今度は父の出番。やはりゴキブリの殺虫剤を噴射。

暫くたつと、あっ落ちた。また額と壁の隙間に。
不名誉なことに、再び、前回と同じようなパターン。今回は、父がヤツがくたばっていそうな側、額の一方を押さえ、私がその反対側をそっと持ち上げ…
ギャー!!! ヤツが、手の上に落ちてきた。慌てて、その手を振り、ヤツをどこかに振り飛ばした。
あ~あ。やってしまった。探してもその姿は見つからない。

幸いなことに、就寝中、悪夢は見ずに済んだ。現実には、いつ何時、ソイツの死体と出くわさないとも限らないが。
 ・関連記事殺虫剤と小児白血病(幸せテディベアのモノローグ)
窓の防虫対策
FC2 Blog Ranking

今日のつぶやき。日記

アール・ヌーヴォーからアール・デコ、華麗なる休日~その2 

アール・ヌーヴォーからアール・デコ、華麗なる休日~その1の続きです。

展覧会を見終わって、いつもの様にカタログを購入。
そして、売店に何冊も置かれていた関連図書の中から、今回は展示されていなかった香水瓶もいろいろ載っている「魅惑の香水瓶~コティとラリックの物語」を買うことにし、さらに展覧会グッズを見てまわりました。

すると、面白いものを発見!

「ミントケース」と書いてあります。ちょうどFRISKのケース大、そしてドーム兄弟作『スミレ文花器』のデザインが施された非常に綺麗なケースです。中身(ミントのタブレット)をこれに移し変えるのではなく、もともとあるケースにはめ込み、使うようです。

ジャスト1,000円で、迷わず購入しました。

この花器の
スミレ文花器1
  ↓
赤い線でくりぬいた部分の図柄
スミレ文花器   スミレ 白バック
で、縁とサイドが金色のメタルです。

プラスティックの、特に面白みのないFRISKのケースが、華麗に変身

絵の付いている部分はガラス風に加工されていますが、重くはありませんし、これを付けていても、ケースの上の部分をスライドさせて中身をきちんと取り出せるので、使いづらくもありません。
見た目は、素敵なピルケース。

電車の中で、これを取り出したときの、周りの反応が楽しみです。

 ・関連記事クリムト展とアール・ヌーヴォー展
      昔なつかし和み味
FC2 Blog Ranking

絵画・美術学問・文化・芸術

アール・ヌーヴォーからアール・デコ、華麗なる休日~その1 

7月の京都島屋を皮切りに、その後、名古屋タカシマヤを経て、現在は横浜島屋で開催中の展覧会

ガレ・ドーム・ラリック
 アール・ヌーヴォーからアール・デコへ~華麗なる装飾の時代

さっそく出かけてみました。
先に、見終わっての感想を記して起きますが、今まで何度か足を運んだこの美術館の展覧会の中では、
田中一村展以来の、出色の企画展で、行ってよかったと、つくづく思う、見ごたえのあるものでした。

実を言うと、出かけるまで、行こうかどうか迷ったんです。エミール・ガレ(Émile Gallé )、ドーム兄弟(Auguste DaumとAntonin Daum)、そしてルネ・ラリック(René Lalique)の作品は、今までに何度か目にしてますので「何を今更」という気持ちがあったのです。

ところが、自分の知らない世界が、そこにはありました
特に、エミール・ガレの作品は、小規模の展示会でよく見るお馴染みのランプや、色ガラスに花模様の花瓶だけではない彼の作品の多様性に触れることができました。
例えば、手書きで描かれた模様や風景画の繊細さが引立つ、透明なガラスの作品。そして、魚や昆虫、植物が生き生きと描かれたジャポニズムデザインの作品。器の形も凝っていて、この図柄にはこの形しか合わない。と思わせる完成度の高さに目を奪われました。

展覧会のタイトルに、その人の名は入っていませんが、
ティファニー(Louis Comfort Tiffany)の花器も数点展示されていて、そのモダンさと大胆なフォルムに圧倒されました。アンティークという感じがしないのです。
彼はエミール・ガレより2歳若く、ドーム兄弟よりも5歳以上年上、つまり同時期に、フランスと米国という違いはあれど、これほど斬新なデザインが作り出せたとは、ティファニーの才能に、ただただ驚くばかり。

展示品は、ガラス器だけではありませんでした。扇が数点、洋服の展示、メイク道具、さらに、美しいジュエリーの数々も、目を十二分に楽しませてくれました。

嬉しかったのは、アール・デコ時代のビーズのバッグと共に、
ジョルジュ・バルビエ(George Barbier)のモード画が5点展示されていたこと。バルビエのイラストは、仏文学者の鹿島茂氏が、コレクションしているそうですが、私も好きなんです。
 ・参照永遠のエレガンスを求めて~ジョルジュ・バルビエ画集

さて、展覧会の最後に私を待っていたのが、
ラリックがデザインした、コティ他の香水瓶たち。当時の香水のポスターも数点展示されていたんです。
わ~、これは必見ですね。
一つ一つ眼に焼き付けるようにじっくり見ていったにもかかわらず、それだけでは満足できず、もう一度初めから見直したんです、私。

コティのあの独特の四角い香水瓶
 ・参照画像コティの香水瓶

それが6本セットになったケース入りのものや、瓶を入れるデザインの凝った小箱など、今まで見た記憶の無いものも多くありました。
現代に生きる私が、これほど心酔するのですから、当時の女性達は、小さくて、美しいガラスの香水瓶、いわば小さな芸術品に、どれほど憧れを抱いていたことでしょう?
それを手にする時の喜びは?
それを誰かにいただいたら?

想像力という翼を使って、20世紀初頭、アール・デコの時代に戻れそうです。
 ・参照今後の開催地(ポーラ文化研究所)

 ・関連記事クリムト展とアール・ヌーヴォー展

つづく
FC2 Blog Ranking

絵画・美術学問・文化・芸術

我輩は悩める患者である~ケース2 

我輩は悩める患者である~ケース1 に引き続き、今回も歯医者の話。

十数年前からかなり長い間、ある歯科医院に通っていた。そこは、院長が一人で患者を診察する。院内にはリラックス効果がありそうな音楽が静かに流れ、待合室は、花柄の落ち着いた壁紙におしゃれでモダンな椅子、そして大判のリトグラフ。歯科医院らしさを微塵も感じさせず、行くのが楽しみになるほど居心地のいい空間だった。治療室は3つあり、それぞれ一台ずつ治療台が置いてある。院長と一対一でじっくりと、治療法や処置方法についての話ができ、たまには世間話などもできて、私にとっては理想的な歯科医院だった。もちろん、院長に対し、全幅の信頼を置いていた。

ただ、気になる点が。

一つは、歯に金属などをかぶせたり、あるいは差し歯にする場合、保険のきかないものは決して使ってくれないのだ。接着剤からして異なるそうで、長い目で観ると、保険のきく粗悪なものは、付けても意味がないという考えの持ち主だった。院長を信じきっていた私は、言われるまま、金額が張るセラミックの差し歯や金のかぶせものを次から次へと付けてもらった。

そして、気になるもう一点は、院長はプロ意識が強く、大変に熱心で、それは大変喜ばしいことなのだが、てきぱきと仕事をこなしたいと思うあまり、歯科助手の女の子達に対し、動作がのろいとか、照明の当て方がまずいと言っては、しばしばカミナリを落とし、ののしりまくるのだ。それが、患者の見ていないところでならいい、患者が口をあけて治療を受けている最中でのことなのだ。

「そんなに怒って、手元が狂わないのだろうか?もっと冷静に治療をして欲しい」
「歯科助手の子達がかわいそう」

と思うほど。
当然の事ながら、歯科助手や受付の女性が、次々と変わっていった。

それでも、院長の歯科医としての腕が評判になってきたのだろうう。患者が増えて、次第に院長とじっくり話をできなくなってきた。その日の治療が終わると、こちらがお礼を言う間もなく、あとは歯科助手に任せ、別の治療室で待っている患者の元へさっさと行ってしまうのだ。

ある日の事。治療が一通り終わり、お会計の際、受付の女性に

「次回の治療はいつになさいますか?」

と聞かれた。治療が終わったはずだし、歯科助手に「終わりです。」としか言われていないので、次は何をするのかと尋ねると、

「マウスピースの型を取ります。」

マウスピース?マウスピースのことなんて、今まで全く聞いていなかったし、その目的もわからない。
この日、この時、院長に対する信頼感が完全に消え去った。


あの日から何年かたった現在、セラミックの差し歯の一つは、神経のあった辺りに炎症がおきた時、差し歯を取らないと治療ができないために外し、今は保険のきく素材で作った差し歯が入っている。金のかぶせものも、虫歯ではずれ、今はやはり保険のきく素材のものへ。

結局、自費で作った差し歯もかぶせものも、それほど長持ちしなかった。
FC2 Blog Ranking

美容・健康・アンチエイジングヘルス・ダイエット

我輩は悩める患者である~ケース1 

今日は、実に珍しい歯科医と遭遇した。何年かぶりに行った歯科医院でのこと。数日前から時々前歯に鈍痛を感じ、しかもその歯をよ~く見たら部分的に欠けている様に見えたので、その旨を歯科医に伝えた。その歯を見た歯科医は、私に尋ねた。

「欠けた部分を治したいんですか?それとも痛みを取りたいんですか?痛みを取るには神経を抜くしか方法がないですよ。」

いきなりこれである。レントゲンも取らずにそう断言した歯科医に出会ったのは初めてだ。一回の所見で、何を根拠にそんなことが言えるのだろう?私は、先ずレントゲンを取り、見えない部分の状況を見てから判断してくれと要求した。それが常套の手順のはずだ。

今まで通っていた歯科医院では、前の担当医が辞めたことにより担当医が変わり、運悪く不愉快極まる医者に当たってしまったため、今回再びこの歯科医院に来たと言うのに、このザマだ。その不愉快極まる医者は、その衛生意識の欠如に嫌気が差した。

虫歯の治療中、詰め物の仮歯をはずし、出来上がった銀歯の具合を見ようという時、仮歯をはずした後に洗浄や殺菌をしないまま、いきなり銀歯をはめだした。そして、はずして、歯の残っている部分に合うように、研磨していくのだが、何度かその作業を続ける途中、その銀歯を私の顔に落としたこともあった。しかし、そのまま口の中へ。いらいらしたが、もしこちらが切れたら、逆切れして、何をされるかわからない。そこで口に出かかった言葉をぐっと飲み込み、我慢に我慢を重ね、もうこれで研磨は終わりかなという頃合になってやっと私は口を開いた。

「すみませんが、銀歯を接着する前に、殺菌や洗浄はしていただけるんですよね。」

「もちろんしますよ。」

私がそう言ったことで、洗浄をかなり丁寧にしてくれたようだ。しかし、そうしてもらわなかったら、口の中に残っていた雑菌が、新たな虫歯の原因になったかもしれない。私の顔に付いた雑菌が混入して、何か大変なことになっていたかもしれない。最近は、歯茎の部分から細菌が混入し、重篤な病気にかかってしまうケースが多いようだから。お~怖い怖い。

さて、今日出遭った珍しい歯科医の方だが、出来上がったレントゲン写真を見、

「見た限りにおいては、虫歯はなさそうです。100%そうだとは言い切れませんが。」

そこで私は、痛みの原因が、知覚過敏によるものではないかと聴いてみた。すると、

「その可能性は大いにありますね。歯茎が少し後退していて、痛みが感じやすいのかもしれない。その場合、コーティングするという手もあるんです。」

おかしいではないか。痛みを取るには、神経を抜くしかないと、さっき断言したではないか。
帰宅後、ネットで調べ、知覚過敏の場合、レーザーを当てる療法もあることを知った。

結局、今日は、薬剤を塗ってしばらく様子を見ることに。

よくよく考えてみると、何らかのきっかけで歯の表面の一部が破損し、象牙質がむき出しになり(歯がかけている部分)、その結果、知覚過敏になったと判断するのがよさそうだ。

それにしても、レントゲンでの診断をこちらが要求し、知覚過敏の可能性を言い出さなかったら、どんな判断が下され、どんな治療を受けていたのだろうか。しかも、知覚過敏の原因を結局自分自身で導き出した。誰か私に診断料を払いたまえ!
FC2 Blog Ranking

健康、美容、ダイエットヘルス・ダイエット

Internet Explorer7の修復で高速化 

前の記事 遂に私も仲間入り後、一夜明けて今日、IE7(Internet Explorer7)の修復に成功しました。

古いバージョンを使用している場合は、アップグレードすることにより、前の記事でコメントを下さったケトルさんのように、それだけで解決するわけですが、すでにIE7を使用している私の場合、一度アンインストールした後に、再度インストールしなければならないのかと思っていました。

その場合、何年もかけて集めて整理整頓してある「お気に入り」や「フィード」をブックマークしなおさなければならないんだろうなと、その部分がひっかかって、Firefoxに乗り換えたのです。

Firefoxは、確かにスムーズです。しかし、IE7に慣れていただけに、不便な点が諸々。
例えば、私はいつも左端に、「お気に入り」「フィード」「履歴」をサイドバーで表示させて使っていますが、Firefoxの場合、「お気に入り」にあたる「ブックマーク」と「履歴」とを切り替えるのが、IE7ほどスムーズではなく手間が掛かり、しかも「フィード」は独立していない。

そして致命的だったのは、iTunesをサイト上から開くことができないのです。RealPlayerやWindowsMediaは問題なく開きましたが、iTunesが開かないのは不便。それができるようになる無料ソフトがありますが、そんな風にFireFoxのために新たにソフトをどんどんインストールしていったら、空き容量が減っていって、動作もいずれ鈍化しそうで心配です。

そこで、IE7の再インストールを考え始めました。「お気に入り」はFirefoxにインポートしてあるので、仮に以前の「お気に入り」が消失したとしても大丈夫です。

「エクスプローラー、再インストール 」と入力して検索し、何行目かに出てきたのが
Microsoftのサポートオンライン
IE6の場合と、IE7の場合とをそれぞれ分けて説明してあり、IE7の場合は[リセット] することにより、修復が可能なことがわかりました。

試してみると、「お気に入り」も「フィード」もそのまま残り、しかも、スイスイ使えます。以前使用していたようにホームを設定し直し、googleツールバーを入れ直して完了。
ただ、googleツールバーをインストールしたにもかかわらず表示されないというトラブルはありましたが、
googleヘルプに従い、すでにあるツールバーの「ツール」→「アドオンの管理」を開き、[無効]になっていたgoogleツールバーを[有効]に治して解決。これで今まで通り使えます。

再インストール方法は
 ・こちらInternet Explorerを再インストールまたは修復する方法

それなら、初めからそうしておけばよかったのに。となるわけですが、この機会に、FirefoxやSafariで見た場合にもデザイン的に乱れがないようにブログを手直しできたのが収穫でした。
FC2 Blog Ranking

今日の出来事日記

遂に私も仲間入り 

もうグッタリです。

最近、IE7の速度が鈍化して、ネットに載っていた方法で、余分なものを削除したり、整理したりしていたのですが、どうやら余計なことをしてしまったようで、今まで以上に動作が鈍い。
メモリーを増設するとか、インストールし直すとか、解決策はまだまだあるのでしょうが、私は他の方法で解決することにしました。

WindowsのIE7からFirefox3へ乗り換える。

やってみたら、スイスイ。気持ちがいいですね。
ただ、それでもカスタマイズが必要で、お気に入りの微調整をし、ブログの方もFirefoxで手直ししました。
両サイドのスペースに入る文字数が異なるため、カタカナを全角から半角にしたり、今までFirefoxやSafariでは表示されていなかったタイトルバック横に画像を挿入させるなど、細かい手直しを、一つ一つチェックしながらの作業で、だいぶ疲れました。

もう寝ようっと。

その後Internet Explorer7の修復で高速化 
FC2 Blog Ranking

今日の出来事日記

二人のドキュメンタリーと2冊の本~その3 

  • [2008/09/02 00:57]
二人のドキュメンタリーと2冊の本~その1、 二人のドキュメンタリーと2冊の本~その2
の続きです。

ヴィスコンティの小説「アンジェロの朝」と共に思い出したのが、
エディット・ピアフが、その恋人 マルセル セルダン(Marcel Cerdan)と交わした手紙を収録した一冊
ピアフ愛の手紙~あなたのためのあたし」。

平たく言えば、二人のラブレター
二人が当時不倫関係にあり、しかもセルダンが飛行機事故死してしまった。という事実を知っている者としては、この愛の不幸な結末を全く知らずに、相手を思いやり、やさしい愛の言葉に充ちた二人の手紙に、胸が締めつけられるような思いです。掲載されている自筆の手紙も、悲しみを増幅させます。

彼女の生涯を、Wikipediaで確認してみると、
 ・こちらエディット・ピアフ

最愛の恋人 セルダンを亡くして2年後の1951年に、彼女は自動車事故に遭い、その後は深刻なモルヒネ中毒に苦しんだ。とあります。
痛み止めのモルヒネを断続的に投与した結果なのでしょうが、恋人を失った心の傷もいえないまま、今度は自分が自動車事故に遭ってしまい、恋人をあの世に連れ去った「死」への恐怖が彼女に取り付き、その不安定な精神状態がモルヒネを欲し、中毒になってしまったのではないかと、つい邪推してしまいます。ところが、彼女は翌年、歌手のジャック・パルと結婚しています。
そのあたりのことを、映画もしくはドキュメンタリーで取り上げてくれていたら嬉しいです。

さて、この本の何通ものラブレターを読んでいくうちに、当初の好奇心が影を潜め、ある感情が私の中で芽生えてきます。私という第三者が人の恋文を読むことに、のぞき見をしているような罪悪感を覚えずにはいられなくなるのです。ラブレターが一方通行ではなく、往復書簡として掲載されていることで、さらにそう感じるのかもしれません。そして、毎回出てくる愛の言葉にだんだん飽きてくるのです。自分の愛する相手から送られてきた手紙であれば、どんな言葉でも、たとえ同じ言葉だったとしても嬉しいだろうと思うのですが、他人にしてみたら、どうということもない言葉なんです。

ですから、一気に読む。というタイプの本でないことは確かです。この本を時々手に取り、二人の言葉から、二人の愛の深さを読み取り、一人の恋する女性、肩書きの取れた素のエディット・ピアフを感じ取る。そんな風に読むのがいいのかもしれません。
 ・参照エディット・ピアフ 関連品
FC2 Blog Ranking

読んだ本。本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。