ユーロ2008 決勝 

さぁ、あと4時間足らずで始まるユーロ2008(欧州選手権)の決勝戦。
どんな試合になるのか?
スペイン、ドイツ どちらが勝つのか?

その結果は神のみぞ知る。
 ・参照ユーロ2008公式サイト

もう寝ます。
FC2 Blog Ranking

欧州サッカー全般スポーツ

「赤毛のアン」>「長くつ下のピッピ」 

一つ前の記事(「赤毛のアン」切手 ゲットする )にコメントをくださった、
lemonodasosさんへのお返事を書きながら、思い出しました。

少女時代に「赤毛のアン」を読まなかった私が憧れていた主人公。
それは、「長くつ下のピッピ」だったなと。

長くつ下のピッピ」は、スウェーデンの児童文学作家 アストリッド・リンドグレーン(Astrid Lindgren)が、小さい娘にせがまれて作ったお話です。
ある日、娘カーリンが、「あしながおじさん(スウェーデン語でPappa Långben)」を「長くつ下のピッピ(Pippi Långastrump)」と言い換えて、その女の子のお話をして、と母親のアストリッド・リンドグレーンにせがみました。そこで毎晩、娘が喜ぶようなピッピのお話を作っては聞かせ、やがて、その奇想天外な楽しいお話をまとめて、一冊の本を出版するに至ったのです。
 ・参照平成18年度「子どもの読書に関する講座-池田正孝氏 公開講座」より

子供時代に、この本を読んだ私は、
父親が船長で旅に出ているため、たった一人、馬やチンパンジーと一緒に自由気ままに暮らしている元気な女の子、ピッピに夢中になりました。
普通の子から見ると、随分と変わった境遇と暮らしぶりで、学校には行かないし、大人の言うことも聞かない。だけど、どんなトラブルだって解決しちゃうし、何でも一人でやり遂げてしまう魅力的な子なんです。だから、そんな彼女が大好きで、憧れていたんです。

本を読んで暫くして、「長くつ下のピッピ」のドラマがNHKで放送されました。自分が読んでイメージしていたピッピと、ドラマの中のピッピとは多少違うなと思いながらも、このドラマも好きになり、特に、主題歌がお気に入りでした。ピアノのレッスンの帰り、妹と一緒にスキップをしながらこの歌を歌って帰宅したのを未だに覚えています。

その歌、聴くことができるんですよ。3年前にDVDボックスが発売され、その公式サイトで流れてます。
 ・こちら「長くつ下のピッピ」DVD公式サイト

3年前の2005年が、ピッピ誕生60年だったのですね。ということは、今年で63年。出版100周年の「赤毛のアン」よりは、約40年若い。
原作者アストリッド・リンドグレーンは、2002年、94歳でお亡くなりになられたそうです。ということは、ご存命だったら100歳。
ピッピのことを思い出したこの機会に、もう一度ピッピを読んでみようかな!と今、思い始めています。
 ・参照Opportunity Swedenより
     アストリッド・リンドグレーン(Wikipedia)
     長くつ下のピッピ(Wikipedia)
     長くつ下のピッピ(amazon)

 ・関連記事ピッピ生みの親の半生(幸せテディベアのモノローグ)
FC2 Blog Ranking

読書小説・文学

「赤毛のアン」切手 ゲットする 

以前お知らせしました「赤毛のアン 記念切手」。さっそく郵便局で買ってきました。
 ・参照赤毛のアン切手 発行(過去の記事) 

こちら。画像をクリックすると拡大画面へ。
アン切手


自分用に2枚、そして姪達にあげようと、プラス1枚。
アニメの「赤毛のアン」を見たことがない私。切手の絵をじ~っと見ているうちに、思い出したことが。

そういえば、「赤毛のアン」の絵皿を、私持っていたんだった!

今まで忘れていました。

何年前の事でしょう?セブンイレブンのパンやデザート類にポイントシールが付いていて、それを貯めると絵皿がもらえたのです。たしか期限を3回ぐらいに区切って、回ごとに異なる絵皿をプレンゼントしていました。最初はラスカルの絵皿で、あまり興味のなかった私は、貯めていればかなり集まったであろうポイントシールを、パンの袋ごと捨てていました。
しばらくして、セブンイレブンのレジ前で順番を待っていた時、何気なく目をやると、店員さんの後ろの方に、赤毛のアン絵皿の見本が飾られているのを見つけたのです。

「あっ、可愛い!  これ欲しい!」

それ以来、お昼時や夕方小腹がすいた時などに、せっせとセブンイレブンに通い続け、期限が近づくと、デザートやパンを買いあさって、ポイントを貯めていきました。

そうやって、やっと手に入れた絵皿が2枚。
家に飾っていたものの、いつの間にか、皿の前に物を置くようになってしまって、今では全く見えなくなっていました。

「赤毛のアン」好きの方は、私の様に、ポイントを集めたのでは?(ちなみに、当時はまだ「赤毛のアン」の世界を知りませんでした)

どんな絵皿か見たいですか?

果敢にも、スキャナーで絵柄をスキャンしてみました。
蓋が閉められないので、光が入ってしまって、綺麗ではないですけど。
 ・こちら赤毛のアン絵皿 その1
     赤毛のアン絵皿 その2


ところで、記念切手に話を戻して、今後発売予定の切手を確認してみたところ、
「はろうきてぃ」グリーティング切手が、7月23日(水)から発売されるようです。シール式で50円切手と80円切手の2パターン。
こちらも欲しいですね。
 ・参照日本郵便 切手&グッズ
     
FC2 Blog Ranking

文学・小説小説・文学

スナイデル情報 

今日もユーロ2008の話題です。圧倒的な強さを見せるオランダチーム。このチームを倒せる国があるのか?と思えるくらい、W杯の優勝チーム イタリア、そして準優勝チーム フランスをものの見事に打ち負かしましたね。

どの選手も人並みはずれたテクニック、サッカーセンスを持っていて、その実力をいかんなく発揮している。しかも、選手間の連携がすばらしい。2試合とも点差をつけての勝利。
この勝ちっぷり、気持ちがいいですね

中でも、2試合連続のマン・オブ・ザ・マッチを獲得した
ヴェスレイ・スナイデル(Wesley Sneijder)の活躍ぶりを見て、すっかりファンになりました。
 
W杯や前回の欧州選手権で、途中交替という形でプレイを見た記憶がありますが(追記:W杯ではスタメンで出ていたようです)、当時は特別印象に残る選手ではなかったと思います。昨シーズン、アヤックスからスペインのレアル・マドリードに移籍し、才能が磨かれたのか?

彼の情報を集めていたところ、Wikipediaの日本版にいろいろ載っていますし、さらに自身の公式サイトを開いていることを知ったんです。

・憧れていた選手は、レアル・マドリードのチームメイト
 ラウル・ゴンザレス
・好きな食べ物が日本料理。

なんてことも知りました。
そして、 Picture Galleryの中にあるPersonal Galleryには、奥様ラモナさんとの結婚式の写真もありましたよ。

余談ですが、フランスvsオランダ戦で、フランスで唯一のゴールを決めたティエリ・アンリ(Thierry Henry)の憧れの選手は、オランダチームの監督、マルコ・ファン・バステン(Marco van Basten)だったのですよ。ご存知でしたか?
大好きだった選手が監督を務めるチームと戦う。しかも大敗するというのは、どんな心境なんでしょうか?
 ・関連記事アンリは語る(幸せテディベアのモノローグ)

さて、話を戻してスナイデル。早くもマンチェスター・ユナイテッドが、獲得選手として興味を示しているという情報も入ってきています。その前に、ユーロの決勝トーナメントでの活躍、大いに期待しています。
 ・参照スナイデル(Wikipedia)
     スナイデル公式サイト

 ・参照スナイダー?スナイデル?それともスネイデル?
FC2 Blog Ranking

欧州サッカー全般スポーツ

ユーロの合間にカカの赤ちゃん 

6月7日に開幕したユーロ2008(欧州選手権)。連日のテレビ観戦で、ブログの更新がままならなくなっています。

AFP BBニュースの記事を使って簡単に更新ができる
第2ブログ(幸せテディベアのモノローグ)の方が、更新頻度が高くなりそうです。
先日も、ユーロ2008、女性が選ぶイケメン選手という話題を取り上げました。

イケメンサッカー選手といえば、忘れてならないのは、あの選手。このユーロ2008には出場できないけれど、ブラジル人選手にして、イタリアのACミランで活躍中の
カカ選手。
6月10日、第一子が誕生したそうです。
写真が載っているサイト(McAfee SiteAdvisor検査済みサイト)のリンク、貼り付けておきます。
 ・こちらSee The Cup.com
     
カカが結婚したニュースは、以前このブログでも取り上げました。
 ・こちらクリスマス休暇の過ごし方 

美男美女のカップルで、お子さんが成長したら、かなりのイケメンになりそうじゃないですか?
FC2 Blog Ranking

サッカースポーツ

やっと見つけた 折りたたみ傘 

とうとう梅雨入りしてしまいましたね。

そういえば私、子供の頃は大嫌いだったけれど、今はとても好きなことの一つが
折りたたみ傘を畳む なんです。
もともと面倒くさいことが大嫌いで、子供の頃は手先が器用なほうではなかったので、使った折りたたみ傘を畳むのが一苦労でした。適当に折って、くるくるっと丸めて袋に入れようとすると、なかなか入らずやり直したり、きちんと畳もうとすると、あらかじめできている折り目が妙に気になり始め、そこで折ろうとするけれどずれてしまって気になったり…。もう大仕事って感じでした。
ですから、子供の頃は、なるべく折りたたみ傘を使わないようにしていたんです。

不思議なことに、大人になってからは、そういうことが面倒ではなくなり、むしろ楽しく感じるようになりました。

今や、いつ何時雨が降り出しても大丈夫なように、外出時には必ず折り畳み傘を持ち歩き、傘を使った後に駅や建物に着くと、手早く折りたたみ、さっと袋に入れてしまいます。
家に帰ってから、濡れた傘を玄関付近に広げて乾かして、乾いた傘を再び折りたたむのが、また楽しい一時。

ここ10年くらい、お気に入りの1本、同じ折りたたみ傘をず~っと使い続けているのですが、
軽量で使い勝手も良く、おちょこになることもなく、これ以外の傘は使う気がしません

さて、私の使っているお気に入り傘、コレなんです。
と言っても、実は色は異なり、私のはグリーンです。

買ったものではなく、いつの間にか家にあり、「軽いから」というだけで使い始めた傘ですが、コンパクトでバッグに入れておくこともできるし、といって壊れやすいわけではない。10年間使っていますが、未だに壊れていない。そして、自動開閉ではないものの、一回でパッと開いてくれる。昔の折りたたみ傘は、きちんと開いてくれなくて、難儀しましたよね。
重さを量ってみたのですが、155g。長さは18センチでした。

それで、何故タイトルが『やっと見つけた 折りたたみ傘』なのかといいますと、この傘、家には一本しかなく私が使っていますが、両親にも同じものを持たせてあげたいなと思い、3年ほど前に、傘に書いてあった「CLUB PARIS」で検索してみたところ全く出てこなかったんです。その後も何度か試したけれどダメでした。それで、デパートやスーパーなどに立ち寄るたびに、折りたたみ傘売り場でこの傘を捜してきたのです。

でも、どこにもない。

半ば諦めていました。
ところが、入梅を機に、今回再びネットで検索してみたところ、あったんです!
CLUB PARIS スーパーコンパクトミニ傘

色は、画像を貼ったベージュの他に、ブラック、ネイビー(青系)があるんですね。

私の持っているグリーンは?

いろいろ調べてみましたが、グリーンは売っていないようです。

ってことはヴィンテージ?
FC2 Blog Ranking

日々のつれづれ日記

地上波でユーロ2008放送 

地上波で、ユーロ2008の試合が見られるんですね!それを知ったのは、さっき。

日頃ブログでお世話になっているErba Vitaさんが、コメント欄に

「(ヨーロッパに住んでいた頃見ていた欧州選手権を、帰国したい今)wowowに入っていないので見れません」

と、書かれたのを読んだのです。
そういえば、土曜日に、TBSの「スーパーサッカー」をながら見していたら、
時々「Euro2008放送」というような文字が出ていたのです。「スーパーサッカー」で、ユーロの結果情報を伝えたり、ダイジェストを見せますよって意味なのかな?と思っていたのですが、
もしかしてと思い、公式サイトを確認してみたところ、

開幕戦のスイスvsチェコを始め、
 オランダvsイタリア
 イタリアvsルーマニア
 フランスvsイタリア もしくはオランダvsルーマニア

という具合にグループCの試合と、準々決勝から決勝まで、さらに総集編をTBSの地上波で放送することがわかりました。

WOWOWに加入していないから、試合が全く見られない!なんて諦めないでくださいね。
 ・こちら放送予定(TBS)

 ・関連記事ユーロ2008 各国代表メンバーチェック 
FC2 Blog Ranking

EURO2008スポーツ

赤毛のアン切手 発行 

赤毛のアン』の出版100周年を迎える今年。1月には、NHKで放送された特集番組を観て、それを記事にし
 ・こちら初めての赤毛のアン~その1

第2ブログの方でも、6月10日(火)に日本橋三越本店で始まる
赤毛のアン展~モンゴメリが愛したプリンス・エドワード島~」を取り上げました。
 ・こちら『赤毛のアン』出版100周年(幸せテディベアのモノローグ)


さて、新聞の朝刊に、嬉しい情報が載っていたのですよ。

6月20日(金)、「赤毛のアン」グリーティング切手を発行

日本郵便の公式サイトを覗いてみたところ、
「赤毛のアンを題材とした切手をカナダポストと共同発行」と出ていました。

1シート10枚組の切手の内、2枚がカナダでデザインされたもの。そして残りの8枚が、アニメの「赤毛のアン」の原画を使用とのこと。
 ・こちらです赤毛のアン切手(日本郵便)

アニメの「赤毛のアン」を全く見ていない私ですが、これは欲しい!
 ・関連記事「赤毛のアン」切手 ゲットする 
 ・参照「赤毛のアン」関連商品(amazon)
     日本郵便 切手&グッズ
FC2 Blog Ranking

文学・小説小説・文学