スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking

パヴァロッティの「誰も寝てはならぬ」 

午後、偶然にも、BSジャパンで放送されていた「永遠のパヴァロッティ」を見ました。今年9月6日、腎不全により71歳で逝去したルチアーノ・パヴァロッティ(Luciano Pavarotti)その人の生涯、成功物語を、往年のステージの様子や本人のインタビューを織り交ぜながら映像で綴る番組でした。

ステージといえば、2006年のトリノ冬季五輪の開会式で彼が歌った歌劇『トゥーランドット』の「誰も寝てはならぬ」。フィギュアスケート、女子シングルで金メダルを獲った荒川静香さんがフリー演技で使用した曲としてすっかりお馴染みになりましたが、パヴァロッティにとって、あれが生涯最後の舞台になってしまったのでした。YouTubeで、その映像が見られます。
 ・こちら「誰も寝てはならぬ」(歌:パヴァロッティ)

あのあと、すい臓がんの手術を受け、何度も入退院を繰り返した後、最期は自宅でご家族らにみとられて亡くなられたとか。訃報を耳にした時は、とても信じられませんでした。
キング・オブ・ハイC(高音のドの音を、難なく美しく出せることから)と称えられたパヴァロッティは、三大テノールの中でも際立った存在でした。

ところで、プラシド・ドミンゴ(Plácido Domingo)、ホセ・カレーラス(Jose Carreras)と共に三大テノールと呼ばれるようになったのは、
いったい何時から、そして誰が最初に呼び始めたのでしょうか?

残念ながら知りません。しかし少なくとも
3人が初競演したのが、どの舞台であったかは知っています。


1990年の7月7日。ローマの古代遺跡カラカラ浴場。サッカーのワールドカップ・イタリア大会決勝戦の前夜祭のイベントとして、3人が一堂に会したのです。Wikipedia英語版によると、このコンサートで「誰も寝てはならぬ」を歌ったパヴァロッティは、その美声により世界にその名を知らしめ、一気にスターダムにのし上がったそうです。
 ・参照Luciano Pavarotti(Wikipedia英語版)

そういえば、2002年の日韓W杯開催時にも、三大テノールが来日し、コンサートが開かれましたよね。

さて、その1990年の歴史的大イベントの模様が、大晦日、WOWOWで放送されます。
放送日時:
12月31日(月) 午前8:30~10:00

これは、クラシック音楽ファンならずとも、見ておきたいもの。早起きする自信がない私は、録画しておいて、年明けにでも観たいと思います。
 ・参照パヴァロッティ追悼・3大テノールinイタリア1990(WOWOW)
    パヴァロッティ関連ニュース(AFP BBニュース)
    ルチアーノ・パヴァロッティ(Wikipedia日本語)
    パヴァロッティ関連品(amazon)
    パバロッティ関連品(amazon)
スポンサーサイト
FC2 Blog Ranking

TV番組テレビ・ラジオ

思いがけないプレゼント~その2 

出版社から送られてきた小包。
思いがけないプレゼント~その1の続きです。

送付伝票に書かれていた品名が香水だったのです。何で香水?と、首をかしげたのですが、小包に同封されていた手紙を見て、やっと納得。今年の9月ごろに買った本の帯に載っていた読者プレゼントに応募し、それが当たったんです。
その本とは、マリー・アントワネットの調香師

実在の調香師(香水商)ジャン・ルイ・ファージョンの生い立ち、香水商としての成功、マリー・アントワネットとの交流そしてフランス革命で投獄され、遂には健康悪化により生涯を閉じたその人の一生を、著者エリザベット・ド・フェドーが数多くの古文書を基に書き上げた一冊です。本書の中には、映画「マリー・アントワネット」にあった着替えのユニークなシーンも登場します。
王妃の着替えまでもが儀式であった当時、シュミーズを王妃にかぶせようとしていたところに高位の女官が部屋に入ってきたため、その女官がシュミーズを受け取り、かぶせようとすると、さらに高位の女官が入ってきたため、その女官が受け取り…寒さにぶるぶる震えていた王妃は悪態をつく。というシーンです。こういった宮廷の様子も垣間見られるこの本、一気に読んでしまったことを覚えています。

さて、出版元 原書房から送られてきた香水とは、昨年2006年に、資生堂から限定販売されたローズ・ロワイヤル。そのオード・パルファンでした。
 ・画像はこちらローズ・ロワイヤル

フランス・グラース産のロサ・センティフォリア種のバラからとったローズ・オイルをベースに作られた気高いバラの香り一杯のオード・パルファンです。これこそバラの香水!と思わせる香り。複雑な様々な香りのするパフューム、オード・パルファン、オード・トワレに慣れていた私には、むしろ新鮮で、若くてフレッシュな乙女に似合いそうな香りだと思いました。

思いがけない、嬉しいクリスマスプレゼントでした。



DVDレコーダーの故障で、「運が悪い年末」となっていたところ、逆転ホームランのようなプレゼント。普段、くじ運がものすごく悪い私にとっては、信じられないような当選です。
2007年はまだあと1週間ほどありますので、その間に、また嫌なことが起きるかも知れませんが、その嫌なことも、バラの香水が忘れさせてくれるでしょう!
FC2 Blog Ranking

日記日記

思いがけないプレゼント~その1 

テレビ観賞1年末年始は、いつもテレビ漬けの私。この連休中も、HDDに貯まりに貯まった番組を見ようとDVD機の電源を入れて真っ青になりました。

DVDが起動しない!

プラグを抜いて電源を入れなおしてもダメ。時間を置いて再び試してもダメ。完全にアウトです。
3年前に家電量販店で購入したこのDVD機。BSデジタル・CSデジタル・地デジのチューナー内蔵のハイビジョンHDD-DVDレコーダーで、これだけ多機能なものは、当時はこの1機種のみでした。自分の部屋用に購入したもので、居間にあるもう1台のDVD機にはHDDが付いていないため、録画はほとんどこれで行っています。

デス妻をはじめとする見逃したくない連続ドラマ数本や、「迷宮美術館」、「ぴあのピア(参照休日の音楽)」、「cool japan」は毎週。さらに1ヶ月の番組表を見て、これは!と思うドキュメンタリーや映画など、かなりたくさんの番組を予約してあります。録画したものすべては見きれていない上、すでに見た番組も、保存しておきたいものをそのまま、あるいは一部編集してHDDに残したままになっているので、番組がどんどん貯まっているんです。HDDの容量にまだ余裕があるはずなのに故障してしまうなんて!
修理に出して、録画されているものがすべて消えてしまったら…

怖い…

お店に電話をしてみたところ、5年保障期間中のため、郵送もしくは直接お店に出向き、修理依頼の書類を提出すると、出張修理に来てくれるとのことでした。そこでさっそくお店に出かけ、お願いしてきました。そこで言われたのは、やはり「場合によっては録画してあったものが消えてしまう可能性がある」ということ。
それもやむをえないとわかっていても、「ハプスブルク帝国」が消えちゃうとか、見ていなかった何本分かの「ぴあのピア」が~ などど、往生際の悪い私です。

あ~あ、運が悪いのなんのって。「これから見るぞう!」という時に。


夕方、小包が届きました。差出人は出版社。本の注文をしたわけではないし、品名が出版社とはまったく関係ないものだったので、首を傾げてしまいました。
「なんじゃコレ?」
   
     つづく
FC2 Blog Ranking

とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)日記

シャンパン選びの助っ人 

  • [2007/12/16 12:15]
クリスマスに無くてはならないものは?

真っ先に思い浮かべるのは、ケーキでもプレゼントでもなく、
私の場合 シャンパンですかね。
こんな風に書くと、かなりいける口かと思われてしまうかもしれませんが、好きな割りに、たくさん飲めないんですよね、実は。

早いもので、今年もあと10日程でクリスマスですよ。先週、本屋でいいものを見つけたんです。
「今年はどのシャンパンを買おうかな?」と悩んでいた私にはグッド・タイミングな、いい本があったんです。

超シャンパン宇田川悟氏 著の超シャンパン入門。新書サイズの940 円で、ページの半分以上がカラー刷り。紹介されているシャンパンは、すべて日本で購入可能なおすすめの101本。
本の中身をパラパラ見て、即決お買い上げとなった一冊です。

そういえば、シャンパンって、誰もが知っている超有名な数種類しか知らないなということに気がつきました。それもそのはずで、レストランなどでシャンパンを飲むことはあっても、ボトルで注文することは皆無。たいてい食前酒として飲みますが、メニューにシャンパンの銘柄が載っているわけではないし(お店によっては載っているのでしょうが、選んだ覚えがありません)、お店の方に聞くわけでもありません。「このシャンパンおいしいね。」で終わっちゃうんですよね。回数は極めて少ないですが、パーティーで飲む場合は、私も良く知っている銘柄で、「こんなおいしいシャンパンがあるんだ! 覚えておこう!」とはならない。

ワインの場合、仮に知らないものでも、製造された地域やブドウの種類を見ることによって、ある程度、その性格付けができますが、
シャンパンは、知っているか知らないか。飲んだことがあるかないか。なんですよね。
ですから、自分のお気に入りをみつけるには、飲んでみるしかないのですが、選ぶ時にシャンパンを良く知る人のアドバイスがあったら、失敗する可能性が低くなるのでしょうね。シャンパンを良く知る知人を持たず、店頭で、ボトルのデザインだけで選んで何度か失敗した経験を持つ私には、この本が良きアドバイザーになってくれそうです。

この本では、著者おすすめの101本のシャンパンの内、特におすすめの31本が、ボトルや社屋の美しいカラー写真と共に紹介されています。そしてそれぞれのシャンパン・メゾンの歴史や、有名な愛好家や王室、昨今の評判などが、シャンパンの味・香りの特徴と共に語られています。さらに、残りの70本を含めたすべてのシャンパンの、使用されているブドウの種類、参考小売価格、輸入会社名と問い合わせ電話番号、サイトのURL、生産社名、サイトのURL、見学の可否などのデータまで、バッチリ載っているんです。至れり尽くせり。(残りの70本は、ボトルの白黒写真、特徴や特筆すべき事柄など簡単な説明、そしてデータが載っています。)

もちろん、以前ブログの記事にしたあの有名シャンパンも載っています。
 ・こちら幸せをくれるシャンパン(過去の記事)

本を読んだ後、気になるシャンパンの中から一つを、ネットで注文しました。本では触れていなかったロゼにしたんですけど、
*英国王室を始め、ヨーロッパの王家がことごとく愛でている
*ラベルに残る十字のマークは、家業を手伝う者の中に、マルタ騎士団のメンバーがいたから
*数あるシャンパンの中で、典型的なシャンパンともいわれている
シャンパンです。



答えは、
ランソン(Lanson)です。

ネットで購入者の感想を見て、好感触でしたし、値段も非常にリーズナブルでした。
また、どのお店で買うかネットショップのサイトを見ている時にみつけた「アニヴェルセル表参道」のランソン紹介の文章から、心躍るものを感じたのです。

「ほのかにオレンジ色を帯びたサーモンピンク、やわらかなバラの香りとフランボワーズの赤いフルーツの香りを持ち、爽やかで切れの良い酸味がバランスの良い味わいと長い余韻をもたらします。微かなピンク色が官能的な人気のロゼシャンパンです。」
 ・こちらランソン・ロゼ(アニヴェルセル)

期待が大きくなりすぎると、実際に飲んでみた時にがっかりする可能性もありますが、とにかく早く飲みたいですね。クリスマスイブが楽しみです。
 ・参照ランソン(輸入元のメルシャンワインによる公式サイト)

ついでに、ランソンのお膝元ランスにある、以前記事にした「美食」を専門とする教育機関の紹介
 ・こちらフランスを極める(過去の記事)

 ・おまけランソン ロゼ(Yahooショップ)
      ランソン ロゼ(楽天ショップ)
FC2 Blog Ranking

読んだ本。本・雑誌

消費生活センター、私の場合~その6 

話の続きがすぐには書けず、お待たせしました。
消費生活センター、私の場合~その1
消費生活センター、私の場合~その2
消費生活センター、私の場合~その3
消費生活センター、私の場合~その4
消費生活センター、私の場合~その5

プロバイダのカスタマーセンターからのメール「…何らかの補償を検討いたしております。」
にすっかり気を良くし、早く連絡来ないかな!来ないかな!と楽しみにしていたのですが、
2~3日たっても連絡来ず。社内で会議でも開いて検討してくれているのだろうと、こちらからは何も言わずにいました。

すると、消費生活センターの相談員の方が、心配して電話をくださったのです。
「どうなりました?」
「実は、梨のつぶてなんです。でも、こちらは待っているしかないんで。」
相談員の方は、
「では、こちらからも電話を入れてみましょうか?どうなっているのか気になりますから。」
そう提案してくださり、カスタマーセンターに電話をし、その後、結果報告のために再度お電話をくださいました。

「まだ補償の内容は決まっていないそうで、決定後、直接本人にお電話で内容を説明すると言っていました。」

私は、相談員の方にお礼を言うと共に、その日はちょうど弁護士が消費生活センターに来る日だったので、プロバイダ側がどのような補償を考えているかまだわからないけれど、私の件が法的にはどうなのか、弁護士に聞いてみてもらえないか、お願いしました。


さて、その法的に~ですが、
消費者契約法に抵触するのではないか。ということを、電話で教えていただきました。
先方が、故意にそうしたといえる証拠が必要だということですが、少なくとも、一弁護士がそういう見解を持っているということを、プロバイダに対し、メールででも告げておくのがいいのではないかと、相談員の方がアドバイスしてくれました。

そこで、早速メール送信。

これが効いたんです。このくらい即効性のある風邪薬が欲しいなぁ、と思うくらいすぐに。
メールを送った翌日、カスタマーセンターから電話が来ました。
補償どころか、私が望んでいた契約変更のキャンセルをしていただけることになったのです。
一件落着!

「今回は特別に~」と先方は言っていました。しかも、「お客様にご迷惑をおかけしまして、申し訳ありませんでした。消費生活センターの○○さんにもお電話いただきまして…」
と。

つまり、私のバックに消費生活センターがいなかったら、契約変更のキャンセルはしてもらえなかったということです。消費生活センターの影響力の大きさを改めて知り、お世話になった相談員の方への、感謝の念でいっぱいになりました。

もし、契約に際しトラブったり、商品の苦情を聞いてもらえなかった時、
消費生活センターに電話をかけてみることをお奨めします。何しろ、効果絶大なのですから。
 ・参照消費生活センター公式サイト

 ・関連記事調剤薬局の詐欺まがい行為にご注意を!~その1
FC2 Blog Ranking

日記日記

消費生活センター、私の場合~その5 

消費生活センター、私の場合~その1
消費生活センター、私の場合~その2

さらに
消費生活センター、私の場合~その3
消費生活センター、私の場合~その4

と、カスタマーセンターの担当者に「こちらも、消費生活センターや、弁護士に相談してみます。」と捨て台詞を吐いて電話を切ったのですが、
実は、消費生活センターに電話をする前、ですからカスタマーセンターに電話をする前になりますが、契約変更のキャンセルができないことにたいする不平を、メールで送ってあったのです。
電話をかけた時点では、まだそれに対する返事は来ていませんでした。

電話を切って暫くしてからプロバイダからメールが届きました。内容は、今までの一貫した「変更を無効にできない(つまり、契約変更したのだから、11月分から規定どおり、余分に支払いなさい)」から一転し、

「システムの都合上、元のプランへ戻すことができかねる状態ですが、何らかの補償を検討いたしております。補償内容は決定次第、ご連絡いたします。」

と、急に態度が軟化したのです。
これはどう考えても、私の捨て台詞「こちらも、消費生活センターや、弁護士に相談してみます。」が効いたとしか思えません。

嬉しくなって、消費生活センターの相談員の方に、それを報告しました。ところが…

   つづく
FC2 Blog Ranking

日記日記

消費生活センター、私の場合~その4 

契約変更に伴うトラブル、
消費生活センター、私の場合~その1
消費生活センター、私の場合~その2
消費生活センター、私の場合~その3

一度変更してしまったものをキャンセルすることはできないという回答に、どうしても納得できなかった私は、日曜日、思い切って
消費生活センターに電話をしてみました。(注意:今日、消費生活センターのHPで営業時間を再度確認してみたところ、いつの間にか土・日が定休になっていました。ちょっと残念ですね。)

今までの経緯を相談員の方に説明したところ、次の事を聞かれました。
 ・メールでのやり取りはあるが、カスタマーセンターに電話したことはあるのか?
 ・この件で、プロバイダに対し、どういうことまでを求めるのか?希望が通らなかった場合、最終的に告訴するつもりはあるのか?

電話は今までできなかったので、「していない。」と答えると、先ずは、電話でその件を話してみることをアドバイスされました。
告訴に関しては、「そこまでは希望していない。損失金額が告訴するほどの額ではないので。」と答えました。
金額は、たいした額では無いけれど、年割にするとお得だという言葉に半ば騙されて、それに気がついて変更を無効にしたいと申し出ているのに、それが通らないことが悔しいし、きちんと金額の内訳を確認しなかった自分に落ち度はあったけれど、向こうにも責任があると思う。と説明すると、相談員の方はこちらの心情を良く理解してくださり、2週間に一度センターに来る弁護士に、私の件が法的にはどうなのか尋ねてみてくれるとおっしゃってくださいました。心強い!そして、年割のお知らせメールと契約変更に関するメールのやり取り(つまり証拠)を消費生活センターに送る約束をしました。

電話を切った後、さっそくカスタマーセンターに電話を入れてみました。

しかし、やはり契約変更のキャンセルはできない。と言われました。中には、私のように一度契約変更をしたけれど、その後に支払い金額が増えてしまうことに気づき、契約開始日前にキャンセルした人もいたそうですが、私の場合は、契約開始日後の申し出なので駄目。だそうです。

相手を説得できそうに無かったので、「上の方にも、この件を検討してくださるようにおっしゃってください。」と懇願し、
「こちらも、消費生活センターや、弁護士に相談してみます。」と捨て台詞を吐いて、電話を切りました。
    つづく
FC2 Blog Ranking

日記日記

クリスマスのプレゼント 

  • [2007/12/01 11:20]
消費生活センターネタ(参照消費生活センター、私の場合)は、ちょっとお休みします。せっかく今日から12月ですので、
クリスマスネタを。

街は、もうすっかりクリスマスモードですよね。そこで私もブログをクリスマス仕様に衣替えしてみました。プロフィールのところにあるテディベアの画像に、サンタさんの帽子をかぶせてみたんです。画像合成のフリーソフトを使い、作成しました。テディベアの背景が白色だったら、もっと自然な仕上がりになったのでしょうが、初心者ゆえ、これが精一杯。ブログタイトルバックの画像も併せ、これでメルヘンチックになったでしょうか?

メルヘンチックといえば、毎年姪達にあげているささやかなクリスマスプレゼント。今年は、これを選んでみました。<姪達には秘密!>

彼女達がもっと小さかった頃は、よく絵本をプレゼントしていました。
絵本を読んで、楽しんでもらいたいという思いに加え、
私が子供の頃に読んだ思い出深いお話を知ってもらいたい。
ワクワクしたり、反対に悲しんだり、一冊の本を読んで湧き上がってくる様々な感情を体感して欲しい。
絵本を通して、世の中のルールや仕組みを知ってもらいたい。
今、自分たちの周りには見当たらないけれど、世界のどこかにある素晴らしい物や事柄が存在するんだってことを知ってもらいたい、想像してもらいたい。

と、まぁいろいろな願いを込めて、絵本を贈っていました。

ところで、数ヶ月前に友人から一冊の絵本をいただきました。


20071201102910.jpgそれは、ゆずちゃんのおはなばたけ(新風舎)。
友人の友人のご家族の方が書かれた本です。画像にはありませんが、帯にはこんな風に書かれていました。

みんながもっているのに
 せかいに ひとつしかないものって なあに? 
 いっしょに いこうよ、 ココロさがしの ちいさな たびに…

主人公ゆずちゃんが、お友達のちいちゃんに「わたしのココロはりんごみたいに真っ赤でハートの形をしているの。ゆずちゃんのココロはどう?」と聞かれたところからお話が始まります。ココロってなんなんだろう?どんな形でどんな色をしているものなのだろう?ゆずちゃんは疑問を解明するため、他の友達やお母さんに尋ねます。「あなたのココロの形や色は?」「ココロってなんなの?」

そして、お母さんとの会話の中で、自分が嬉しい時に、胸の奥の方にあるお花畑に、お日様が顔を出してくることに気がついたゆずちゃん。ココロとは気持ちが生まれてくるお花畑のようなところで、時には雨が降ることがあるけれど、世界にたった一つの、宝物のような自分のお花畑を大切にしていきたいと、ゆずちゃんは悟ります。

この絵本で語られていることは、とてもシンプルだけど、猥雑な日々の生活の中で、自分を含めた大人たちが忘れがちな大切なこと。そして、ピュアな子供の疑問「心とはなんなんだろう?」に対する、素敵な答え方を指南しているとも言えます。本屋でこの本を目にしたら、是非手にとって中身をご覧ください。

クリスマスに絵本を贈る。あ~あ、私も子供時代にもらってみたかったな!
 ・おまけこどもの本(amazon)
     クリスマスに贈りたい絵本(セブンアンドワイ)
     心を伝える本の贈り物(bk1)
 
 ・クリスマスの関連記事幸せテディベアのモノローグより
FC2 Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。