スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking

アズールとアスマール、美しき寓話 

先日、数ヶ月ぶりに映画を観にでかけました。下手をすると、1年の内一度も映画館へ行かない年もあるような私が、この映画だけは是非とも劇場で観たい。そう思った映画があったのです。

それは、フランスのアニメ映画「アズールとアスマール」

このタイトルをどこかで見た、または聞いたことがあるという方は少ないかもしれません。私が、初めてそのタイトルを目にしたのは、確か、読売新聞だったかと。数週間前に掲載された「今年の夏休み映画」の記事のなかで、大きくは取り上げられてはいなかったものの、試写を見ての記者(あるいは映画評論家?)2名の評価が、最も高かった作品でした。

そして、その作品の監督が、あのキリクと魔女ミッシェル・オスロ(Michel Ocelot)監督と知るやいなや、この映画を観てみたいという思いが湧いてきたんです。

そして、数日後に目にした、この映画の新聞広告。
20070728155749.jpgこの画像は、劇場に行ったときにもらってきたパンフをスキャンしたものですが、こういった美しいシーンが何枚も何枚も色つきで紹介されていました。それはまるでアラビアンナイトのようにエキゾチックで、モザイク模様のように美しく、私はすっかり心を奪われてしまいました。

少し映画の内容を。
アズールは、ヨーロッパの領主の子。母親がおらず、アラビア人の乳母に、その子供 アスマールと共に兄弟のように育てられます。しかし、アズールとアスマールは離れ離れになり、成人します。アズールは、一人で海を渡り、イスラムの国へ。ところが、アズールの美しい青い瞳は、その国では不吉の呪われた目でした。
その後アスマールと再会を果たし、2人は冒険の旅へ…。

登場人物は、このアズールとアスマール、そして乳母の他に、ユニークなキャラクターや、チャーミングなキャラクターが登場し、ストーリーに厚みを持たせています。2人の冒険の場面では、もちろんハラハラ、ドキドキも。

私は、渋谷のシネマ・アンジェリカという、収容人数の少ない、スクリーンも驚くほど小さな劇場で観たのですが、見始めてすぐにこの映画の世界に引き込まれ、一時も飽きたり、気が散ったりすることなく鑑賞しました。やぁ~、おもしろかった!

日本語版の監修、翻訳、演出は、高畑勲氏が手がけています。「キリクと魔女」をWOWOWで見たとき、字幕の方が数段良かったので、今回 字幕で観ました。

東京では、シネマ・アンジェリカの他に立川のシネマシティで上映されていて、他の都市でも
名古屋はシネマテーク
大阪はシネ・ヌーヴォ
兵庫はシネ・ピピア
福岡はシネテリエ天神
で、それぞれ上映予定です。是非、ご覧ください。

ちなみに、絵本アズールとアスマールも出ています。
 
 ・参照「アズールとアスマール」公式サイト
    上映劇場 情報
    シネマ・アンジェリカ 追加情報

「アズールとアスマール」DVD

[追記] 他の方のブログを見て知ったのですが、7月26日(木)付けの「ぴあ映画 満足度ランキング」で、この映画1位ですって!
 ・関連記事信じていれば、放送される?
スポンサーサイト
FC2 Blog Ranking

私が観た映画&DVD映画

続・理学療法士の有無!? 

昨晩書いた 理学療法士の有無!?の続きです。

サッカーにおけるフィジオセラピスト(理学療法士)の重要性について初めて知ったのは、2002年、日韓W杯後に見たドキュメンタリー「セレソンを追い続けた1年半 ジャーナリスト藤原清美」でした。その年のW杯王者となったブラジル代表ですが、W杯中にも度々映像で見ていたクールダウンのためのプールでの調整、あるいは基礎トレーニング時には30分ごとに各選手の採血をし、肉体のストレス度を確認し、その数値を基に、各選手に合ったトレーニングメニューに変更していくという徹底振り。これらを行っていたのが、医師ではなくフィジオセラピストだったのです。
 ・参照「セレソンを追い続けた1年半 ジャーナリスト藤原清美」(Zone)

才能の宝庫 ブラジル。しかし、それだけで王者になったわけではなかったのです。

ブラジルといえば、前日本代表監督のジーコ。ドイツW杯では、監督経験の浅さが目に付き、結果も散々でしたが、そのジーコも、中国で開催された2004年のアジアカップでは、日本代表を優勝させています。火鉢とも形容される暑い重慶での連戦にもかかわらず、日本代表のたくましい戦いぶり。今にして思えば、これは、当時の日本代表のスタッフの一人だったフィジオセラピスト リカルド・デ・オリヴェイラ氏が、いい仕事をしてくれた結果なのかもしれません。

ジーコのオフィシャルサイトに、世界中で活躍する友人に、ジーコが自ら質問するというインタビューが載っていて、リカルド・デ・オリヴェイラ氏のものもありますので、ご覧ください。
 ・こちらリカルド・デ・オリヴェイラ氏 インタビュー

さて、フィジオセラピストの存在を重要視しているのはブラジルだけではなく、ヨーロッパの主要国でも同様のようで、ドイツでサッカー関連のお仕事をされている土屋慶太さんのブログによると、

「ドイツでは、アマチュアチームでさえ、最低一人のフィジオセラピストが付いている」
そうです。

アマチュアチームでさえ
ですよ。
 ・参照筋肉日記2007☆ドイツ編(by 土屋慶太 氏)
FC2 Blog Ranking

サッカー日本代表スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。