アカデミー賞に感涙! 

昨日行われた第79回アカデミー賞。前評判の高かった「バベル」が苦戦を強いられたり、作品賞の受賞作が意外なものだったりする一方、予想通りの受賞も多々あり、見ごたえのある内容でした。

受賞者のスピーチに、度々もらい泣きをしながら観たのですが、私がもらい泣きではなく、感涙にむせいだのは、この人の永年の功績をたたえて贈られた、アカデミー名誉賞の受賞。

この人とは、私が最も敬愛する映画音楽の作曲家 
エンニオ・モリコーネ(Ennio Morricone)
20070227221002.jpgイタリアを代表する大作曲家です。1928年、ローマ生まれの現在78歳。1987年には『アンタッチャブル』でグラミー賞を受賞し、世界中を虜にした映画『ニュー・シネマ・パラダイス』では、多くの人々を魅了し、『天国の日々』(1978年)、『ミッション』(1986年)、『アンタッチャブル』(1987年) 、『バグジー』(1991年) 、『マレーナ』(2000年)と過去5回もアカデミー作曲賞にノミネートされるも、受賞はたったの一度もありません

アカデミー協会がその彼に名誉賞を授けることにより、オスカー像の価値を世界に認めさせようとでもいうのでしょうか?高齢の彼には、もはやアカデミー作曲賞を獲る可能性がないと、引導を渡したのでしょうか?ちょっとひねくれた考え方かもしれませんが、正直、彼の受賞を知り、素直に喜べないもう一人の自分がいました。

客席に居るモリコーネの表情は、まるで、私のその猜疑心がそのまま顔に現れているような、受賞を喜んでいるようにはとても思えないものでした。最前列に座っていて、式を通して度々そのお茶目な表情が映されていたジャック・ニコルソンとは対極にある、疑い深く、深刻でかたくなな表情。

しかし、過去の作品を紹介する映像とセリーヌ・ディオンの歌が終わり壇上に登った彼は、胸(心)に一物あるその人の表情ではなく、笑顔こそ見られなかったけれど、真摯にその受賞を受け止め、感謝している様子で、オスカーを妻マリアに捧げると言いました。

その姿を、私は、涙なくして観ることはできませんでした。そして、何賞であれ、アカデミー賞を受賞したエンニオ・モリコーネに、素直に「おめでとう」と言いたい気持ちで一杯になりました。

今日になり、こんな記事を見つけました。去る2月9日、ローマで外国人記者協会のリポーターに対しモリコーネは、

「5回ノミネートされた後には、もう期待しなくなった。実際、オスカーなんて受けないままでいたほうがいいくらいだ」とコメント。やはりオスカーを受賞しなかったスタンリー・キューブリック監督らを挙げ、「無冠の仲間たちの中に残っていられたのに」と語った。また、モリコーネは「オスカーの受賞は、たとえ受賞者が本当にそれを受ける価値がある場合でも、どこかまぐれ当たり的なところがある。もちろん、(今回の)受賞がうれしくないわけじゃないがね」と語った。(シネマトゥデイより)
 ・参照シネマトゥデイ

やはり、受賞の事を聞いた後、素直に喜べなかったんだ。

それでも、モリコーネの公式サイトを観てみると、ちゃんとオスカーの画像が載ってました。さらに、2月20日にトリビュートアルバム
「We All Love Ennio Morricone」
がすでに発売されていたことがわかりました。
20070227232050.jpgリストを見なくても参加していることを想像できたアーティスト達:セリーヌ・ディオン(Celine Dion)、アンドレア・ボチェッリ(Andrea Bocelli)、ヨーヨーマ(Yo-Yo Ma)に加え、驚いたことに葉加瀬太郎クインシー・ジョーンズ(Quincy Jones)、さらにブルース・スプリングスティーン(Bruce Springsteen)の名前が!
これは何としても欲しいと思い、さっそくamazonで探してみると、CD、あったにはあったのですが、予約はできるものの、3月21日発売となっています。そんなに待つのか?と意気消沈していたところ、
Una vita Cinematicaという全く違うタイトルのCDもあることが発覚。内容をよく観てみると、モリコーネの公式サイトに載っていたものと全く同じ写真と参加アーチスト。つまり、登録タイトルこそ違えど、中身は同じ。こちらは米国から輸入した英語版もしくはオリジナル版なのですね。(追記:その後確認したところ、「Una vita Cinematica」は「We All Love Ennio Morricone」というタイトルにきちんと変更してありました。)

ということは、さっき見た3月21日発売のWe All Love Ennio Morriconeは、日本版で、今製作中ということなのでしょうか?。
追記:その後確認したところ、「We All Love Ennio Morricone」は、日本語明記「ウィ・オール・ラヴ・エンニオ・モリコーネ 」に変更してありました。日本版です。)

いずれにせよ、3月21日まで待つなんて到底出来ない私は、輸入版を即購入しました。
 ・参照モリコーネの作品(amazon)
    エンニオ・モリコーネ(Wikipediaより)
    エンニオ・モリコーネ公式サイト
    トリビュートアルバム公式サイト
    過去の記事「エンニオ・モリコーネ」関連
    過去の記事「アカデミー賞情報」

[追記]2008年年末に、BSで「ニュー・シネマ・パラダイス」が放送されます。
BS朝日(151ch)
12月29日(月) 午後4:30~午後7:00


FC2 Blog Ranking

第79回アカデミー賞映画

プチット変更 

ちょっとしたお知らせです。
右サイドにある、お気に入りブログのリンク集ですが、少し手を加え、カテゴリや並べ順の変更などしてみました。

見やすくなっていると、いいですが…
FC2 Blog Ranking

日記日記

シチリアン・ダンス 

YouTubeで、以前好きだったアーチストのビデオクリップを見つけて以来、YouTube依存症が始まりそうだと、この前書きましたが、(過去の記事もう寝てなんていられない!
お気に入りだったポップミュージックを大方、探し終わった私は、クラシック音楽で、CDを買うほどではないけれど、好きな曲を探してみることにしました。

そこで、先ず探したのが、シチリアを舞台にしたオペラ「カヴァレリア・ルスティカーナ(Cavalleria rusticana)の間奏曲」、ピエトロ・マスカーニ(Pietro Mascagni)作曲。オペラファンでなくとも、CMなどで一度ならずお聞きになったことがあるはずです。
 ・こちらカヴァレリア・ルスティカーナ間奏曲(YouTubeより)

ちなみに、このカヴァレリア・ルスティカーナ(Cavalleria rusticana)、日本語に訳すと「田舎騎士道」となります。

そうだ!、シチリアつながりで、誰の作曲かわからないけれど「シチリアーナ(Siciliana)」というタイトルで、好きな曲が2つあった!ということを思い出した私。探してみることに。すると、それらしきものはあったんです。でも、聞いてみるとお目当ての「シチリアーナ」ではないのです。聞いたことがある曲ではあるのですが。
 ・こちらフェルナンド・ソル(Fernando Sor)のシチリアーナ (divertimentos Op.2の-6番) <YouTubeより>

これもシチリアーナですか。私が探している曲もそうですが、物悲しいメロディーですね。それにしても、シチリアーナという曲がこういくつもあると紛らわしいし、そもそも何故こんなにいくつもシチリアーナが存在するのか?

その答えは、Wikipedia「シチリアーナ」に載っていました。

「シチリアーナ:ルネサンス音楽末期から初期バロック音楽に遡る舞曲の一つ。ゆるやかな8分の6拍子か8分の12拍子で作曲され、ためらいがちにたゆとう曲想と付点リズムが特徴的で、通常は短調(もしくは自然短音階)をとる。おそらく「シチリア舞曲 danza siciliana」ないしは「シチリア風に A la Siciliana」に由来する女性名詞であるが、男性名詞であるシチリアーノ(siciliano)や、フランス語の女性名詞シシリエンヌ(Sicilienne)も用語法として定着している。」

つまり、シチリアーナとは、シチリア風の舞曲のことだったのです。
20070224004914.jpgそこで、YouTube「シチリアン・ダンス(danza siciliana)」で検索してみると、面白い動画が出てきました。どんなダンスだと思いますか?ヒントはこの画像。昔は、こういう衣装を着て踊っていたと思われます。イタリアといったら…
 ・まずは、動画をご覧くださいシチリアン・ダンス(YouTubeより)




答えは、ブドウの収穫祭の踊りです。

さて、脱線しましたが、お目当てのシチリアーナ、結局YouTubeでは出てこなかったんです。でも検索の結果、その曲が、ガブリエル・フォーレ作曲の「シチリアーナ」と、バッハ作と伝えられている「シチリアーノ」(フルート・ソナタ変ホ長調BWV1031)だということがわかりました。やれやれ。

 ・試聴フォーレのSicilienne <8番をクリックしてください>
    フォーレのSicilienne <3番をクリックしてください>
上下同じ曲ですが、下の方が音がクリア。ただし、SonicStageもしくはMAGIQLIP2のダウンロードが必要

 ・試聴バッハのシチリアーノ <ストリーム再生をクリックしてください>

あと、これも有名ですね。
 ・試聴オットリーノ・レスピーギのシチリアーナ 「リュートのための古風な舞曲とアリア」


平原綾香の新アルバムそらには、このレスピーギの「シチリアーナ」に歌詞を付けたものも入っています。リッスンジャパンで検索して、試聴ができます。
 ・こちら20万曲聞き放題♪人気アーティスト完全網羅!
FC2 Blog Ranking

音楽のある生活音楽

20代の自分に出逢った 

20070217004128.jpgとにかく、私のソファーの周辺は物で溢れている。何か思いついたとき、その「何か」をすぐに実行しないと気がすまない性格なので、メモ帳やペン類は言うに及ばず、辞書、雑誌類、読みかけの本、リップ、水絆創膏、ハンドクリーム、友人からの手紙の束、切手の入った缶、いくつかのフォトアルバム、ハサミや糊、セロテープ…etc. すべて座ったまま手を伸ばせば、取ることができるところに置いてある。そのため、いつの間にか、ソファーの周りに、そういった様々なものを入れるための大小の箱をいくつも置くことになって、体裁は極めて悪い。

数年前、我が家に遊びに来た幼い姪達が、

「ここ、物がたくさんあって汚いよ。ちゃんと片付けた方がいいんじゃない?」

と、私に進言した程だ。私はすかさず、こう言い返した。

「ちゃんと片付けてあるよ。ただ、部屋が狭くて物が多すぎるだけだよ。」

すると、返ってきた言葉が、

「じゃあ、『大改造!!劇的ビフォー・アフター』に頼んでリフォームしてもらえば?」

当時、放送していた番組名を口にした。私は、しばし絶句。そして、苦笑い。
自分では気がつかなかったけれど、ソファーの周りの無秩序ぶりは、人が見ると相当ひどいようだ。しかし、いかに見た目が悪くとも、今の利便性を手放す気にはとうていなれない。

今日、ある写真を探していて、箱の中に入っているものを取り出し、取り出し、見ていたら、見覚えの無い大学ノートが出てきた。表紙には「いつものように」という文字と自分の名前、そして日付けが。つまりは、私がかつて使っていた雑記帳だった。しかも20代の頃の私の。

当時はカクテルに凝っていた。そして森瑤子の小説に心酔していた。雑記帳には、彼女の小説カフェ・オリエンタルに登場するカクテルやお酒と、それが似合うシチュエーションが、書き出してあった。

*カルバドス~プールサイドで、食後酒として
*ジン・トニック~夜ベッドサイドで。夕方の一時。
*レミー・マルタン~死に顔を見た直後、吐き気を覚えて

てな具合に。

あと、こんな記述も。

*カフェ・オリエンタルより 
 痛い顔:チャールズ・ブロンソン
     ジャン・ギャバン
     ジェームス・キャグニー
     若い頃のアラン・ドロン
     
それから、数枚ページをめくっていくと、村上龍のラッフルズホテルからの抜粋が。今読むと、うざったい言い回しばかり。
FC2 Blog Ranking

今日の出来事日記

もう寝てなんていられない! 

今まで、何で試してみなかったんだろう?自分でも不思議です。

何の話かというと、YouTubeなんですけど、お気に入りのアーチストのビデオクリップや、いろんな名シーンをブログにアップさせているのをよく見かけますよね。自分でも、マテラッツィが頭突きされるCMを載せたことがあります。

ブログ用でなくとも、例えば見ることができなかったサッカーの試合。お目当ての選手のゴールシーンを見るために動画を探すことはあっても、かつて熱をあげていたアーティストの動画を探してみたことはありませんでした。

今日、初めて、探してみようかなって気になったんです。

私が、イタリアンポップス狂いだった頃、はまっていたこの御三方。
画像アドレスの最後の部分画像アドレスの最後の部分画像アドレスの最後の部分

動画あります、あります。しかも、今まで見たこともなかったビデオクリップが。
もう何度と無く聴いた曲、自分も歌いながらビデオクリップを観ていると、当時の思い出がわぁ~っと蘇ってきて、今よりも快活で熱狂的だった昔の自分に戻っていくような気がしてきます。アドレナリン出まくりという感じです。

もうすぐAM3時になるというのに、全然眠くない。
追記:その後ビデオクリップ動画がYouTubeから消されてしまいましたので、ライブ映像などと入れ替えました。)


Massimo Di Cataldo "Se adesso te ne vai"

Paolo Vallesi "La forza della vita"

Raf "Due"

さらに、この人の不朽の名曲。ライブ映像です。
Claudio Baglioni "Questo piccolo grande amore"
FC2 Blog Ranking

YouTube動画音楽

パリ発 バレンタイン話 

またバレンタインのネタ?もうご勘弁!なんて思っている方々も、我慢して読んでくださいね。後半に、チョコ以外の興味深い話も出てきます。

さて、先日ご紹介したフランスのリヨンで開催されたお菓子の世界大会 クープ・ド・モンド(Coup du monde de la patisserie)
 ・こちら今年のバレンタインは?
 ・関連記事世界パティスリー2009 in Japan 

その記事の中でもちらっと触れたサロン・ド・ショコラ パリ(サロンドショコラ)の様子も、テレビで見られるようです。毎年パリで開かれるこの世界最大のチョコレートの祭典(見本市)、12回目を迎えた2006年の10月28日~11月1日には、約13万人が訪れ、100を超える世界中の有名店やメーカーが参加しました。期間中、チョコレートの展示・販売はもちろん、ファッションショー超一流の職人たちが腕を競うコンテストなどのイベントが催され、その模様を地上波のNHK総合「プレミアム10」で放送するのです。

NHK総合『パリ 世界一のチョコレートの祭典』
日時:2月12日(月) 午後10時~11時半

[追記]放送は終わりました。

日本のチョコレート専門店に興味がある方は、神戸MAQUI'S(マキィズ)を紹介している、あつこさんのブログ「beardrop」へ
 ・こちらMAQUI'S(「beardrop」より)
  さらにレーブ・ドゥ・シェフ(「beardrop」より)

そして、映画「チャーリーとチョコレート工場」に出てくるウォンカチョコを話題にされているLazyMikiさんのブログ「ここから」もどうぞ。
 ・こちらWONKA!!(「ここから」より)

話は変わって、昨晩、何の気なしにフォション(Fauchon)のフランス版サイトを開いてみたら、やはりバレンタインデー一色でした。そこから下の画像を拝借。
20070209003325.jpg
ヨーロッパでは、バレンタインデーは、愛し合う2人、恋人や夫婦が、カードやプレゼントを交換し合ったり、一緒に食事をする、を確かめ合う日だそうですね。プレゼントも、チョコレートに限らず、こんなフルーツ盛りや、シャンパンとフォアグラのセットも。

贈りたいというより、もらいたい品々。その中にこんなセットもあったんです。
20070209003133.jpgフルーツケーキ、クッキー、紅茶のミニ缶と一緒に写っている黒いものは、どう見ても日本の南部鉄瓶
フランスで流行っているのでしょうか。théière (en) fonte noire<鉄瓶>で検索してみると、鉄瓶を扱うネットショップがいくつもあるではないですか。(cgi.ebay.fr/ KOOK it/ 
fr.shopping.com

日本でも、じわじわ人気が出ているのか?あのamazonでも扱っていますね。
 ・こちら鉄瓶(amazonショップ)

鉄瓶でお湯を沸かしたり、お茶を入れると、鉄分がお湯やお茶に溶け出して、それを飲むことで鉄分の補給になる。ということは、子供の頃に母から聞きましたが、「南部鉄器」のサイトによると、野菜・穀類・卵・乳などの鉄分は三価鉄、一方、鉄瓶を含む鉄器は二価鉄で、鉄器の二価鉄の方が身体に吸収されやすいそうです。但し、肉や魚の鉄(ヘム鉄)の方がさらに吸収率がいいです。
・こちら南部鉄器

また、「南部鉄瓶」のサイトによると、南部鉄瓶でわかしたお湯は水道水の塩素臭などが抑えられ、お湯をまろやかにし、お茶の味も一段と美味しくなるとか。
 ・こちら南部鉄瓶

2006年1月6日の読売新聞には、「南部鉄瓶に人気沸騰」と題した記事が載っていたようです。鉄器と言うと、サビが気になりますが、手入れの仕方なども紹介していました。
 ・こちら「南部鉄瓶に人気沸騰」(大手小町より)

う~ん、チョコレートにも鉄が含まれていて、鉄分が不足気味の女性にはいいと聞きますが、我が家の台所のどこかにしまい込まれている南部鉄瓶を探してみようかな?という気になりました。日本の伝統工芸、侮ってはいけません。
 ・参照Fauchon Paris公式サイト
FC2 Blog Ranking

バレンタイン日記

今年のバレンタインは?<クープ・ド・モンド> 

20070203093201.jpg2月に入り、バレンタイン商戦も本格化してきましたね。デパートでは例年通り、特別にバレンタインコーナーを設け、通常は販売していない世界各国の有名店のブースを並べています。

昨年こちらのブログで、世界最大のチョコレートの祭典「サロン・ド・ショコラ パリ(Le Salon du Chocolat à Paris)」と共にご紹介しましたメリーチョコレートのブランド「マダムセツコ」をはじめ(過去の記事バレンタインでなくとも)、ベルギー・アントワープの「デル・レイ」、パリの「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」、ウィーンの「デメル」などなど、枚挙に暇がありません。日本人パティシエ、例えばパリで活躍しているサダハル・アオキ(元局アナ雨宮塔子さんのご主人としてもお馴染み)、国内組で高木氏などのお店も、こぞって出店しています。

高島屋の折込チラシを見ると、「クープ・ド・モンド」初代チャンピオン ミカエル・アズーズ(Mickael Azouz)のお名前も。

ところで、その「クープ・ド・モンド」って、何なのかご存知ですか?

これは、クープ・ド・モンド・ドュ・ラ・パティスリー(Coup du monde de la patisserie)の略で、2年に1度フランスのリヨンで開催され、今年で10回目を迎えたお菓子の世界大会のことです。

そして何と、去る1月21日(日)~22日(月)に行われた今年(2007年)、優勝したのが日本チームだったんです!

この大会は、1989年にフランスの有名なパティシエ、ガブリエル・パイアソン(Gabriel Paillasson)氏を中心としたM.O.F(フランス最優秀職人)メンバーと大手チョコレートメーカー ヴァローナ(Valrhona)社によって設立された権威ある大会で、国別で優勝を競います。各国3人一組。3人が3つの部門:パティスリー(飴細工とチョコレートケーキ)/チョコレート(チョコレート細工と皿盛りデザート)/グラス(氷彫刻とアイスなどの氷菓子)に分かれて技を競い、各部門の採点の合計得点数が最も大きかったチーム(国)が優勝です。今年は20カ国が参加しました。評価のポイントは、美しさ以上に美味しさ重視だとか。

20070203102000.jpg1991年以来、16年8回ぶりの日本人優勝を果たした3人とは、

チョコレート(チョコレート細工と皿盛りデザート)部門が、
帝国ホテルでショコラティエをされている市川幸雄シェフ

パティスリー(飴細工とチョコレートケーキ)部門が、
グランドハイアット東京の藤本智美シェフ

グラス(氷彫刻とアイスなどの氷菓子)部門が、
名古屋マリオットアソシアホテルの長田和也シェフでした。

素晴らしい!

帝国ホテルのチョコレート買ってみようかな?

 ・参照スイーツ&ごはん・ことのは
    フランス好きのためのハヤクー<1>
    フランス好きのためのハヤクー<2>
    大会の動画、写真(by Sirha)

    帝国ホテル
    ショコラティエ 市川幸雄さん(帝国ホテル 公式サイトより)
    グランドハイアット東京
    名古屋マリオットアソシアホテル

バレンタイン関連記事パリ発 バレンタイン話
パティスリー関連記事世界パティスリー2009 in Japan 
FC2 Blog Ranking

本日の日記日記