スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking

ジダンの頭突き、ヒットソングに! 

20060729233414.jpgドイツワールドカップの決勝戦、仏・伊それぞれ1点ずつのゴールやトレゼゲのPK失敗よりも世間を賑わした、フランスの主将ジダンマテラッツィへの頭突き事件。FIFAの各選手への処分が決まり、一応これであの問題は収拾するのかと思いきや、なんとこのジダンの頭突きを題材にした曲が、フランスで大ヒット中だとか。
20060729233427.jpg歌うのは同じ音楽会社に所属する3人のミュージシャンで構成されるLa plage訂正:レコードレーベル「La plage」の2人のプロデューサーと歌手)。もともと、あの決勝戦の翌日に、お遊び感覚で仲間を笑わせようと作った歌で、タイトルは「Coup de boule(頭突き)」。メールで仲間たちに送っていたところ、人気を呼んでいつのまにか話題となり、ワーナー・ミュージックがそれに目をつけ、3人と契約をかわし、CD発売の運びとなったそうです。

発売から2週間半の時点で、インターネットからのダウンロードで1位、シングル売り上げが2位という人気ぶり。
先ずは、試聴してみてください。レコードのイラストの部分をクリックすると曲名リストが出てきます。
 ・こちらCoup de boule

日本でも来月、CD発売されますが、ワーナー・ミュージック・ジャパンの公式サイトを見てみたところ、発売に先んじて携帯でダウンロードできるようです。
 ・こちらCoup de boule紹介(ワーナー・ミュージック・ジャパン)
スポンサーサイト
FC2 Blog Ranking

本日のCD・レコード音楽

デビュー戦 

20060728233940.jpgイタリア・セリエAのカターニャ(Calcio Catania)に移籍した森本貴幸選手。数日前に一報をお伝えしましたが(過去の記事森本、シチリアへGo!)、そのカターニャ(Calcio Catania)は、27日オーストリア3部リーグのフェルドキルヘン(Feldkirchen)と、相手チームのホームで親善試合を行い、3-0で余裕の勝利。森本は後半37分から出場。特筆すべきプレイはできなかったようですが、セリエA所属のチームでの第一歩を踏み出しました。写真をご覧ください。森本の写真も数枚入っています。<小さい写真画像をクリックすると拡大写真が見られます> 
 ・こちらからフェルドキルヘン戦写真
 ・関連記事YAHOO!スポーツ
FC2 Blog Ranking

セリエAスポーツ

嫌いだった夏休みの宿題 

  • [2006/07/28 01:43]
子供たちの夏休みが始まりましたね。「夏休み」という言葉からあなたがイメージするものは?

ラジオ体操、プール、家族旅行、林間学校~etc.いろいろありますが、嫌なものの筆頭は、宿題ですよね。すべての宿題が嫌でしたが、中でも面倒くさくて、やる気が起きなかったのが読書感想文を書くことでした。ただ本を読むだけ、あるいは、読んだ後に思ったことを発表しあう、というのであれば、あれほど嫌ではなかったと思いますが、始めから感想文を書くことを前提に課題図書を読み、それなりの感想文を書く。という行為が、子供の私には苦痛でした。

本を読んでいる間に湧き上がってきた様々な感情を思い出し、それを言葉に変換し、筋道をたてて説明したり訴えたりする。その一連の行為が思い通りに出来ずに、読み返して平易な文章になってしまっているものを書き直したり、親が横から口を出してきて喧嘩になったり、書き上げるのに一筋縄ではいきませんでした。

それでも今思えば、感想文を書くことにより、何度も本を読み返し、一度読んだだけでは、はっきりとは理解できていなかった著者のメッセージを、より鮮明に感じることができたり、行間から読み取れるものがあるということを知ったり、さらには、論理的思考や客観的思考のトレーニングが少しはできたかな、と思います。

さて、最近はどんな本が課題図書に選ばれているのでしょうか?20060728013214.jpg第52回青少年読書感想文全国コンクールの公式サイトを覗いてみたところ、おっと、高校の部では、オシムの言葉が入ってますよ。
 ・こちらから課題図書

読むにはいい本ですが、感想文が書きづらいのでは?と、心配してしまいます。

子供たち!感想文を書く、書かないは別として、夏休みの間に本をたくさん読んでくださいね。
 ・参照子供向けの本ランキング
FC2 Blog Ranking

日記日記

ベルカンプ引退記念試合 

bergkamp_action.jpg昨季限りで引退した、アーセナルのデニス・ベルカンプ(Dennis Bergkamp)<37歳>の引退試合が7月22日(土)に行われた、というニュースは、スポーツナビでチェックしていましたが、その試合、今日見てしまいましたよ。スカパーでリピート放送しているのです。

この試合は、アーセナルの新しいスタジアム、エミレーツスタジアムのこけら落としでもあり、アーセナルvsアヤックスという形で行われました。見所は何と言っても後半。それぞれのチームの往年の選手、レジェンドの面々たちのプレイで、アヤックス側は、御歳59歳のヨハン・クライフ(Hendrik Johannes Cruijff)や、現オランダ代表監督のマルコ・ファン・バステン(Marco van Basten)、バルセロナ監督のフランク・ライカールト(Frank Rijkaard)、アーセナル側は、イアン・ライト(Ian Wright)デビッド・シーマン(David Seaman)エマニュエル・プティ(Emmanuel Petit)他が出場。年齢を感じさせない彼らのプレイは一見の価値ありです。

放送は、日曜までやっていますので、放送時間をチェックしてみてください。
 ・こちら引退記念試合放送スケジュール(スカパー)
 ・参照デニス・ベルカンプ(Wikipedeiaより)
FC2 Blog Ranking

サッカースポーツ

森本、シチリアへGo! 

Cataniastemma.jpgイタリア1部リーグ(セリエA)のクラブチーム、カターニャ(カターニア)<Calcio Catania>への期限付き移籍が基本合意に達したと伝えられていた東京ヴェルディのFW森本貴幸(18歳)選手が、契約書サインのため、25日にもイタリアへ出発するというニュースが入ってきました。17_takayuki_morimoto_01.jpg

W杯後の活発なカルチョメルカートでは、注目の度合いが低い日本代表選手たち。W杯で結果を出せなかったことがその原因ですが、弱冠15歳でJリーグ入りを果たし、巷間の注目を集めてきた未来のロナウド(全盛期の)森本が、セリエA入りとなれば、大変嬉しいことです。

ところで、その移籍先となるカターニャって、イタリアのどこにあるかご存知ですか?
ItalySicily.jpg靴の形をしたイタリアの、つま先にある島 シチリア島の東側。イオニア海に面し、北北西には活火山エトナ山があり、シチリア州の中で、人口の数がパレルモに次いで多い、シチリア第2の都市です。
etna.jpg

一番上の、カターニャのクラブエンブレムをよ~く見ていただくと、なぜかがいますよね。そして、街の中心街にあるドュオーモ広場の噴水の写真に目をやると~、20060723153155.jpgここにも

実はこの象、カターニャのシンボルなのですが、度重なるエトナ山の噴火によって流出し、かつて多大の被害をもたらしてきた溶岩から町を守ってもらおうと、ビザンチン時代(4世紀~15世紀)に溶岩に掘り込んだ護符に由来する象で、1736年に噴水の一部として造られました。ちなみに、上にのっているのはエジプトのオベリスクです。この象は、溶岩でできているのですが、驚くべきことに、町の建築物の多くが溶岩石で造られているそうです。
 
カターニャは、県庁所在地でもあり、周辺地域の文化、政治、経済の中心地です。観光都市として見た時、交通の便の良さは、以前柳沢が所属していたチームのホーム、メッシーナ(Messina)の比ではありません。先ず、小さいですが国際空港があります。さらに、カターニャ駅近くにあるバスターミナルからバスに乗ると、1時間半ほどでシチリア随一のリゾート地タオルミーナ(Taormina)や、シラクーサ(Siracusa)に着くことができます。時間はかかりますが、パレルモへも3時間で着きます。
 ・参照過去の記事(バカンス気分♪)

森本を応援しにいらっしゃる方々には、その機会に、周辺の観光地へも足を伸ばすことをお奨めします。
 ・参照カターニャ(Calcio Catania)公式サイト
    Calcio Catania(Wikipediaより)<イタリア語>
    カターニャの見所写真
FC2 Blog Ranking

サッカースポーツ

大人の音楽 

ラジオの音楽番組を聴かなくなって随分たちます。パソコンも、テレビのCSもBSも無かったころ、やることが無くて、手持ち無沙汰でラジオをつけてみる、なんてことがよくありました。

あの曲を初めて聴いたのも、確かラジオの音楽番組でした。当時よく聴いていた人気番組、TOKYO FMの看板番組だった(現在も放送中?)「JET STREAM (ジェットストリーム)」20060719013518.jpgJALがメインスポンサーで、センスのいいイージーリスニングの選曲と、機長という設定のパーソナリティーの臨場感溢れる語りが、これぞ「大人の音楽番組」と言える、とても素敵な番組でした。

その「JET STREAM (ジェットストリーム)」で初めて聴いて、一目ぼれならぬ一耳ぼれしたのが、Sade(シャーデー)の歌声、そして、20060719014733.jpgそのSadeを一躍スターダムに押し上げ、今でもスタンダードナンバーとして愛されているあの「Smooth Operator(スムース・オペレーター)」という曲。

その後さっそく、その曲を含むファーストアルバムDiamond Lifeを買いました。ベストアルバムのページで、「Smooth operator」(3曲目)、「Your love is king」(1曲目)、「Hang on to your love」(2曲目)が試聴できます。
 ・こちら「The Best of Sade」

ところで、そのSadeの魅力は、フリー百科事典Wikipediaの表現を借りれば、ジャズとアダルトコンテンポラリーをミックスしたサウンドとSade Aduの落ち着いたミステリアスなボーカルが特徴。
ここで気をつけたいのは、私も勘違いしていたのですが、Sade(シャーデー)という名前ですが、女性ボーカルSade Aduとバックミュージシャンから成るバンド名だそうです。
ナイジェリア人の父とイギリス人の母を持つSade Aduは、1959年ナイジェリアで生まれ、両親の離婚後、4歳のときにお母さんと共に渡英。母親は音楽の趣味を持たず、家にはレコードプレーヤーがなかったが、音楽好きの父親の血を受け継いだ彼女は、シンガーになりたいと一人夢見ていた。アートカレッジでデザインを本格的に学ぶも、音楽を捨てきれずバンド活動を始め、注目されるようになり、デビューに至ったという。
彼女は、素晴らしい歌声だけではなく、作詞、作曲も手がけています。

このSadeのCDを、何年かぶりで聴きなおし、やっぱりいいな。と、思う今日この頃です。聴きなおすきっかけを作ってくれたのは、
デンドンさん、あなたです!
先日の私の記事、この夏はこれで決まりのコメントで、YMOのカバーアルバムを作ったセニョール・ココナッツ(Señor Coconut and his Orchestra)が、Sadeの「Smooth operator」もカバーしていることを教えてくださいましたね。このカバーした曲は、20060719022642.jpgアルバムFiesta Songs(フィエスタ・ソングス)」に入っていて、試聴もできます。

すっかりはまって、さっそくダウンロードしました。

すると、オリジナルのSadeの「Smooth operator」も聞きたくなって、CDを探しまくって、やっと私のCD入れの片隅にそれを見つけました。

う~ん、Sadeの音楽は、今聴いてもやっぱり大人の音楽だ。
 ・参照Sade公式サイト
    Sade(Wikipediaより)
FC2 Blog Ranking

音楽のある生活音楽

この夏はこれで決まり! 

暑いと辛いものが食べたくなる。

暑いとロマンチックなお話よりもホラーや怪談のドラマ、映画が観たくなる。

そして、暑いとなぜかノリのいいラテン音楽やサンバ、マンボが聴きたくなる。

20060715162415.jpgそんな貴方に絶対お奨めなのがこの一枚、「プレイズ・ワイエムオー」
「ワイエムオー」って何?そうあのYMOですよ。ものすごくお若い方は、もしかしてご存じないかもしれないので念のため~
 ・参照YMO(Wikipediaより)

さて、懐かしのYMOの名曲を、南米のチリのエレクトリック・ラテン・バンドセニョール・ココナッツ(Señor Coconut and his Orchestra)がカバー。
今年の4月に発売開始のアルバムですが、私は全くその存在を知りませんでした。

なんかいい曲がないかな?と、iTuneミュージックストア ワールドミューシックのダウンロードランキングを見ていて、このアルバムから何曲もランクインしているのを発見。

曲名をダブルクリックすると試聴できるので、聞いてみると、懐かしい「東風」「ライディーン」などが、ラテンテイストに変身していて楽しい楽しい!
amazonでも数曲試聴が出来るので、試してみてください。
 ・こちら「プレイズ・ワイエムオー」

 
アルバム制作には、YMOの細野晴臣、高橋幸宏、坂本龍一の3名もゲスト参加したようですね。
 ・参照セニョール・ココナッツ公式サイト
FC2 Blog Ranking

音楽のある生活音楽

マテラッツィへの事情聴取 

20060715001354.jpgまだこのネタで引っ張ります。

W杯決勝戦でジダンに対し暴言を吐き、頭突きをされた渦中の人 マテラッツィが14日午前、スイス・チューリヒにあるFIFA本部に姿を見せ、約1時間半に及ぶ事情聴取を受けた。その具体的内容については、本人は口を閉ざしている。

一方、ジダンへの事情聴取は20日(木)に行われる予定で、その事情聴取を受けて、FIFAは両選手への処分の有無、処分の具体的内容を決定する。

それにしても、このいでたち! 「僕は白、無実だよ」っていいたかったのでしょうか?別人のような神妙な面持ち。

FIFAの決定内容如何によっては、9月6日に予定されているサッカー欧州選手権(ユーロ2008)大会の予選 フランスvsイタリア(ホーム:フランス)が大波乱のゲームになってしまいそうです。(過去の記事新旧交代

これが杞憂で終わればいいのですが。
FC2 Blog Ranking

2006年FIFAワールドカップサッカースポーツ

頭突きの真相 

20060712224626.jpgもうすでに、スポーツニュースなどでご存知の方も多いと思いますが、ついにフランス代表ジダン選手本人が、フランスのテレビ番組に出演し、頭突きの真相を語るそうです。7月9日のあの決勝戦でイタリアのマテラッツィ選手との間に、どんなやりとりがあったか?具体的にどんな言葉が投げつけられ、彼が頭突きという行為を行わずにはいられなかったのか?世界中が注目しています。

真相が語られる放送局とはCanal+(カナル・プリュス)で、現地時間夜7時40分(日本時間午前2時40分)からの番組にジダンが登場するとか。

明朝の日本の各局ニュースで一報が伝えられるのでしょう。できればジダンが語る一字一句逃さず、すべてを聞きたいと思いますが、無理なんでしょうね。

現地での放送後、Canal+の公式サイトでビデオで見られるようになりました。
 ・参照Canal+公式サイト
 ・参照ジダン・インタビュー(英訳)by BBC Sport

 
FC2 Blog Ranking

2006年FIFAワールドカップサッカースポーツ

写真とビデオでお帰りなさい! 

20060712001338.jpg波乱含みの決勝戦だったために、未だ気持ちの切り替えができず、W杯症候群にかかっている私ですが、優勝したイタリアチームも、優勝を逃したフランスチームも無事、帰国の途に着きました。20060712001401.jpg

日本のニュースでも、スポーツコーナーで帰国の映像を流していたものの、ほんの数カットで、見ることができたのはイタリアではカンナバーロ、フランスは頭突き問題で注目が集まるジダンのみ。他の選手も見たいのに!って思ったのは私だけではないでしょう。そこで、伊・仏両国のサイトで写真画像やビデオをチェックしてみませんか?

先ずはイタリア。以前、ブラジル代表カカ(Kakà)選手の結婚式の写真でもお世話になったコリエレ・デッラ・セーラ紙(Il corriere della sera)。<過去の記事クリスマス休暇の過ごし方

豊富な写真が魅力です。
 ・こちらからイタリアチーム帰還~1
       イタリアチーム帰還~2

さらにビデオも見られます。
 ・こちらビデオ

一方フランスは、フランスサッカー協会(F.F.F)。記事の右下にあるDiaporamaをクリックしてください。別ウィンドーで写真がでてきます。
 ・こちらフランスチーム写真
FC2 Blog Ranking

2006年FIFAワールドカップサッカースポーツ

イタリア 優勝おめでとう! 



Complimenti, gli Azzurri!!  
私の予想は、はずれてしまいました。
FC2 Blog Ranking

2006年FIFAワールドカップサッカースポーツ

いじわるな告発 

私は、今回のワールドカップ観戦に際し、20060707231349.jpgこの「ワールドサッカーダイジェスト ワールドカップ直前パーフェクトガイドを手元に置き、出場選手の顔確認やデータチェックに利用してきました。さて、このパーフェクトガイド。改めて見直してみて、今までページを飛ばして読んでいなかった「OBの展望」という記事に目が留まりました。これは、AからHまでグループリーグ各組の中で、最強国として抽選会で最初に振り分けられた8カ国の代表チームのOBが、自国、及び同グループの国や優勝候補国などに関して戦いぶりを展望するというもので、その中で私の目を惹いたのは、フランスOBとして登場したディディエ・デシャン(Didier Claude Deschamps)の語る展望でした。
dechamps.jpg
ここで少し、ご存知ない方のためにディディエ・デシャンについて説明しますと、1998年の地元開催 フランス・ワールドカップで優勝を果たしたフランスチームのキャプテンを務め、引退後、昨年まで務めていたフランス ASモナコ監督時代には、2003~2004シーズンのチャンピオンズリーグで準優勝を果たしました。
 ・参照ディディエ・デシャン(Wikipediaより)

その彼の目に、W杯開催前に映っていた我がレ・ブルーは~

「現在のフランスは、おそらく辛酸をなめた4年前のチームよりも、総合力では下だと思われる~」
さらに、
「ジダンは今年で34歳になるが、過去の大会において、この年齢の選手が司令塔として光り輝いた例を、私は見たことがない。」
とし、
「監督のドメネクは、どんなコンペティションにおいても目標は優勝だ、と勇ましい発言をしているが、果たして現在のチームにそれだけの力があるのかどうか…。現実的に考えれば、簡単に答えが出る。率直に言うが、今回のフランスは優勝候補ではない。」
と、監督批判ともとれる、かなり手厳しい予測をしていました。そしてこう続けます。
「もし決勝へ駒を進めたならば、これはもう大事件と呼んでもいいだろう。」

大ハ・ズ・レ!!!!
ジダンをはじめ、現フランス代表たちを、みくびっていましたね。

では、決勝戦の対戦相手、イタリアの代表OBはどんな展望をしていたのでしょうか?paolo_rossi.jpgこちらは、1982年スペイン・ワールドカップでイタリアに44年ぶりの優勝をもたらしたパオロ・ロッシ(Paolo Rossi)。彼はこの大会で6得点を挙げ、大会得点王とMVPを獲得。ちなみに引退後はサッカー界には残らず、建設関連の仕事を営んでいるとか。
 ・参照パオロ・ロッシ(Wikipediaより)

「もしイタリアがグループリーグを突破できたなら、そのとき彼らには、修羅場をくぐってきた者だけが得られる強靭な精神力が備わっているだろう。」
と、チェコ、米国、ガーナが入ったE組で勝ち抜く厳しさを説く一方、
「今回のチームは、めずらしくタレントが揃い、チーム状態も良く、弱点らしい弱点も見当たらない。」
と、チームを高く評価していました。
そして、
「今大会の優勝予想をするなら、私はイタリアを推す。」
と言い切る。

さぁ、どんな結果になるんでしょうね。

追記:フランスの躍進を予想できなかったディディエ・デシャン(Didier Claude Deschamps)ですが、次期ユベントス監督に決まったようですね。
FC2 Blog Ranking

2006年FIFAワールドカップサッカースポーツ

どっち? 

さぁ、大いに盛り上がったドイツワールドカップも、残すところあと2試合。3位決定戦と決勝戦ですね。

夏休みがあと数日で終わってしまうという時の、あの切ない気分に似た心境で、ため息が出ちゃいそうです。

あ~あ、もうすぐ終わっちゃうな。

さて、その決勝戦ですが、
pbw25 フランス代表  ピンバッジ 【サッカーショップ・サッカーグッズ FOOTBALLFAN】vspbw17 イタリア代表  ピンバッジ 【サッカーショップ・サッカーグッズ FOOTBALLFAN】
このカード、あなたの予想は当たりましたか?私はW杯開幕前、それぞれのチーム情報をあまりにも知らなすぎたため、具体的に決勝戦のカードを予想することができませんでした。ただブラジルは有力候補だろうな、とは思っていましたが。

フランスは、アンリの活躍を期待していたことと、ジダンが最後のW杯、しかもフランス敗退=その時点で引退、ということから、がんばって欲しいなという気持ちは持っていました。イタリアは、私にとって少なからず縁がある国だし、今回のチームは点が取れそうなフォワードが居ることから、前がかりに試合を展開してくれるのではないかと楽しみにしていました。

そして、この2チームでの決勝戦。

私は、フランスが勝利してくれることを願います。


そして3位決定戦は、
st088 ドイツ代表 エンブレム型ステッカー【サッカーショップ・サッカーグッズ FOOTBALLFAN】20060707000711.jpg

FC2 Blog Ranking

2006年FIFAワールドカップサッカースポーツ

Nakata Forever 

20060704001416.jpg日本のサッカー史に残る、一人の名選手が引退を表明した。

6月22日の対ブラジル戦後、一人ピッチに横たわり、その姿に、かつてのパルマのチームメイト アドリアーノが彼を気遣う様子も見られた。

20060704004604.jpg8年前、イタリアに渡った一人の侍は、初出場のユベントス戦で2得点を挙げ、日本のみならず、イタリアメディアの寵児となる。

ペルージャからローマに移籍後は、トッティとポジション争いを演じ、ローマのリーグ優勝に貢献した。

その後パルマ、さらにボローニャ、フィオレンティーナとイタリア・セリエAのチームを渡り歩き、昨年からはイングランドのボルトンに活躍の場を求めた。己のサッカー道を追求するために。

彼にはもう、やり残したことはないのだろうか?もうサッカーの火を心の中で燃やし続けることができないと、幕引きを決めたのだろうか?

きっとそうなのだろう。

プロサッカー選手としてのヒデの勇姿は再び見られない。しかし、彼の足跡を追い、彼の哲学を知り、彼から学ぶことは、まだたくさんある。Nakata Forever!(中田英寿 関連本、DVD他)
FC2 Blog Ranking

ヒデ引退スポーツ

祝・フランス勝利 

20060702124831.gif

20060702124847.jpg

FC2 Blog Ranking

2006年FIFAワールドカップサッカースポーツ

監督比べ 

ワールドカップ準々決勝の2試合が終わり、開催国ドイツと、イタリアが残りましたね。

残る2試合、イングランドポルトガルブラジルフランス。どちらが勝ち進むのでしょうか?

もうここまで来ると、勝敗を決めるのは審判と、最後は監督采配なのかなって思います。

そこで、各チームの監督のプロフィールを覗いてみました。豊富な監督経験を持てば持つほど、チームが勝つ可能性が高いのか?昨日のドイツvsアルゼンチン戦を見れば明らかなように、そうとは言い切れないです。実際には。
それでも、彼らのプロフィールの中から、何がしかを読み取り、もう一度勝利チームを占ってみませんか?
 
<イングランドvsポルトガル>

20060701223343.jpgエリクソン(Sven Goran Eriksson)監督
1948年 2月 5日生まれ
スウェーデン出身

代表監督:
 2001~ イングランド代表
        クラブ監督:
 1977-1978デゲルフォルス(スウェーデン)
 1979-1982 IFKイェーテボリ(スウェーデン) ※1982年のUEFAカップ優勝
 1983-1984 ベンフィカ(ポルトガル) ※リーグ優勝
 1984-1987 ASローマ(イタリア)
 1987-1989 フィオレンティーナ(イタリア)
 1989-1992 ベンフィカ(ポルトガル) ※リーグ優勝
 1992-1997 サンプドリア(イタリア)
 1997-2001 ラツィオ(イタリア)※1999年UEFAカップウィナーズカップ優勝/2000年リーグ優勝

20060701223400.jpgスコラーリ(Luiz Felipe Scolari )監督
1948年 11月 9日生まれ
ブラジル出身

代表監督:
 1990 クウェート代表
 2001-2002 ブラジル代表 ※W杯優勝
 2002~ポルトガル代表※ユーロ2004準優勝
        クラブ監督:
 1982 CSA (ブラジル)
 1982-1983 Juventude (ブラジル)
 1983 Brasil de Pelotas (ブラジル)
 1984-1985 アル・シャバブ (サウジアラビア)
 1986 Pelotas (ブラジル)
 1986-1987 Juventude (ブラジル)
 1987 Gremio (ブラジル)
 1988 Goias (ブラジル)
 1988-1990 アル・カディーシャ(クウェート)
 1991 Criciuma (ブラジル)
 1991 アル・アハリ(カタール)
 1992 アル・カディーシャ(クウェート)
 1993-1996 グレミオ (ブラジル) ※1995年コパ・リベルタドーレス優勝
 1997 ジュビロ磐田 (日本)
 1997-2000 パルメイラス(ブラジル) ※1999年コパ・リベルタドーレス優勝
 2000-2001 クルゼイロ (ブラジル)

<ブラジルvsフランス>

20060701223419.jpgパレイラ(Carlos Alberto Parreira)監督
1943年 2月 27日生まれ
ブラジル出身

代表監督:
 1976-1982 クウェート代表 ※1982年W杯初出場
 1983 ブラジル 代表
 1988-1990 アラブ首長国連邦 代表 
 1992-1994 ブラジル代表 ※1994年W杯優勝
 1997-1998 サウジアラビア 代表
 2003~ ブラジル代表 ※2004年コパ・アメリカ優勝/2005年コンフェデ優勝
        クラブ監督:
 1975 フルミネンセRJ(ブラジル)
 1984 フルミネンセRJ (ブラジル)
 1991 ブランガチーノ(ブラジル)
 1994-1995 バレンシアCF(スペイン)
 1995-1996 フェネルバチェ(トルコ)
 1996 サンパウロFC(ブラジル)
 1997 NY/NJメトロスターズ(アメリカ)
 2000 アトレチコ・ミネイロ (ブラジル)
 2000 サントス (ブラジル)
 2000-2001 インテルナシオナル(ブラジル)
 2002 コリンチャンス(ブラジル)

20060701223437.jpgドメネク(Raymond Domenech)監督
1952年 1月 24日生まれ
フランス出身
 
代表監督:
 1993-2004 U-23フランス代表 ※国際大会優勝
 2000-2001 U-20フランス代表
 2004~フランス代表
        クラブ監督:
 1987-1988 FCミュールーズ
 1988-1993 オリンピック・リヨン ※1989年2部リーグ優勝

<おまけ>

20060701223448.jpg見覚えのある、どこかの国の監督
ブラジル出身
代表監督:2002-2006 日本代表
クラブ: 1995-2002 鹿島アントラーズ(日本)テクニカルディレクター=監督経験なし
FC2 Blog Ranking

2006年FIFAワールドカップサッカースポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。