庭の果実~イチジク 

Fig_tree[1].jpg我が家の庭の端っこに、毎年イチジクが実をつけます。今年は実の数が多く、しかも例年よりも甘くて美味しい気がする。連日の晴天が果実をおいしくしてくれたのか?

イチジクの名は毎日1個ずつ熟すという意味の「一熟」が 変化して「いちじく」になったとか。また、漢字で書くと「無花果」ですが、それは花が外からは見えないのに果実がなるから。たしかに、花って見たこと無いなと思っていたら、イチジクの可食部、つまり私たちが食べているあの中身の部分が花なんだとか。実と呼んでいますが植物学的には果嚢(かのう)というらしいです。まあ、私にとっては美味しければ、なんであってもいいのですが。

イチジクの原産地は西アジア。日本には江戸時代、17世紀前半に渡来しました。

a_n_e06w[1].jpgイチジクというと、楽園を追放されたアダムとイブが恥ずかしい部分をイチジクの葉で隠していますよね。そもそも、禁断の果実がリンゴではなく、このイチジクなのではないかとも言われているようです。さらに、西南学院大学の「聖書植物園」サイトによると、聖書ではイチジクの木とブドウの木の下に住むことは、幸福、平和、豊かさの象徴とされたとか。
 聖書植物園
イチジクもブドウも好きな私にとっても、イチジクに加え葡萄園を持てたら、もうそれだけで幸せですね。ブドウを実で食べるだけでなく、ワイン造りに手を染めたりして~想像するのは自由ですから。

栄養学的にイチジクを見てみると、カルシウムが豊富で、乾燥イチジクは生のものよりもカルシウム含有量がさらに多く、果物の中でもっともカルシウムが豊富です。健胃・整腸作用もあるそうで、食べ過ぎの後に食べると効果があるようです。古代ギリシャでは体力や脚力を増進させる果実として競技者に好んで食べられたともいわれてます。

 詳しくはこちら食の百科事典
        いちじく・素敵
FC2 Blog Ranking

日記日記

苗字でお勉強 

以前読んだ「人名の世界地図」(文春新書)によると、あの有名な作曲家バッハ(Johann Sebastian Bach)の苗字の部分バッハ(Bach)は、ドイツ語で「小川」という意味だという。なぁ~んだ、小川さんなのか。日本でもヨーロッパでも似たようなものなのね、と思ったものだ。さらに読み進めると、欧米人の苗字には、中世の職業名に由来する名前が多いということがわかる。お馴染みのカーペンター(Carpenter=大工)の他にも
 スミス(Smith=鍛冶屋)
 ミラー(Miller=粉屋)
 テイラー(Taylor=仕立て屋)など。
英語名で表記しましたが、スミス(Smith)がドイツだとシュミットシュミッツ、イタリアでフェラーロ、ハンガリーでコヴァーチという具合に変化する。
4896948599.01._PE_SCMZZZZZZZ_[1].jpg今日読み始めたシャルル・レジェ著「バラの画家ルドゥテ」(八坂書房)。冒頭でルドゥテ(Pierre-Joseph Redouté)の苗字の由来について語られています。(ルドゥテについて書いた過去の記事バラとコミックの関係
何でも先祖は騎士だったとか。

redoute5.jpgルドゥテ(Redouté)は、フランス語の名詞ルドゥトゥ(redoute=方形堡、やぐら)に由来し、騎士ならでは、戦いに付き物の”やぐら”から苗字ができたということだ。辞書で調べてみると動詞ルドゥテ(redouter)は、~を恐れる、危惧する、懸念するという意味のようです。形容詞のredoutable=恐ろしい。redouteからreをとったdouteは英語のdoubtにあたり、疑い、疑念、迷いという意味になります。

フランス語に興味のない方には退屈だったでしょうか?ではこちらはいかがですか? 2368181650[1].jpgサッカーファンならずともご存じであろうイタリア人サッカー審判のピエルルイージ・コッリーナ氏(45歳)。ACミランのメインスポンサーであるオペル社と結んだ、年間80万ユーロ(約1億1000万円)のスポンサー契約をイタリア審判協会が問題視し、コッリーナ氏はセリエAでの活動を禁じられ、遂にイタリア審判協会に辞表を提出したことを会見で明らかにしたとか。その苗字コッリーナはcollina=丘、小山です。丘さん、本当にやめちゃうの?

[追記]2008年5月17日(土)~6月15日(土)Bunkamuraのザ・ミュージアムで
ルドゥーテ生誕250年記念「薔薇空間」展が開催されます。詳細は
 ・こちら薔薇空間とカンヌ映画祭、華やかなる週末(幸せをくれるテディベア)
FC2 Blog Ranking

日記日記

ヴェネチア映画祭 

6830.jpg今日のテーマはカンヌ、ベルリンとともに世界3大映画祭のひとつ「ヴェネチア映画祭」。1932年にヴェネチア・ビエンナーレの映画部門としてスタートし、最も歴史ある国際映画祭といわれています。1950年代には、黒澤明監督の『羅生門』が最優秀作品賞にあたる金獅子賞(1951年)、『七人の侍』が銀獅子賞(1954年)、溝口健二監督の『雨月物語』(1953年)が銀獅子賞、『山椒大夫』(1954年)が銀獅子賞を受賞し、最近では1997年に北野武監督が『HANA-BI』で金獅子賞を、2003年には『座頭市』で監督賞を受賞しています。昨年はスタジオジブリが『ハウルの動く城』で技術貢献賞を受賞。

さて、62回めにあたる今年のヴェネチア映画祭は8月31日に開幕し、9月10日までの11日間、ヴェネチアのリド島で開催されます。ちなみにリド島は、ルキノ・ヴィスコンティ監督の有名な映画『ベニスに死す』の舞台です。仮にリド島に出かけていったとしても、あの妖艶な魅力の美少年タジオには遭えませんが。

金獅子賞を目指すコンペティション部門には、19作品がノミネートされています。リストをざっと見て気になる作品は、ジョージ・クルーニーが自ら監督し、出演もした『Goodnight and Good Luck』と、イ・ビョンホン主演の『JSA』や昨年カンヌでグランプリを獲得した『オールド・ボーイ』で注目度韓国No.1監督になったパク・チャヌクの新作『親切なクムジャさん』。この映画は、「チャングムの誓い」で日本でも人気が浸透しつつある女優イ・ヨンエが主演を務めています。日本公開は11月だそうですが、ストーリーが面白そうです。
 ・ご参考に『親切なクムジャさん』オフィシャルサイト
ほかにも、注目の作品がいろいろあるのでしょうが、予備知識が無くて…

気になる審査員ですが、今年の審査委員長はダンテ・フェレッティ氏。
マーティン・スコセッシの『アビエイター』でアカデミー賞美術賞受賞し、また、ミラノスカラ座やパリのバスチーユ・オペラなどの劇場デザインも手がけている方だとか。こういう人を審査委員長に持ってくるところを見ると、いまだにビエンナーレの映画部門という色彩が強いのでしょうか?

残念ながら、コンペティション部門には日本人監督の作品がノミネートされていないようですが、オリゾンティ部門(ニュートレンドの作品輩出を目指す部門)審査員団の一人として、日本から塚本晋也監督が参加。さらに、昨年『ハウルの動く城』で高く評価された宮崎駿監督に今年、栄誉金獅子賞が授与されます。9月9日(金)は“ 宮崎DAY ”となり、『風の谷のナウシカ』『紅の豚』『On Your Mark』が上映されるとか。

さらに、今年の映画祭の注目の1つが、「アジア映画秘史」。中国映画と並んで1926年~1978年の日本映画が37作品上映されるそうです。

授賞式の模様は、スカパーのムービープラス(Movie Plus)で放送予定。楽しみですね!

 ・ご参考にムービープラス「ヴェネチア映画祭特集」サイト
      ヴェネチア映画祭オフィシャルサイト


FC2 Blog Ranking

映画映画

好きなもの 

i2[1].gif秋の日の ヴィオロンの ため息の…」これは19世紀フランスの詩人ポール・ヴェルレーヌ(Paul Verlaine)の詩の一節ですが、上田敏氏のこの名訳を、毎年秋になると思い出します。

私は「」というものに興味も関心もあまりなく、学生時代、文学少女の友人たちが「萩原朔太郎が好きだ」とか「中原中也のほうが好き」なんてことを話題にしていても「???」で、いったいこんな詩のどこがいいの?しかもこんな昔の人たちの?という感じでしたが、ヴェルレーヌのこの冒頭の1フレーズはとても好きです。その後に続く言葉はすっかり忘れて、また、それを知りたいとも思わず、秋の到来と共に、このフレーズを心の中で繰り返すのです。私にとって大切なのは、詩の本来の意味やヴェルレーヌの気持ちではなく、言葉の美しさと、言葉が醸し出す”秋のおセンチな雰囲気”なのですから。そしてなぜか私のイメージでは、BGMはヴァイオリンではなくチェロ。

batx1.jpg私には、もう一つ好きな詩があります。

てふてふが一匹韃靼海峡(だったんかいきょう)を渡って行った。

」と題する安西冬衛の詩です。韃靼海峡(だったんかいきょう)、つまり間宮海峡を渡っていく一匹の蝶々。この詩はたしか、小学校か中学校の国語の教科書に載っていたもので、その勇ましい蝶々の挿絵も載っていたかと思います。

あの か弱い蝶々が果たして海峡を渡りきれたのか?私は渡れたと思いたい。いや、渡れたはずだ。海峡の先にあるはずの陸地が見えなくても、海に向かって飛び立つ勇気を持ち、必死に羽を動かして、着けないはずがない。


FC2 Blog Ranking

ひとりごと日記

夏の名残 

suika-s.jpg我が家の庭の片隅で育っていたスイカ。7月22日の記事でご紹介しましたが(過去の記事スイカ便り)やっと市販の小玉スイカほどに成長し、今朝収穫しました
もうはちきれんばかりに熟れた真っ赤な実に、黒い種。食べてみるとオイシイ!

今年の夏は何度もスイカを買ったり、人に頂いたりして、ずいぶんとスイカを食べたのですが、今年食べた中で我が家のスイカがピカ1でした。

蒸し暑い夏はイヤですが、が終わってしまうのが名残惜しくて、スイカをいつまでも食べていたい気分。

ところで、一般的にスイカっていつ頃まで店頭に上っているんでしたっけ?今やどんなフルーツでも1年中買うことができるようになって、すっかりわからなくなってます。オレンジ色に完熟している温州みかんを、早くも食べてますし…


FC2 Blog Ranking

日記日記

フランダースの犬とチョコをたずねて3,000里(?) 

20050803223618.jpg8月初めに友人がベルギーのアントワープから送ってきてくれた「フランダースの犬」絵葉書。これを基にして一度書きましたが(過去の記事謎の犬と少年)最近知ったのですが、NHK BS-2でアニメの再放送していたんですね。何度か見たり見なかったりしていたのですが、気が付いたら52話にあたる今日の放送が最終回「天使たちの絵」だったのです。きのうそれを知って、録画して見ました。

もう涙々。このアニメの初回放送は何年前でしたっけ?確か私はあまり熱心な視聴者ではなく、最終回も見ていなかったんですよね。

ストーリーをよく覚えていないという方は、こちらのサイトで復習できます。
 フランダースの犬(バンダイビジュアル)
 『フランダースの犬』研究白書

上記の『フランダースの犬』研究白書によると、1998年にアメリカで公開された実写版『フランダースの犬』があり、かつてアニメで泣いた人が見たら間違いなく絶句する内容だそうです。また、オープニングの主題歌についての記述もあり面白い。

日本人の旅行者(特に女性)は、アントワープを訪れると、この「フランダースの犬」ゆかりの観光名所を巡り、それと併せてチョコレートショップ巡りをするとか。

私の友人のお奨めはデルレイ(DEL REY)
・オフィシャルサイトはこちらデルレイ(DEL REY)
1949年創業で、妥協をゆるさない美味しさへのこだわりからアントワープの本店のみで販売されていたが、昨年東京・銀座にショップをオープン。ネットでも購入できるらしい。ただ、私自身は食べたことがないので、味に関してのコメントができません。
追記:その後、やっと食べる機会が巡ってきました。美味しい!の一言。表参道ヒルズにも出店しているようですので、身近なショップになりつつありますね。ただし問題は値段ですけど。)

0041[1].jpgベルギーチョコで私のお気に入りはピエール・マルコリーニ(PIERRE MARCOLINI)。ほんの数種類しか食べていないのですが、ホワイトチョコレートの中にクルミとキャラメルソースの入った「エスカルゴ」、好きです。それは純粋なチョコレートじゃないよ~なんて意地悪言わないで!

ピエール・マルコリーニ氏はショコラティエ(チョコレート職人)であるだけでなく、パティシェ(菓子職人)、グラシエ(冷菓職人)、コンフィズリエ(砂糖菓子職人)の4つ資格を持っているということで、アイスクリームやソルベ、そしてコンフィチュール(ジャム)も販売しています。こちらも銀座にお店がありますので、オフィシャルサイトでチェックしてみてください。
・こちらからピエール・マルコリーニ




FC2 Blog Ranking

ひとりごと日記

台風接近 

ただいま台風の暴風域に突入中。ニュースで、東海地方の街路樹が倒れている映像を見たけれど、まだこちらは、そこまで風は強くないようだ。夜11時を過ぎた今の時間だと、家路に急ぐ(?)車が走る音が聞こえている。

それでも今日は、夜更かししないで早く寝たほうがよさそうだ。だんだん風の音が大きくなっている。

おやすみなさい!

FC2 Blog Ranking

日記日記

懐かしのチョコレートのカード 

20050824205424.jpgかわいらしくて懐かしいこの花の妖精、英国の絵本画家シシリー・メアリー・バーカー(Cicely Mary Barker)<1895~1973>作の絵本「フラワーフェアリーズ(Flower Fairies)・冬」です。
なぜ”懐かしい”かと申しますと、かれこれ20年以上前でしょうか?当時良く食べていた森永製菓の「ハイクラウン チョコレート」のオマケとして、この妖精たちのミニカードが入っていたのです。その美しさ、可愛らしさに魅せられて、夢中でカードを集めたものです。大事にしまっておいたつもりでしたが、いつの間にか、置き場所もわからなくなって現在行方不明。

今日行った百貨店の「プリザーブドフラワー マーケット」に何とこの「フラワーフェアリーズ」コーナーも設けられていて、絵本やカード、ランチョンマット、ティーセットなどが売られていました。私はこの本と、シールを数枚購入!

作者シシリー・メアリー・バーカー(Cicely Mary Barker)<1895~1973>は、幼い頃から体が弱く病弱だったため学校へは行かず、家庭で教育を受けました。そのため、多くの時間を読書や絵を描くことに費やしたといいます。13歳の時、父の勧めで地元のアートソサエティーに登録し、15歳の時、彼女の4枚の絵が、グリーティングカードとして印刷されて販売されました。それ以後、絵葉書、雑誌の挿絵、絵本…と仕事の幅を広げていきました。

1923年、花の妖精たちの絵と、美しい詩で綴られた絵本フラワーフェアリーズを出版。かわいい妖精たちのモデルは、お姉さんが経営していた幼稚園に通ってくる子供達だったと言われています。
 ・オフィシャルサイトはこちらフラワーフェアリーズ オフィシャルサイト
 ・参照シシリー・メアリー・バーカー関連本

森永「ハイクラウン チョコレート」で検索していたら、こんなユニークなサイトを見つけました。20年前のチョコレートの写真を載せているonthewellさんのサイトです。昔のハイクラウンの写真もありました
 ・こちらから20年前の森永ハイクラウン
 ・オマケのカードの写真までハイクラウン カード
私が持っていたカードも2枚載っている!

 ・ほかのチョコレートの写真もどうぞ20年前のチョコレート

 ・森永ハイクラウン関連記事紋章との出合い
FC2 Blog Ranking

ひとりごと日記

世界へ羽ばたく 

海外で活躍するサッカー選手を、今まで何度か取り上げてきました。今日は趣向を変えて、美術界に目を向け、世界に羽ばたくアーティストというテーマで書きたいと思います。といっても、私は美術の専門家でも、美術界に詳しい人間でもないので、友人から情報を得た、ある有名画家の海外での展覧会の告知と、ネットで見つけた、素人も参加できそうな展覧会を取り上げます。

まずは、ネットで見つけた方から。
e2005-02b.jpgこちらのポスターは、イタリアのボローニャで毎年開催されている「ボローニャ国際絵本原画展」のもの(日本版)。この展覧会は16歳以上ならば、出版・未出版作品を問わず、誰でもどんな作品でも応募できる参加型展覧会。応募者の中から入選者を選び、その作品のみを展示します。25周年にあたる今年は、8月14日にすでに閉幕し、世界約60の国と地域から2,570人が参加し、入選者85名の作品が展示されました。その内日本人は何と16名

作品は、5点一組で提出され、一つの物語を語るための調和が取れているか、表現に新しさ、オリジナリティがあるかどうか、ということに重点を置いて選び出されるとか。ここ数年、日本人イラストレーターたちの活躍が注目され、ボローニャ展入選をきっかけに、ボローニャに行く日本人イラストレーターが増え、海外の出版社から出版するケースも出てきているらしい。そういう意味では、この展覧会は作家、イラストレーターの登竜門になっているようだ。

今年初めて応募して、入選を果たしたShinichi Maruokaさんの体験記は~
こちらからShinichi Maruokaさんリポート

来年の展覧会に私も応募してみたい!という方は~
こちらをご覧くださいボローニャ国際絵本原画展要綱へ(日本語)

さて次は、冒頭でも述べました、ある有名画家の展覧会。その有名画家とは、笹倉鉄平さんです。
画家になる前は、イラストレーターをされていて、森永製菓の「小枝」のイラストなどを手がけられていたとか。現在では、独特の色彩や光の描き方など、人間や風景への愛情を感じさせる暖かい表現方法で、幅広い世代に高い人気を得てますよね。

こちらから作品の一部が見られます笹倉鉄平オフィシャルサイト
ファンサイト

その笹倉鉄平さん。昨年に引き続き、今年もイタリアで個展を開くそうです。今年の開催地は、なんとフィレンツェ!ルネサンス文化が開花した花の都!世界中からの観光客で賑わう あのフィレンツェでの開催にあたり、氏も特別な意気込みがあるようで、オフィシャルサイト上にコメントを載せていらっしゃいます。
こちらからフィレンツェ出発前のメッセージ20050823211618.jpg

さて、その個展ですが
 場所:Palagio di Parte Guelfa
 会期:一般公開9月2日(金)~9月7日(水)
 時間:9:30~12:30 15:00~19:00

地図が見づらいですが、展示場はミケランジェロの「ダヴィデ像」が立っているシニョリーア広場(Piazza di Signoria)の西、つまりヴェッキオ宮からどんどん離れていく方角にあります。

このブログを読んでくださってる方で、たまたま私はその期間にフィレンツェに居るわ!なんて方は、是非立ち寄ってみてください。
FC2 Blog Ranking

アート・デザイン学問・文化・芸術

海外生活日記 

ブログを立ち上げて3ヶ月半。この間にいろいろな人たちのブログを覗いてきました。そして気が付いたのは、海外に住む日本人のブログが数多くあるってこと。

留学だったり、仕事だったり、理由は様々ですが、日本を離れて海外に住んでみると、カルチャーショックがあったり、理不尽なことがおきて頭を抱えたり、素敵な人との出会いや交流があったり…たしかに、日本で平凡な生活を送っている私のような人間に比べたら、話題に事欠かないでしょうし、ブログを介して、様々な日本人とささやかなコミュニケーションをとれることが、心の支えや気分転換、ストレス解消になっているのかもしれません。

北米やヨーロッパ、アジア各国からのブログ参加が多い中で、こんな国で、こんな生活を送っているという気になるブログを覗いてみましょう!

map(3.gifまずは、今年の4月からアフリカのケニア、首都のナイロビ市に住んでいらっしゃる”hysmamaさん"のブログ「ナイロビの青いバカ」。ケニア=ライオンやキリンなどの野生の王国 というイメージがありますが、もちろん人々も住んでいるわけで、今まであまり見聞きしてこなかったケニアの生活日記は、とても興味深いです。
 ・こちらからナイロビの青いバカ

map(1).gif次は、アラビア半島の北の端、カタールに暮らす”TAKE Cさん”のフォト日記「ラクダな日常Ver.2」。”TAKE Cさん”は、このブログ以外にもホームページを運営されていて、様々な写真が見られます。写真だけを見ていると、きれいな被写体、風景などをお気楽に見られますが、カタールでの仕事と生活は、一筋縄では行かないわけで、そのあたりを読み進めていくと面白いです。
 ・こちらからラクダな日常Ver.2

FC2 Blog Ranking

私のおすすめブログ

期待の星たち☆ 

今季レッジーナからスコットランドのセルティックへ移籍し、スコットランドのちょっと退屈気味のサッカーに変化をもたらしつつある中村俊輔、入団会見でのall英語が話題になった、イングランド・ボルトンへの移籍を果たした中田英寿。その2人ほどには話題にならないけれど、着実に力をつけ、次代の日本代表を支える期待の星たちを今日は取り上げたいとおもいます。050821_soc_hirayama200[1].jpg
先ずは、オランダ1部リーグ(エールディビジ)のへラクレス(Heracles)移籍後初出場のADO戦でいきなり2得点を挙げ、逆転勝利の立役者となった20歳の平山相太。後半30分に交代選手としてピッチにあがってから1分半でフリーキックに合わせたヘディングで先ず得点し、その7分後にはコーナーキックからのボールに頭で合わせて2得点目ゲット。このセンセーショナルなデビューは、将来への可能性を感じずにはいられません。

・ここで、ヘラクレスのホームページを覗いてみましょう!ヘラクレスHP
・オランダ語なので、翻訳ツールのDutch to Englishを選択してaltavista翻訳

p_s53[1].jpg次が、ジーコジャパンの10月の欧州遠征で、招集予定の1人となっている松井大輔。現在所属するフランス・リーグ1のル・マン(le Mans)で4試合連続出場し、その実力は、フランスフットボール誌の週間ベストプレーヤーに選ばれる程です。彼が、ジーコジャパンの中で、どう機能するのか早く見てみたいなぁ。

・ル・マンのホームページを覗きたいのですが、残念ながら工事中。
 一応貼り付けておきます。ル・マンHP
・松井大輔公式サイトは見られます。松井大輔公式サイト

おまけの情報として、こちらも覗いてみてください。ル・マン監督 フレデリック・アンツ監督のユニークな練習法を紹介しています。
・参考Off the Ball

FC2 Blog Ranking

サッカースポーツ

絵本と庭園の幸せ 

20638_tn[1].jpgこの可愛らしい絵、作者は今年90歳の絵本作家・画家のターシャ・テューダー(Tasha Tudor)です。彼女は1915年、飛行機やヨットの設計士である父と、肖像画家の母の間に生まれました。4938624192[1].jpgそんな彼女が画家の道を歩むことになったのは、やはり自然の成り行きだったのでしょうか?今までに、100冊もの本の絵(イラスト)を手がけ、数多くのクリスマスカード、カレンダーの絵などを生み出しています。

彼女は1830年代の様式を好み、自らデザインした家を今から30年ほど前にバーモント州の森の中に建て、現在も自然と動物に囲まれながら19世紀風の暮らしを実践しています。

その暮らしぶりは、このブログでかつて紹介した本「ターシャ・テューダーの言葉3~今がいちばんいい時よ」(出版:メディアファクトリー)などで、垣間見ることができます。
 ・過去の記事素敵な言葉たち

ターシャは、絵本作家、画家としてだけではなく、庭師としても有名です。30万坪に及ぶ庭園には、彼女が丹誠こめて手入れをした季節の花々が咲き、植物が育っています。

その「秘密の庭園」。私たちでも見学、散策できる一般向けのミニツアーを、年に何度か催しているようです。しかし、残念ながら次回9月10日に予定しているツアーのチケットはすでにsold out。その後の公開日情報はこちらでチェックしてみてください。
 ・ターシャのホームページターシャ・テューダーと家族 サイト

今まで載せておりました動物の絵は、ターシャ・テューダー作ではなく、お嬢さんのBethanyさんの絵であることが”バンビのボスさん”のご指摘でわかりました。リサーチ不足で申し訳ありませんでした。ターシャ・テューダーさんの絵を新たにアップしました。
FC2 Blog Ranking

ナチュラル生活趣味・実用

今さら 飲ま飲まイェイ 

AVCD-17626.jpgこのイラスト最近良く目にするなぁって思っていたんですよね。これは、オリコンのウィークリーアルバムチャートで1位に輝いたO-ZONE(オゾン)「恋のマイアヒ(Dragostea din tei)」の日本版CDです。数日前の読売新聞夕刊に載っていたオリコンランキングで、順位モルドバ出身という部分に惹かれて、どんな歌でどんな人たちが歌っているのだろうと気になって、パソコンで検索していて出てきたのが、日本でのオフィシャルサイトでした。

「恋のマイアヒ」を聞いてみてビックリ。「あっ、あの曲だ!」わたしは、昨年すでにこの曲を聞いていました。聞くというより、O-ZONEが歌っている姿をテレビで見ていました。スカパーのTVEスペインチャンネルで放送中の音楽番組「Música uno」で。

ルーマニア語で歌うO-ZONE(オゾン)は、東欧のモルドバ共和国(旧ソ連)出身の男性3人組。 ラド、アルセニ、ダン。2002年ルーマニアでデビュー。
prof_rado[1].jpgprof_arsenie[1].jpgprof_dan[1].jpg

この「恋のマイアヒ(Dragostea din tei)」は、ルーマニア国外では、最初スペインで火がつき、フランス、イタリアと続々とヨーロッパを席巻。
 ドイツ  13週連続1位(プラチナ獲得)
 フランス 9週連続1位(プラチナ獲得)
 イタリア、スペイン、ベルギー、オランダ、スウェーデン、オーストリア、スイス、ポルトガル…で1位獲得
 イギリス 最高3位

ビルボードヨーロッパチャート10週連続総合1位獲得。

日本版アルバムは今年の3/2に発売され、オリコンのウィークリー・アルバム・チャート3/14付で初登場83位。7/15放送の『ミュージックステーション』出演後から急上昇を見せ、直後の7/25付では前週31位から12位、翌8/1付では8位を記録!24週目にして1位獲得。累積売り上げは30万枚突破。洋楽男性アーティストの1stアルバムによるTOP5入りは、2002年11/4付に、Backstreet BoysのNick Carterによるソロ1st『Now Or Never』(最高位4位)が記録して以来、2年9ヵ月ぶりとか。

まあとにかく、すごい売れ方ということだ。
 ・ご参考にオゾン日本オフィシャル

『ミュージックステーション』出演前から、TV番組「SMAP×SMAP」「ホストマンブルース」でこの曲が使われていて、サビの部分が”飲ま飲まイェイ”と聞こえることから、そのノリの良さで人気が出てきたらしい。『ミュージックステーション』も「SMAP×SMAP」も見ていないので、知りませんでした

今月24日(水)には、CD+DVDのパックが発売されるとの事。
 ・こちらHMV

先ほど、スペインで火がつき~とご紹介しましたが、スペイン発で思い出すのが、数年前に日本でもブレイクしたスペインの3人姉妹ラス・ケチャップの「アセレヘ」。へんてこな振り付けと、意味不明な歌詞が懐かしいなぁ…。
FC2 Blog Ranking

続きを読む

ひとりごと日記

サッカー!カルチョ!フットボール! 

mast3.jpgジーコジャパン、昨日のイラン戦での勝利で、ますます来年のドイツW杯が待ち遠しくなりました。同じ日にヨーロッパ各地で行われた親善試合。心配していたフランス代表チームは、コートジボワールを相手に、3-0と快勝。良かった良かった。しかしこれはあくまでも親善試合。ヨーロッパ予選でも、この調子でがんばって欲しいです。

新たにサッカー関連のお気に入りブログを集めたリンク集を、右サイドに作ってみました。情報量の多さ密度の濃さを基準に選ばせていただきました。もうサッカーから目が離せません!
FC2 Blog Ranking

サッカースポーツ

ブルー 

毎年、夏の甲子園の決勝が近づくにしたがって、”秋”の気配を感じるようになってくる。依然、蒸し暑い日が続いているのだけれど、元気いっぱいの真夏とは違う物悲しさを、なんとなく感じるのです。うまく説明できないのですが。

そんなちょっぴりセンチメンタルな気分がそうさせたのでしょうか?このブログタイトルのバックカラーは「もう水色じゃないな」って思ったので、変えてみました。

20050817-00000028-spnavi-spo-thum-000.jpgさて、我らが日本代表。イランに勝って、気持ちよく来年のW杯に行けますね!今日の試合は、監督や選手にあまり罵声を浴びせずに、TV観戦できました。今まで、とても他人様にはお見せ、お聞かせできないほどに、ののしりまくって、怒鳴りまくりながら見ていたんです過去の試合は。
点を取ること、勝つことを意識した今日の試合は、ちゃんと結果もそれについて来たじゃないですか。こういう試合を見たいんです。

REP_FFF_ZIDANE_DOS_PE2344.jpg
日本は勝ってうれしいのですが、心配なのは、同じ青をユニフォームにしている”レ・ブルー”ことフランス代表チーム。こちらは、まだまだヨーロッパ予選真っ只中で、17日はコートジボワール代表との親善試合。ジダン、マケレレ、チュラムを復活させて、どこまで再生可能なのか?監督が変わらないと…という声も耳にしますが、この試合でどんな結果になるのか心配です。結果を聞いてブルーになっちゃうかも。
FC2 Blog Ranking

サッカー日本代表スポーツ

占いで小休止 

今日は息抜きに、占いなんてどうでしょう?結果は似たり寄ったりですが、無料でできるものを紹介します。

まず、「花占い」。
ページを開くと、童謡「浜辺の歌」が聞こえてきます。「♪あした浜辺を さまよえば~」

誕生日の月と日にちを入力すると、誕生花が表示され、その花の写真も見られます。花と花言葉の解説同じ日に生まれた有名人・一般人の一覧も表示。
・こちらから花占い

次が「山手線占い」。いったい何を占うんだ?という感じですが、生年月日から導き出された数が、山手線28駅の中のどれになるかで、自分の性格と恋愛傾向を占うというもの。入力は半角でどうぞ。
ちなみに私は大崎駅と出た。占いの結果のページには、私の性格と恋愛傾向と共に、大崎駅に関するコメントもあり、「ゲートシティの裏技でイメチェン一発飛翔駅」らしい。さらに「山手線外回り終点駅のため終電後のタクシー乗り場は毎晩行列。少し前まで工場だけのイメージだったが、昨年できた「ゲートシティ大崎」とともにオシャレ度数急上昇中。埼京線乗り入れの噂もあり今後の注目駅だ。」って。ちなみに駅の写真と共に1日の平均乗車人員数、大崎のシンボルらしい大崎ニューシティの写真なども載っている。
・こちらから山手線占い

title2.jpg最後に「いぬ占い」。もう細かいことはごちゃごちゃ言いません。星座・血液型・出身地・兄弟姉妹構成を入力して先ずは試してみてください。
・こちらからいぬ占い

どうでした?
FC2 Blog Ranking

今日のお話。日記

blog調査中 

先日、私の「気になるブログ」をご紹介しました。コメントにて加筆したのですが、日本とは言わず、世界の気になる有名人のブログってあるのかな?という素朴な疑問を持ち、現在調査中です。

すでに情報をお持ちの方は、是非教えてください!お願いします

image.jpgさて、いろいろ検索していたところ、女優にして歌手でもあり、映画監督、脚本家、プロデューサーという顔も持つバーブラ・ストライサンド(Barbra Streisand)のホームページにたどり着きました。その中に「Statements」というカテゴリーがあり、彼女自身の声明やスピーチが載っています。B0000QUFMM.09._PE_SCMZZZZZZZ_.jpgロバート・レッドフォードと競演した映画「追憶」で演じた主人公が、政治活動に熱心な人物だったため、本人自身もそうなのかなぁ? とイメージしてしまいます。

ざっと彼女のstatementsを見てみると、最新の8月5日付けのstatementでは、翌日6日の広島の原爆投下に触れ、もう一つの爆弾(ビン・ラーディンがアメリカへの攻撃を決めたという内容のメモ)が4年前にも落とされていたのに、それを無視して長期夏期休暇を取り、対策を講じなかったブッシュ大統領を痛烈に批判した内容になっています。その年の9月11日に、NY同時多発テロが起きたのです。
・ホームページはこちらバーブラ・ストライサンドHP

FC2 Blog Ranking

雑記ブログ

梨のおかげ? 

img_01b.jpgNHK BS-2で放送中の韓国ドラマ   「チャングムの誓い」。女性のみならず、男性ファンをも虜にしている、話題の韓国宮廷ドラマですが、料理シーンで度々登場する韓国ならではの使い方に、興味が湧きます。摩り下ろして冷麺の汁の中に入れたり、肉に汁を染み込ませたり、その多様な使い方に料理が不得手な私でも、試してみたくなります。

この梨、現在の韓国でも頻繁に使われていて、一例を挙げると焼肉の漬け汁の中に梨をすって入れて、肉をやわらかく、おいしく変身させるとか、キムチを作る時にも使っているようです。nasi.jpg

ところで、私はここ1~2週間、腎臓か膀胱の調子が悪いようで、トイレに行く回数は変わらないものの、あの量が少ない状態が続いていました。その影響か、体のダルさが尋常ではなくて。ただ、毎日飲んでいる薬があるのですが、その副作用ということも考えられるし、持病のせいで疲れやすいのかも?と確信が無かったので、様子を見ていたんです。

たまたま数日前に知り合いにを頂き、3日前に一度食べ、今日大量に食べました。その影響なのか、ほかの要因があるのか全くわからないのですが、今日から腎臓の状態が元に戻ってくれて、心なしかダルさも軽減されたような気がします

は、料理をよりおいしくしてくれるばかりか、いくつかの効能があるようです。

その一つが利尿効果。私の体調を元に戻してくれたのが、梨であった可能性大ですよね。しかも、疲労回復効果もあるらしい。ほかにも便秘解消血圧を下げるほか、肉の消化を助ける二日酔いに効くのどにいいなど。

ただし、解熱作用があって身体を冷やすため、妊娠中の方や冷え性の方は食べ過ぎにご注意ください
参考に、こちらのサイトをご覧ください。梨の効能とおいしい梨の選び方
FC2 Blog Ranking

健康管理ヘルス・ダイエット

気になるblog 

前に、お気に入りのblogをご紹介しましたが、今回は気になるblogをご紹介します。
「気になる」=「気になる人」とさせていただいて、最近増えている有名人のブログを覗いてみたいと思います。

いくつもあるブログサービスサイトの中で、有名人の登録が多く、またそれをウリにしている『ココログ』。ココセレブ一覧というページがあり、ジャンル別に有名人一覧が出てきます。その中で目に付いたのが、今ヘルシンキで行われている世界陸上の400メートルハードル決勝で、48.10秒と今季自己ベストタイムで銅メダルを獲得した為末大選手。さらに、ジーコジャパンの心強いキャプテン、ガンバ大阪の宮本恒靖選手。 
・ここをクリック為末大ブログ
・ここをクリック宮本恒靖ブログ

こんな人もいます。ノルディック複合の選手としてオリンピックやワールドカップで金メダルを獲得。その華々しい選手生命に終止符を打ち、昨年の参議院選挙に全国比例代表区で初当選し、現在参議院議員として活動している荻原健司氏。郵政民営化法案の、参院での否決に伴う衆院の解散・総選挙という流れの中で、スポーツ選手→参院議員 の一人として、どんなことを考え、それをどんな風にブログに反映させているか興味があります。
・ここをクリック荻原健司ブログ

ほかにも、いろんな人がいますので、覗いて見てください。
・ここをクリックココセレブ

政治といえば、こんなブログもありました。その名も『ele-log(エレログ)』。エログロではありませんので、ご注意を。政治家ブログ”ele-log(エレログ)”とは、テーマトピックスにそって、参加政治家が意見を綴り、有権者がそれを見て、比較できることを目指したサイトとのこと。また各政治家のブログを見ることもでき、こちらからコメントやトラックバックすることも可能。自民党の山崎拓氏を筆頭に、党の垣根を越えて、民主党、共産党、公明党や無所属議員も参加しています。
・ここをクリック政治家ブログ
FC2 Blog Ranking

最近気になるこんなものブログ

月の誘惑 

B00005G8Z2.09._PE_SCMZZZZZZZ_.jpgきのう「」をテーマにしましたが、その中で触れたヴェルレーヌとランボー。この2人の関係を描いた1995年のイギリス映画。邦題は「太陽と月にそむいて」でしたね。レオナルド・ディカプリオ演じるランボーの姿がいまだに脳裏に残っていて、たしかあの映画を見てから、私はレオ様贔屓になったのでした。そこでこじつけて、きょうのテーマは「」。

まず「」についてのより詳しい情報源として、フリー百科事典  『ウィキペディア』は、かなり使えます。

地球の衛星 月に関する一般的な情報に加え、月探索の歴史、月に関連した作品一覧(例えばタイトルや歌詞の中に月が出てくる曲名リスト、アニメリストなど)や、なぜイスラム諸国の国旗に月が多く使われているのか?といった月に関わるありとあらゆる情報が載っています。

初めて知ったのですが、月のクレーターにはアサダ、アボットなどの名前が付けられているんですね。
まずはクリックしてみてください!百科事典ウィキペディア

ところで、皆さんはすでにご存知でしょうが、月の土地を購入することができます
こちら月の土地

月が人の所有物になるというのは、ちょっと??ですが、まあ夢があるといえばあるのでしょうか。
FC2 Blog Ranking

ひとりごと日記

風のように~ 

日常会話ではあまり使わないものの、本や歌詞の中で頻繁に使われるし、また、外国語の勉強をしていると度々出てきて、日本の感覚との違いに唖然とすることもある比喩的表現4338169036.jpg例えば、イタリア語やフランス語で使われている「ゾウのように記憶力のいい」という表現。言われてみればそうだろうが、ゾウという動物を、大きくて鼻が長い動物以上のものとしてあまり見てこなかった日本人にとっては、新鮮な表現だ。

何年か前に、イタリア語の歌詞の中に、素敵な表現をみつけた。
Libero come il vento(風のように自由に

65.jpg
それまで風を自由だと感じたことはなかったが、確かに風を擬人化すると、気ままで、好きな時好きな所へ行けそうな雰囲気がある。19世紀のフランスの詩人ポール・ヴェルレーヌはたしか、放浪の旅の同行者にして恋愛の対象だったアルチュール・ランボーを「風の靴を履いた男」と例えていたとか。風のように自由で気ままで、いつどこへ行ってしまうかもわからない~という意味なのか?

ところで、「風が吹く」をイタリア語で言う場合、<tirare>という動詞を使う。
この<tirare>は、引く引っ張るが主な意味で、風が吹くの「吹く」がなぜtirareなのかピンとこない。Tiramisu_en.jpg

ちなみに、イタリアのデザート人気ナンバー1のティラミスはtiramisùと書き、もともとは「私を上に引き上げて」つまり「私を元気付けて」という意味なのだ。

こんなに楽しみながらだと、外国語学習も苦ではなくなってくる。
FC2 Blog Ranking

つぶやき。日記

前言撤回 

代表復帰の理由に「神のお告げ」を匂わせていたフランス代表のジダン。この発言による波紋を危惧してか自身のホームページ上に、フランス代表へ復帰を決断したのは宗教とも神秘とも何の関係もないと述べ、CIVIL_ZIDANE_180505.jpgサッカー専門紙フランス・フットボールでの告白を全面否定した。

私は宗教でも神秘でもなくて、明確に一人の人間のことを話したのだ。記事の中で、私はその人が誰か言いたくなかったが、物事が悪く解釈されたようなので、それは私の兄だと明らかにする。話はこれでけりがつくはずだ。」と述べたという。

No! No! ジダン!けりは、つかないと思う。ますますこの話題で盛り上がりそう。

ジダンのホームページをご覧になりたい方は、こちらから。フランス語かスペイン語ですが、Google翻訳ツールを使えば英語に変換できますよ。
ジダンHP
Google翻訳

FC2 Blog Ranking

日記日記

神のお告げ 

FRANCE_ZIDANE_030805[1].jpg共同通信によると、今月3日にフランス代表への復帰を表明したサッカー界の至宝 ジネディーヌ・ジダン(33歳)が、復帰を決断したのは「“神”のお告げで啓示を受けたからだ」と9日発売のサッカー専門紙フランス・フットボールで告白して、話題を呼んでいるらしい。
 
ジダンは「悪く解釈してほしくないが、私に起きたことはとても神秘的で、理性では分からないことだとし「ある日の午前3時に突然目が覚め、誰かと話をした。誰もその人を知らないし、わたしも自分に説明できない。しかしその人は存在するのだ“神”との出会いを語った。
 
さらに「数時間、わたしはその人と2人だけでいた。そして啓示のようなものを受け、突然、サッカーのプロ選手になったころの原点に戻りたいと強く思った。抑えきれない力がわたしを支配した。」と述べたという。
 
ジダンは商売や政治的な圧力を受けたとの憶測をきっぱりと否定し、“神の啓示”の体験を告白することを選んだという。

さて、ジダンは、21世紀のジャンヌ・ダルクとなり、瀕死のフランス代表チームに勝利をもたらすことができるのだろうか?ジダン、マケレレに続き、チュラムも代表引退を撤回して、戻る意思を表明したらしいが、現在の代表チームが過去の栄光を取り戻せるのだろうか?

ここまでやって、もしW杯ヨーロッパ予選を突破できなかった場合、ジャンヌ・ダルクの最後のように…。つい、そんな風に考えてしまう。

FC2 Blog Ranking

サッカースポーツ

お気に入りblogたち 

いままで、私のお気に入りの音楽グッズをいくつかご紹介してきましたが、満を持して…毎日チェックしているお気に入りブログを、今回はご紹介いたします。

hisop.gifまずは癒し系。花や植物って、写真を見ているだけで癒されませんか?そういう癒しを求めている方にお奨めなのが、
ジッチャンのガーデニング 」。ガーデニングにはまっていらっしゃるという自称ジッチャンが、ご自分の庭で育てているハーブやお花の写真を載せています。さらに、毎回紹介する植物の原産地や和名、草丈をはじめ、料理での使い方や薬草としての効能なども記載されていて、まさに植物事典。きれいな写真を見るだけでも楽しいですが、植物を実際に育てているような方たちには、かなり参考になるのでは?

次はフラワーコーディネーター花屋ズッキーさんのブログマガジン「United Flower Organization 」。カラフルで美しい花束の写真を見ると、水不足の植物のようだった心も体も元気になれます。

0156012197.01._PE10_SCMZZZZZZZ_.jpg続いては、日本に居ながらにしてヨーロッパの空気が吸える気分にさせてくれる、お気に入りブログをご紹介します。

いつもコメントを寄せてくださってるしゃるろっとさんの「Comme d'habitude~フランス語翻訳のお勉強」。タイトルどおり、お馴染みのサン=テグジュペリの「星の王子さま」と、カミュの「異邦人」を原文のフランス語から日本語へと翻訳するアプローチが主軸になっています。でも、それだけではありません。パリルーアンニースへ留学し、フランスの地方30ヶ所を旅した時の旅行体験記が、写真と共に紹介されていて、フランスの空気を感じることができます。
・ここから入れますフランス語翻訳のお勉強

20050808175429.gifそして、フランスよりスペインが好きという方には、イスラム文化の影響を多く残しているアンダルシアの旅行記「イスラミック・ブルー」をお奨めします。文化や歴史の知識を背景にし、しかもaoiさんの描写はりアルで、ガイドブックには載っていない生の旅行体験記という感じがします。
・ここから入れますイスラミック・ブルー

14.jpg最後は、とにかく笑えるブログを。mojaoさんの「フランス留学体験記」。サブタイトルにあるうように、内容は「フランス語学習やフランス生活、フランス人のなぞなど、たまにサッカー」ですが、mojaoさんの独特な語り口が面白い。お試しあれ!
・ここから入れますフランス留学体験記

FC2 Blog Ranking

好きなんです!ブログ

バカンス気分♪ 

20050806200612.jpg私のように、夏休みシーズンだというのに、旅行の予定も海水浴に行く予定も無い皆さん!せめてブログ上でバカンス気分を楽しみましょう!さあ 出航です。

今まで行った旅行先で撮った写真の中から、海やバカンス気分を感じられるものを数枚選んでみました。本当は、爽やかなBGMを付けたいところですが、そういった技術がありませんので、あしからず。

ナポリから出航した船が着いた先はカプリ島20050806202405.jpg船着場には、こんな建物が並んでいます。最近は日本でも、オレンジやピンク、黄色などカラフルな外壁の家を見るようになりましたが、イタリアの建物の美しい外壁は、見ているだけでウキウキしてきます。

20050806202659.jpg旅での宿泊先。ホテルも確かにいいですが、長期滞在の場合、イタリアではアパートを借りることもできます。こちらは サルデーニャで滞在したアパートのベランダから撮影。このベランダで昼食を食べたけれど、熱すぎてバテそうになってしまった。

20050806205137.jpg最後にご覧頂くのが、シチリア1のリゾート地 タオルミナ。フランス映画「グラン・ブルー」の撮影地だったことでも有名ですが、イオニア海に望む標高250mの丘の上にある町から海を見下ろすと、その美しさに言葉を失います。

・カプリ島の写真をもっと見たい方は、こちらをカプリ島写真集
 トップページ(Capri Blue)

・サルデーニャの写真をもっと見たい方は、
 こちらをサルデーニャ写真集
・タオルミナの写真をもっと見たい方は、こちらをタオルミナ写真集
FC2 Blog Ranking

Macでも駄目なら… 

affdownloaditunes20050628.gif華々しくスタートしたアップルコンピュータの音楽配信サービス「iTunes Music Store」。開始時から100万曲を用意し、中心価格は150円。従来の配信サービスの配信曲数が9万曲~20万曲だったことを思えば、その数の多さに驚く。

そこで早速そのiTunesをダウンロードしてみた。

ところが私が聞きたい、欲しいアーチストがぜんぜん登録されてない。ユーロポップやラテンは完全無視か?100万曲ってかなりの数字と思いきや、まだまだ足りないのですね。

仕方が無いので、各アーチストのホームページで聞けるサンプルで我慢します。
お奨めを数人ご紹介しましょう。

derisio_foto1.jpg まずは、イタリアのLuca Dirisio(ルカ・ディリシオ)。デビューシングル「Calma e sangue freddo(カルマ エ サングエ フレッド)」<冷静に落ち着いてください~の意味>で一躍スターダムに。スペインの音楽番組にも出るほど。

HPはこちらからルカ・ディリシオ HPを開くとその「Calma e sangue freddo」が流れますが、”DISCOGRAFIA”をクリックすると、右のほうに曲名リストが出てきてほかの曲も試聴できます。

amaral20copia[1].jpgお次はスペインのAmaral(アマラル)。リードヴォーカルの女性Eva Amaral とJuan Aguirreの2人組。Evaの激しい歌いっぷりと、ボヘミアンな雰囲気が個性的で、一度聞くと歌声が耳に残る感じです。
HPはこちらからアマラル HP上右上のをクリックすると、ほかの曲も聞けます。

foto_22.jpg最後は、ベネズエラのイケ面Carlos Baute(カルロス・バウテ)をご紹介。スゴく歌がうまい!ってわけではないのですが、歌う姿を見るとつい見入ってしまう。ホームページでは是非、Videoを見てください。
HPはこちらからカルロス・バウテ

お楽しみいただけましたか?

[追記]月日が流れ、iTunesでダウンロードできる曲の数もジャンルも増えましたね。
上でご紹介しましたAmaral(アマラル)、そしてCarlos Baute(カルロス・バウテ)の曲も追加されました。
ご存知だと思いますが、iTunesは、曲名をダブルクリックすると試聴できますよ!
 ・Amaral
 ・Carlos Baute
FC2 Blog Ranking

なぜカラス? 

  • [2005/08/04 21:16]
alfa[1].jpgエンブレム」という言葉から何を連想しますか?学校や団体のブレザーに付いているエンブレム?それとも車のエンブレム?今日はサッカーのエンブレムのお話です。本題に入る前に、こちらのご存知イタリアの自動車メーカーアルファロメオのエンブレム。右側の大蛇がくわえているのは、少年だそうです。なんだか怖~いですが、アルファロメオの本拠地であるミラノのかつての支配者ヴィスコンティ家の祖先が、森に住んでいる竜に食べられそうになっていた子供を助け、その竜を退治したという伝説に由来する図柄らしいです。現在のミラノ市の紋章にもこれは使われており、さらに、サッカーセリエAのインテル・ミラノのエンブレムもこの大蛇をイメージした丸いデザインとなっているとか。4777903036.01._PE_SCMZZZZZZZ_[1].jpg

こんな風に、サッカーのエンブレムの図柄や文字が意味するところを紐解いて、チームの歴史や地域性、民族性を探っていく大変面白い本が
世界のサッカーエンブレム完全解読ブック(出版社)です。

emblem.gif例えば、日本代表のこのエンブレム。3本足のヤタガラスは、神話に登場する太陽神の象徴であるとか。また、中村俊輔選手の移籍で、注目度No.1のスコットランドのセルティックが、Crestsml[1].gifホームが同じグラスゴーでライバルのレンジャーズとは異なり、カトリック系であるため、スコットランド人よりもアイルランド人に人気がある…など、エンブレムの意味するところの説明から、民族的、宗教的背景にまで内容は及び、サッカーという入り口から、ヨーロッパの歴史や文化も垣間見られる。

日本のJ1、J2のエンブレム紹介もあって、こちらも興味深い。

オリジナルエンブレム作成はこちら エンブレム刺繍職人
FC2 Blog Ranking

読んだ本。本・雑誌

謎の犬と少年 

20050803223618.jpg少年と犬のこちらの像、何の像だと思いますか?答えは、「フランダースの犬」のネロとパトラッシュです。友達が、ベルギーのアントワープから絵葉書を送ってきてくれました。彼女いわく「アニメとは似ても似つかぬショボイ ネロとパトラッシュ」ではありますが、アントワープへ行き、ルーべンスの絵があるノートルダム大聖堂やルーベンスの家、市場などを廻る観光コース「ネロとパトラッシュの道」の締めとしてこの像を見に行くというも、けっこう味な旅ではないでしょうか?

この像は、 アントワープから南西4kmほどのところにあるホーボ-ケン(Hoboken)「ホーボーケン情報センター(Informatiecentrum)」というところにあり、アントワープからは市電で行けるようです。情報センターでは、「フランダースの犬」にまつわる無料の観光用パンフレットやネロとパトラッシュのミニチュア像、Tシャツ、チョコレートなどを買うことができるようです。参考になりそうなサイトはこちら… 
野中博士のコラム
A Dog of Flanders
19世紀頃のホーボーケン地図
フランダースの犬(Wikipedia)
FC2 Blog Ranking

浴衣で夕涼み 


ゆかた3点セット(女性用)【伝統芸術を着る会】
夏の風物詩、女性の浴衣姿。最近は若い女性が花火大会やお祭りに出かける際に、浴衣をよく着るようになって、駅や電車の中で見かけます。私自身は、旅館やホテルで出される寝巻きとしての浴衣以外に着る機会が皆無なのですが、人が着ている浴衣は見ていて楽しい。柄も古風なもの、現代的なものと様々で、つい見入ってしまう。

ネット上でも、様々なメーカーで出している浴衣を見ることができ、驚いたことにあのユニクロまでが、しっかり出してるんですね、浴衣シリーズ。さすが!こちらで見れますよ。ユニクロの着物

ほかにも、セシールの着物 ・ ニッセンの着物なんかもチェックできます。
FC2 Blog Ranking

絵葉書! 

20050801220805.jpgこれは、友人が旅先のフランス ストラスブール(ストラスブルグ)から送ってきてくれた絵葉書です。きれい!
もらってうれしい絵葉書。ですから私も旅に出たとき、友人たちに送る絵葉書選びはかかせません。

ところが、ある時から、自分のためにも絵葉書を買うようになったのです。どこに行ったときだったか、カメラのフィルムが足りなくなってしまって、フィルムを買ってしまっても良かったのですが、店先の絵葉書に目が留まりました。それまで、自分の目で実際に見た景色や建造物よりも美しく写っている絵葉書の写真に、旅の臨場感が足りないなって思っていたのですが、美しさという観点から絵葉書を見直してみると、これほどきれいなものも無い。しかも非常に安い

絵葉書を販売している店を見つけると、店に入り、真っ先に絵葉書を見る。美しいものがないか?気に入るものがないか?と。

全くいいものが無いこともある。でも、別の店に入ってみる。

買った絵葉書は、帰宅後、伊東屋のフォトアルバムに貼り付ける。こうしてできた絵葉書アルバム、もうすでに5~6冊できたかな。

説明書きの無い、私だけのフォトブック。後で見返してみると、その美しさに感動する。
FC2 Blog Ranking