スペインメーカーの服をまとい、イタリア家電に救われる~その1 

先ず初めに断わっておきたいのは、私はファッションにうるさいタイプではなく、むしろトレンドには疎い方で、ただ しいて言えば、自分に合った自分好みのものでなければ嫌だと思っている。そして、できるだけ洋服にお金をかけたくないとも思っている。

そして、「キッチン用品や家電は海外製(西欧)に限る」などと思ったことは これまで一度もなく、できるだけ国産の良品を使いたいと思っている。

ところが、洋服に関しては、ここ数年 困った問題が起きていた。そして、家電に関しても、数十年間愛用していたものが突然壊れてしまい、しかも後継商品がないと知り、困りはてた。


まず洋服の問題は…
 私は肩幅が広く、しかもいかり肩で、
現在売られている日本のメーカーの洋服では、肩がきつすぎる。着られるブラウスや上着は、サイズがXLとか2L以上、もしくは13号以上でないとムリ
デパートやスーパーでは「大きいサイズ」というコーナーが設けられているが、そのコーナーに行くこと自体気がめいるし、選択肢が少なすぎて、なかなか素敵だと思える商品に出合えない。
ところが、10数年前に買った当時Lサイズのブラウスやジャケットは難なく着られるのだ。ということは、当時と今とでは、肩幅の規格が大きく異なるのだろう。体のサイズは変わっていないのに、服の方が変わってしまったのだ。
従って、最近はユニクロでばかり洋服を買っている。普段着としては最高のブランドだと思う。しかし、おしゃれ着と言える商品がないことが悩みの種。海外のブランドの製品ならば、自分好みでしかもサイズが合うおしゃれ着はいくらでもあるのだろうが、前述のとおり「洋服にお金をかけたくない」となると、絶望的。そう思っていた。

ある日、ふと思いついて、「肩幅広い ブランド」とかなんとかのキーワードでググってみたところ、YAHOO知恵袋の質問の回答で「ZARA(リンク先:公式ネットショップ)というブランド名を見つけた。

アイテムを観ていくと、デザインがいいし
商品によってはXLのサイズもある
しかもスーパーマーケット並みに価格が安い
配送料が無料なので、試しに気にいったブラウスとジャケットをネットショップで購入してみることにした。

商品が到着して驚いた。仕立てがとても良い。スペインのブランドだが、made in Moroccoだ。
手仕事王国(かつてモロッコ旅行をした経験から勝手に命名)モロッコ製なら安心できる!
ジャケットは袖丈が若干長かったが、自分の中では許容範囲以内。ブラウスは、新たなデザインがアップされたらまた購入してみたいと思う程気に入った。

今度は、ターミナル駅の丸井にあるらしいショップの方にも行ってみたいと思っている。果たしてXLサイズの商品が店頭にあるかどうかは不明だが。

そう思いつつ、なかなかショップに行けずにいた先日、たまたまつけていたテレビのニュースで
フォーブス誌による「2016年版世界長寿番付」の発表をしていた。普段はほとんど興味を示さないニュース項目だが、米国共和党のトランプ氏が○○位…と発表されていたためテレビに目を向けると、字幕で番付3位までを表示していた。
1位のビル・ゲイツの次、
2位に何とZARAの経営者 アマンシオ・オルテガの名を見つけて驚いた。
まさかこんなに儲けている=世界的に認知され、支持されているメーカーだとは思ってもみなかった。

zara 経営者で検索すると、様々な記事が出てくる。
東洋経済onlineの過去記事によると、2015年の10月にはビル・ゲイツを抜いて、長者番付1位に輝いた時期もあったようだ。

てっきり大資産家一家の出なのかと思いきや、このオルテガ氏
wikipediaによると、
貧しい家の出身で、義務教育しか受けておらず、長い下積み経験のある いわゆるたたき上げなのだ。
たとえ恵まれない育ちであったとしても、世界の富豪になれるチャンスがある。その人の努力次第で。ということを改めて知り、何だか嬉しくなってくる。

その一方で、品質やデザインで世界No.1だったはずの家電までもが国外製品に頼らざるをえない状況になってみると、日本のメーカーは大丈夫なのか?日本の将来は?と不安な気持ちに襲われる。 
  つづく

 ・関連記事小さな布の薔薇 咲いた!
FC2 Blog Ranking

買い替え時、お直し時 

ここ数年、家の中の様々なものが壊れたり、不具合が起きたりと、毎年何かしら 買い替えたり、修理に出したりしています。

例えば二年前には電気ポットを修理に出したし、昨年は、給湯器が壊れて買い替えました。
そして今年。台所用水栓(ハンドシャワータイプ)のレバーが急にバカになり、水が止まらなくなり修理してもらい、
さらに、以前からターンテーブルが回転したりしなかったりで、何とかだましだまし使っていたオーブンレンジも、遂に買い替えることに。

いづれも、購入後何年もたっているので、仕方がないとはいえ、メーカーの想定耐久年数よりも若干早く壊れてしまい、何だか損をしているような気に。

そして今年の8月末には、遂に私自身の指関節に、お治しが必要になってしまいました。

いわゆる「ロッキングフィンガー(参照示指~小指のMP関節ロッキングの病態)」というものですが、
私の場合、人差し指がその状態に。

天井照明の蛍光灯を換えようと、先ずはカバーを外すために斜め上に利き手ではない左腕を伸ばし、手が届くかとどかないかの距離で左手を目いっぱい伸ばしている最中に突然指がつり、激痛が走りました。とにかく作業を終わらせなくてはならないので、手を何度も振って痛みを抑え、ほとんど左手が使えない中で何とか作業を終わらせた後に改めて左手を観ると、人差し指がおかしな角度でロッキングされていたんです。

当初、関節に湿布でも貼っておけば治るかな、と楽観的に考えていたのですが、翌朝、全く改善が見られず、何だか怖くなり、朝一番で家の近くの整形外科クリニックへ。
ところが、そこの先生が施術するも治すことができず、大きな病院へ向かうことに。
その大病院でも、専門医がかなり苦戦されてました。

ともかく、最終的には治していただいて、助かりました。

今夏、親類・縁者で入院を要するケガや手術をした者が二人いて、その二人に比べたら何てことのないトラブルでしたが、
「用心に越したことはない」を肝に銘じ、事に当たらなければ。と改めて思いました。
FC2 Blog Ranking

初出場 東北魂で頑張って! 

遅ればせながら、今日初めてフィギュアスケート・グランプリファイナル(in バルセロナ)に、
米国のグレイシー・ゴールド選手の左足疲労骨折による欠場を受け、
補欠1位だった本郷理華選手が出場することを知りました。
・参照NHK Webより
   テレビ朝日 グランプリファイナル公式サイト

嬉しいの一言です!

グランプリシリーズ最終戦直後、ファイナルに進む6人の中に彼女が入れなかったことを非常に残念に思っていました。
彼女のスケーティングを2試合観て、すっかりファンになっていたのです。
「誰か怪我してくれないかなぁ!」なんて不謹慎なことをちらっと考えたりもしていたのですが、まさか現実にそうなるとは!

コーチは、あの鈴木明子さんを育てた長久保 裕コーチ。グランプリシリーズの放送中の解説によると、鈴木明子さんのアドバイスも受けているとか。
2試合を観た限りでは、ジャンプが非常に正確で、長い手足を使ったのびやかな演技。イタリアのコストナー選手を彷彿させるビッグなスケーターという印象を受けました。ルックスも、日本人離れした美しさに可憐さも加わって魅力的。今回のファイナル出場を機に、一気にファンが増えそうです。

今まで真央ちゃんはじめ、注目女子選手が多かったものの、今年はファイナル進出の日本女子がたった一人、しかも初出場ということで、外野がいろいろうるさいでしょうが、雑念を振り払って、自分のベストの演技をしてほしいです。
大丈夫だろうと思いますが、もし仮に上手く行かなかったとしても、すべてが経験です。ずーっとこれからも、その成長を見守りたいです。

そう思わせてくれる有望な選手。頑張ってね、理華ちゃん!
FC2 Blog Ranking