至福のりんごチョコ 

クリスマスツリー珍しく、二日連チャンの記事更新です。
というのも、お歳暮ギフトとして、自分で自宅宛てに注文したチョコのおいしさに感激しきりで、思わずPCの前に座った次第。

先週、無性にチョコレート、しかも よそ様から頂戴するような銘菓が食べたくなって、髙島屋のオンラインストアを物色。
チョコレート・ギフト

その中で気になったのが、何度かいただいたことのあるりんごチョコ。
神戸・元町の一番館の代名詞にもなっている人気商品
「ポーム・ダムール」です。

横浜でも買えるはずですが、美味しいとわかっていながら、なぜか自分で購入したことが今までなかったのです。

普段、コンビニやスーパーで買えるチョコで満足し、デパ地下の食品売り場で、どなたかへの贈答品として購入することはあっても、自分用として購入するのは、せいぜいDEMELのザッハトルテくらい。

それで、思い切って注文した「ポーム・ダムール」+「神戸夢風船物語(オレンジピールチョコ)の」セット、今朝届きました。

こんなに美味しかったっけ?と思うくらい、りんごチョコ美味しいです。満足度500点!!

オレンジピールチョコの方は、自分的には満点ではなかったですが、オレンジピールの苦みが乙。

髙島屋のお歳暮商品は、ほとんどが送料無料なので、この時期に、自分へのご褒美・クリスマスプレゼントとして、普段は手が出しにくいグルメ商品を買っちゃう、というのもアリかな、なんて思います。
FC2 Blog Ranking

仙台駄菓子に歓喜 

昨年、
過去記事「京みやげ」で、両親にリクエストした
京都のお土産について書きましたが、今回は
仙台のお土産についてです。

仙台みやげ、しかもお菓子、と言ったら
「萩の月」が有名ですが、正直なところ、私はさほど好きではありません。
どなたかに頂くと、必ず1つは食べますが、もう十分。
たとえ この先数年、あるいは数十年食べることができなくなったとしても、ちっとも困りません。

以前、母が仙台に行った折、「何か面白そうなお菓子があったら買ってきて」
とお願いしたところ買ってきたのが

熊谷屋の『元祖 仙臺(仙台)駄菓子 箱詰め』でした。
原料に黒砂糖、きなこ、水飴、もち米、ゴマなどを用いた昔懐かしい和菓子です。

熊谷屋パンフ この駄菓子類が、美味しいのなんのって。
日頃、バターやマーガリン、ショートニングがたっぷり入った焼き菓子を頻繁に口にしている身にとって、この 油っぽさを微塵も感じない、程よい甘さのお菓子が何とも新鮮に感じられ、しかも種類も豊富でたまりません。手が止まりません。

特に気に入ったのが、「黒パン」と名付けられた固めのパン風菓子。表面の黒糖のコーティングが味の決め手。
その他に、一見すると スーパーなどでも売っているお茶うけの駄菓子(イメージ的には、おばあちゃんが好きそうな)で
ねじった菓子や丸い菓子なんですが、
安物のただ甘いだけのものとは大違い。どれも材料の味をしっかりと楽しめる、深みのある そしてどこか懐かしい味わい。

熊谷屋は、非常に歴史のある老舗でもありました。

創業が1695年(元禄8年)。
熊谷屋の歴史(公式サイト)によると、その年は
松尾芭蕉が奥州紀行仙台を訪れて、6年後だとか。もちろん、当時作っていた菓子と現在のものとが全く同じ、というわけにはいかないでしょうが、320年の長きにわたって続く伝統をしっかりと守り続けてきた各時代の当主たちに敬意を払わずにはいられません。

さて話は戻って、今年10月、再度母が仙台に行くことになり、もちろん
熊谷屋の『元祖 仙臺(仙台)駄菓子 箱詰め』をリクエスト。
何年か振りで熊谷屋の駄菓子を食べることができました。

今回は以前よりも大きい箱(リンク先:公式サイト)を選んでくれたお蔭で、べっこう飴が食べられましたし、
購入した仙台駅地下の売店で、おまけで頂いた「ゆべし」(クルミがたっぷり入っていて美味しかったです)も味わえました。
空港ビルにも出店しているようですので、熊谷屋の駄菓子 未経験の方は是非一度。

 ・参照熊谷屋HP
     商品 単品類


FC2 Blog Ranking

ケチャップ リバイバル 

最近ハマッている料理が、


スパゲッティ・ナポリタン。(ちなみに画像は、自家製スパゲッティではありません。)

もう何年も口にしていませんでしたが、ある料理番組を見ていたら、タレントがチャーハンを作る際、ケチャップを入れていたんです。それを見て、何だか無性にスパゲッティ・ナポリタンが食べたくなってきて、母親におねだりして作ってもらいました。

具は、ソーセージと玉ねぎ、そしてピーマン。もちろん、ケチャップをたっぷり入れます。

口に入れると、想像していた以上の美味しさ。

懐かしい味というよりも、新たな美味しさを発見したかのような満足感。
その後何度も食べましたが、決して飽きることが無い。
もう病みつき。

スパゲッティソースの缶詰、ミートソースやら、ボンゴレやらいろんな種類をいくつもストックしてあるのですが、そちらには全く食指が動かない。


小学生の頃、スパゲッティと言ったらナポリタンかミートソースしかなかったあの時代、駅ビルの中にあった喫茶店で、このどちらかのスパゲッティを食べるのが、何より楽しみでした。ナポリタンは、家で母が作ることもありましたが、プロが作るものは、なんだか一味違って美味しかった。マッシュルームが入っていて、もうそれだけで、お洒落に感じたものです。

中学生の頃には、お弁当のおかずの一つとして、ナポリタンが入っていたことがありました。
でも、冷えたスパゲッティはくっついちゃって、固まりを口に運んだものの、あまり美味しく感じませんでした。
さらに、ナポリタンとミートソースの他にもスパゲッティソースがあることを知ってしまった私は、いつのまにかナポリタンはお子ちゃま向けのスパゲッティで、スパゲッティ・ボンゴレ(ビアンコ)こそが一番美味しいスパゲッティだと思っていました。

大人になって、「本場 イタリアでは、スパゲッティにケチャップを使うなんて愚かなことは決してしない(トマトを使う)。」という言葉を聞き、私のナポリタンへの印象がさらに悪くなり、
遂には

一昔前の時代遅れのスパゲッティ、

トマトソースの缶詰が容易に手に入らなかった頃の代替料理、

もしレストランのメニューに載っていても、グルメの人は絶対注文しないスパゲッティ、

というレッテルを勝手につけてしまい、見向きもしなくなったのです。

そう思うようになってから、ケチャップの甘さが口に合わなくなってきたこともあって、ケチャップの出番が急速に減っていき、
チャーハンを作る際にも、ソーセージを食べる時にも、ケチャップを使わなくなっていました。

それが、今年になってスパゲッティ・ナポリタンの美味しさに改めに気づかされ、今までかけていた色眼鏡をはずした私は、ケチャップ自体をも見直すようになってきました。
何十年も前によくやっていた、
ケチャップ+マヨネーズをよくかき回して、キャベツの千切りにかけるという食べ方。久しぶりにやってみると、これは絶品。

メンチカツに、ソースの代わりにケチャップをかけるというのも、いけます。ソースとケチャップ両方使うのもいいかもしれませんね。

あまり美味しくないハムを食べるときに、味を誤魔化すためにケチャップをつけて食べる。なんてこともしました。

今まで、冷蔵庫の隅に追いやられていたケチャップが、今やケチャップ様様。ドアポケットの定位置に陣取っています。
FC2 Blog Ranking

日記日記