スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking

奇跡の(?)ハーブティー 

1ヶ月ほど前、常備ハーブティーを買おうと、最近行かなくなっていたある輸入食品の店に立ち寄ったところ、今まで目にしたことが無いハーブティーをみつけました。
20070808213921.jpgレッドブッシュ? なんだろうコレ?

日本語の商品名を確認してみたところ、ルイボスティーという、見慣れない名前です。

飲んでみると、私が買ったポンパドール ルイボスティーには、バニラの香りが付いているため、砂糖を入れなくても甘く感じ、ルイボスティーそのものの味はよくわかりません。シナモンを入れて飲んでみると、とてもトロピカルな味になりました。
[追記]現在販売されているポンパドール ルイボスティーは、バニラではなく、オレンジの香りが付いているようです。


ルイボスティーの効能を知りたくなってネットで調べてみると、驚きの結果が~!


南アフリカ共和国の南部、ケープタウン北西に広がるセダルバーグ山脈地方のみで採れるマメ科の植物、ルイボス。乾燥すると葉が赤くなるため、現地語でルイボス(ルイ:赤い/ ボス:やぶ)と呼ばれているとか。
ドンキー企画によると、ルイボスティーは、南アフリカの原住民が
不老長寿の飲み物 として愛飲してきたハーブティーで、美肌疲労回復アレルギー抑制虚弱体質改善などの効果があり、現地ではルイボスの奇跡と呼んで賞賛しているそうです。さらに、健胃効果もあるようなので、私には嬉しい限りです。

では、ルイボスのどういった成分が、これらの効果をもたらしているのでしょうか?

ルイボスが育つのは古代の海底が隆起したと考えられる地域。長く根を張り、ルイボスは古代の海の成分を吸収しながら成長するのです。そのミネラル成分こそが、私たち現代人に不足しがちな微量ミネラル。

さらに、ルイボスティー屋によると、活性酸素分解酵素の含有量が、極めて多いルイボス。それにより、アトピーを改善させる効果や抗ガン作用もあるようです。ノンカフェイン、ノンカロリーなので、赤ちゃんや妊婦さんも安心して飲めるそうですよ。

続けてみないと効果がわかりませんので、私は頻繁に飲むようにしています。
 ・参照Rooibos(Wikipedia 英語版)
    ルイボスティー(GS Project, LLC.)
    ルイボスティー専門館
    ルイボスティー(amazon)
    ルイボスティー(楽天市場)

 ・関連記事エラスチンよりナチュラルコスメよりも効果大!? 
スポンサーサイト
FC2 Blog Ranking

健康、美容、ダイエットヘルス・ダイエット

優雅な薬草治療 

messeguefeld.jpg最近では、気の利いたハーブ関連ショップや輸入食品のお店でも見かけるようになったMaurice Messegue(モーリス・メッセゲ)氏のハーブティー。氏は、フランスの有名な薬草療法家だ。無農薬で栽培されたハーブは、用途に応じて巧みにブレンドされると、本当においしい。私は数年前、持病の療養のため、メッセゲ氏の薬草療法を実践しているケアセンターで、数日間過ごしたことがある。このセンターは、スイスのCrans-Montana(クラン モナタナ)にある五つ星ホテル Crans Ambassador(ホテル クラン アンバサダー)内にある。最初に医師との面接があり、自分の体の状態を説明し、治療の方向性を相談する。その後、基本的な身体検査を受け、医師が作成する滞在スケジュールが出来上がるのを待つ。すると、毎日の時間割を渡される。たとえば10:00水泳・11:00温冷水シャワー・11:30フェイシャルケア・14:00リンパマッサージ・15:00スティームバス…という具合。それとは別に、毎朝晩、その人の症状によってブレンドされた薬草湯でハンド&フットバス。食事が3食付き、特製ハーブティーとともに、私の場合朝と昼だったか、マグネシウムとローヤルゼリーを飲まされた。このように、体の中から外から、刺激を与えたり薬草を取り込むことによって、体内の毒素を排出させるらしい。その効果は?劇的な、驚くような変化はなかったものの、体がすっきりしたような感覚があった。
FC2 Blog Ranking

休日のこんな日は 

のんびりとした休日の午後。こんな日は、ハーブティーなぞ飲みたくなる。カモミール、ミントティー、いろんなハーブがブレンドされているものなど様々ある中で、今日はのどがちょっぴり痛いので、マローブルーかな?

FC2 Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。