初めてのジャパニーズ・アイドル 

家でよく聴く音楽は、クラシック(特にバロック歌曲や19世紀・20世紀の協奏曲や歌曲)と洋楽(仏・伊・西・英語)が中心。最近のお気に入りはMichael BubléやChilly Gonzales。
数少ないお気に入り日本人アーチストは大貫妙子、坂本龍一あたり。

子供のころから、アイドルと言われる人たちの歌をテレビで見聞きするのは好きだったとはいえ、今まで
アイドル系歌手のレコード、CDを買った記憶が全くない。ダウンロードもしたことがなかった。

そんな私が、今日
SingTuyo(草彅くんと慎吾くんのデュオ)の『KISS is my life.』をダウンロードした。

CMで既に耳にしていて、メロディが好きだった。ということに加え、新しいチャレンジをしている彼らを応援したい、という気持ちを表明するために

[J]事務所への忖度により、民放各局での出演機会を失いつつある彼らだが、NHKはその風潮に異議を唱えるかのように、草彅くんを俳優として、またタレントとして重用していて、こちらは嬉しくなる。

「Nスペ・未解決事件~赤報隊事件」の再現ドラマでの主演。
そして「ニュースな街に住んでみた~韓国編」では、柳澤解説委員と北朝鮮出身の人々が多数住むエリアで共同生活体験。
さらに、丁度民放で[J]タレの強制わ・・・事件の続報を伝えていた頃 NHK「おはよう日本」では、舞台「バリーターク」に出演する草彅くんの練習風景とインタビューを放送していた。

いわば、ぬるま湯に安住し、責任も体面も顧みず、羽目をはずして、やらかした[J]タレがいる一方で
自分の意志で[J]タレでいることを止め、大きな不安を抱えながらも、信頼できる仲間やスタッフの支えに感謝しつつ、今まで味わったことがないほどに、自分の仕事に全力を傾けようとする一人の人間

なんと対照的な二人。

NHKが意図的に流したかのようなグッド・タイミング!
 ・参照けさのクローズアップ(NHK)

SingTuyo(草彅くんと慎吾くんのデュオ)が『KISS is my life.』を歌う姿を、テレビでお披露目する日が来てほしい。CSやBSではなく
是非とも地上波で。
FC2 Blog Ranking

隠れた名品 

若者の活字離れは、とうの昔から叫ばれてきていることだけれど、
最近はテレビ離れも進んでいるとか。

しかし、若者の母親世代にあたる私なんぞは、テレビの無い生活なんて、とうてい考えられない。もっとも、忙しすぎる時には、テレビを観る時間も気力も消失するのだが。

地デジにBS、さらにWOWOW、そしてスカパーの2チャンネル。私が観るほとんどの番組は、1ケ月分の番組表を前の月の月末にくまなく観ておいて、事前に録画予約しておくのだが、番組の中には、番組表に内容の詳細が記載されず、観るまでどんな番組なのかわからないものも当然ある。特に早朝の番組にそういうものが多く、ある日、NHK BSプレミアム(103ch.)の一番最初の番組:「音楽」だったか「クラシック」だったか、ジャンルのみ記載された番組をためしに録画してみたことがあった。
それが私の『クラシック倶楽部』との出合いだった。

NHKには、クラシック音楽を扱う番組が多く、日曜夜9時からEテレで放送している『クラシック音楽館』、土曜夜9時半からの初心者向け(?)『ららら♪クラシック』、日曜深夜24時(月曜0時)BSプレミアムの『プレミアムシアター』等があり、
おもにN響公演を収録したものを放送をしている恐らくNHK一押しの番組:日曜 ゴールデンタイムの『クラシック音楽館』が、交響曲、協奏曲をメインとしているのに対し、早朝放送の『クラシック倶楽部』は放送時間が55分と短く、独奏・独唱や二重奏、四重奏など小編成の合奏が比較的多いのが特徴。

ところで、観たい番組をすべて録画している私が、録画したすべてを観るために行っている禁じ手

それは、想像がつくと思いますが、「早回しで観る」。

ドラマやドキュメンタリーには使えるが、音楽番組にはこれができない。従って2時間ぶっ続けで音楽番組、しかもクラシックを観続け聴き続けるのは、気の短い私には物理的にも、心理的にもかなり辛い。
ゆえに『クラシック倶楽部』の55分というのがちょうどいい長さ。

もちろん内容にも満足。
イタリアの若手テノール歌手 パオロ・ファナーレ(Paolo Fanale)のエレガントな美声や、ロシアのヴァイオリン奏者 マキシム・ヴェンゲーロフ(Maxim Vengerov)のまるで香り立つような美しい音色と出合ったのは、この番組が最初だった。
最近では、交響詩「フィンランディア」で有名なシベリウスに、可憐な、あるいは色彩豊かなピアノ曲がいくつもあることをこの番組で知った。

テレビは、愉しむ物であると同時に、今まで知らなかった世界へ開かれた扉だな、と改めて思う。
FC2 Blog Ranking

今年も音楽三昧 

新しい年を迎えました。
あけましておめでとうございます。

昨年同様、今年もマイペースでやっていきますので、よろしくお願いいたします。

さて、昨年の記事
トランプから古楽器発見」で、
ヴァージナルという楽器との出会いを書きました。
「デュオ・リュタン」さんによるヴァージナル演奏会(ヴァージナル&フルートの古楽器)、実は昨年のクリスマスにあったものの、生憎 聴きに行くことができなかったのです。

そして今年1月、遂に実現できそうです。

1月18日(日)には、八王子の いまここcafe杜丸
同 31日(土)には、経堂のギャラリー街路樹にて、
バッハ、ヴィヴァルディの作品他を演奏されるそうです。
2月にも、11日(水・祝)は阿佐ヶ谷のカフェ・ド・ヴァリエテ、
14日(土)は調布市の調和SHCクラブ主催で演奏予定だそうです。

詳細は、各会場・主催団体にお聞きください。


記事にはしませんでしたが、昨年は、人生初めて宝塚の舞台を観に行ったり、母のお供で初めて演歌のコンサートを観に行くなど、かなり充実した音楽生活を送ることができました。今年も、新しい音楽、新しい舞台との出合い・発見を楽しみにしています。
FC2 Blog Ranking