スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking

テディベアがくれた幸せ 

昨日、久しぶりに横浜ルミネの有隣堂(本屋)へ。
以前よりも文房具売り場が縮小され、その分 本の棚が増えて、客足も増えた感。
入ってすぐのスペースに、観て楽しめる系の洋書が並んでいた。

そこで手に取ったのが、


London: The Ultimate Sticker Collection」。

ロンドンの観光ガイドブックなのだが、説明文の内容に合わせて、本の後半にある数ページにもわたる大量のシール一覧の中から、適切なシールを適宜選び、貼っていきながら、観光名所の名称・特徴などを学習していくというユニークな本。(すべて英語です)

貼る場所には、シールの形と同じシルエットが印刷され、ものによっては、特徴的な形からシールを見つけたり、そうでない場合には名称で選んでいくようだ。

英国王室の面々の趣味やペットにまつわるページに始まり、ロンドンに200以上あるという美術館・博物館の中から有名どころがいくつか、交通機関、有名ショップ…
さらに、2012年に出版された本なので、2011年のウィリアム王子&キャサリン妃を含むロイヤルウェディングの特集、観光スポット、アウトドア・アクティビティなど 32ページにわたる観光案内のシルエット部分に、シールを貼っていくのだ。

ロンドンに行った経験がない私向きではあるが、シールを貼るだけだなんて、お子様向きだな。
そう思いながらページをめくっていくと、表紙にも載っていた

ハロッズのテディベアのシール、そして、ロンドン塔の守衛さんのシールも発見!

実は私、ロンドン塔の守衛さんテディベア<リンク先はgoogle画像>を持っているんです。
数年前、姪っ子がロンドン土産として買ってきてくれたもので、可愛い顔とその凛々しい出で立ちに、私メロメロなんです。

シールの方は、テディベアではなく本物の守衛さん(人間)ですが、俄然この本に興味が湧いてきました。
まして、男ばかりだと勝手に思いこんでいた守衛さん、シールでは女性なのです。

そこで購入決定。

さて、帰宅後、テレビを観ながらシール貼り。所詮子供向けだろうからと侮っていたのに、いざやってみると、シールの配列がアットランダムで、1枚1枚探すのに思いのほか苦労しました。
でも、すべて貼り終わると、心地よい達成感!

ただ、本文中には、女性の守衛さんについての説明はなく、今日、ググってみました。


ロンドン塔の守衛さん(護衛兵・衛兵隊)は、少なくとも22年の軍歴と、善行章を受けているなどの条件を満たした者から選ばれ、シールになっていたモイラ・キャメロン(moira Cameron)さんは、ロンドン塔・初の女性守衛として、2007年9月から活躍。

ちなみに、テディベアが着ている赤い制服は、特別な日に着る正装だそうで、普段は紺地に緋色のラインと文字。
また、胸にある「EⅡR」はElizabeth II Regina  つまり、女王 エリザベス2世を意味するとか。

さて、すでに述べたように、この本は2012年、日付を確認すると4月に出版されました。
4年前の4月…、つまりロンドン五輪の数か月前に出たわけです。オリンピック観戦のために初めてロンドンに行く、あるいは、実際には行けないけれどロンドンがどんな街なのか具体的に知りたい、興味があるという世界のニーズに合わせた商品だったのです。
残念ながら、当時私は、この本の存在を知りませんでしたが。

もし、4年後の東京五輪に合わせてTOKYO版を作るなら、どんな感じになるのかな?どのスポットを選ぼうか?などと想像すると、楽しくなってきます。
スポンサーサイト
FC2 Blog Ranking

グリーティングカードを探し求めて 

私は、グリーティングカードが好きだ。
もちろん、自分のために買うことも多いのだが、友人をはじめ、妹、姪など身内に送るためのカード選びが大好きだ。

過去の記事にも、ポストカードやグリーティングカードに関するものがいくつかある。
 ・春を呼ぶティーカップ
 ・オールドノリタケ 美の饗宴
 ・ウィリアム・モリス展
 ・ウィリアム・モリス展へプチ旅行~その2
など。

先日、比較的大きな病院の最寄駅で、駅前にフランス料理店などもある私鉄の駅を降りた。
病院の予約時間よりも早めだったので、誕生日が5月の友人に送るバースデーカードを駅周辺で探してみようと思った。
駅前には、鉄道系のスーパー、ドラッグストア、パン屋、中華料理屋、蕎麦屋、100均などあるが、本屋はないし、文房具屋もない。
100均で仮にバースデーカードを販売していたとしても買う気はないので、だめもとでコンビニに入ってみた。
やはり ない。

少し歩くと、道路沿いに八百屋やクリーニング屋、他のパン屋、普段着を販売する安値の店はあるものの、
食文化以外の文化」を売っていそうな店はほぼ皆無。
病院が近くにあるので、花屋はあるものの、ざっと覗いたところ、カード類は無さそうだ。

まだ時間があるので、徒歩で病院を通り越して、今まで行ったことのない先まで行ってみた。
「本」と書かれた看板が見えてきたが、残念ながらGEO。
DVD・CDレンタルの店で、本と言ってもコミックを販売しているようだ。バースデーカードがあるわけがない。
その先に、大きなスーパーが見えてきたが、やはりなかった。
最後の頼みは、病院内の売店。
もしかしたら、お見舞いに来た人が買えるように、何かしらカード類が置いてあるかもしれない…


一縷の望みが潰えた。

グリーティングカードがどこにも売られていない町って、何なんだ!
電車で大きな駅を利用しない人は、ネットで購入するしかないの?
それとも、メールでやりとりするから、グリーティングカード自体、必要ではないの?

「買う必要はないのさ、手作りするからさ!」

そう返答してくれる人が、どれほどいてくれるのだろうか?

日本って、貧しい国だなと思った。
FC2 Blog Ranking

I miss 冷やした炭酸水 

今日は暑い、本当に暑い。
窓を閉め切ったまま居間にいたら、なんだか疲れる。
しかも気分が悪くなってきた。

熱中症になりそう!
あわてて、窓を開けた。

風が心地よい。

そして、栄養ドリンクを飲んで、少しは元気になってきた。

本当は、アイスが食べたい。
昨夏試して美味しかった 100%フルーツジュース(ブドウやリンゴ)の炭酸水割りが飲みたい。

しかし、どちらも買い置きがない。

コンビニは自宅付近にあるにはあるが、買い物に出る元気がない。

アイスも、炭酸水割りフルーツジュースもお預けだ。残念ながら。
明日以降、少なくとも炭酸水だけは買いに行こう。

or 
FC2 Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。