薔薇再生す 

前回の記事から、約3か月半ぶりになります。気持ちの上では、半年以上ブログを放置していたようなつもりでいましたが、まだそこまで酷くはなかったですね。

春が過ぎ、早めの梅雨も過ぎ、熱狂のロシアワールドカップも終わり、今は丁度 お盆の只中。この後、季節は晩夏へと移り変わっていきます。


今日、一つの奇跡が起こりました

それが果たして、お盆と関係があることなのか? あるいは、たまたま今日だったのか? 真相はわかりませんが…

ことの発端は、前回ブログを更新した日の前後にさかのぼります。
春何番?かの強風のため、我が家の庭の赤いバラがひっくりかえり、しかもよく見ると、貧弱な根から丸ごと土から抜け出していました。
もともとは、20年くらい前に小さな鉢植えのバラだったものを、生育に合わせて直植えにし、上にも左右にも広がっていき、時々剪定しながら大事に育てたものでした(ほとんど父任せですが)。

立派な枝ぶりでありながら、前述のように根は非常に貧弱で、気付いた時には、根も枝も からっからに乾燥。
四季咲きのバラですが、まだその時は花をつけておらず、周りにアジサイやシャクヤク、ミョウガやフキなど、多種多様の植物が繁茂していることも手伝って、バラの手入れを怠っていたのです。

すぐに、土を少し掘ってバラを植えなおしましたが駄目でした。茎の乾燥が進んでいくのみ。

父はダメもとで接ぎ木をしてくれたようですが、いろいろな植物が土の栄養分を取ってしまうのでしょう。バラは再生しませんでした。

そのバラ。品種名はわかりません。しかしおそらくダマスクローズ系と思われるかぐわしい香りと、大ぶりのフリルのような花びらが特徴で、色は、かつてこのブログの記事で紹介した
色見本帖『フランスの伝統色』から選ぶと、
ローズ・ドゥ・フォッション (2)
あのパリの老舗食品店 Fauchonから命名された「ローズ・ドゥ・フォッション」「フォッション・ピンク」色が近いでしょうか。
まるで、誇り高き庭の貴婦人といった体。

ですから、バラを失ったことは、私の大きな悲しみとなりました

しかし、人間とは薄情なもので(いや、私だけかな?)、時がたつと、バラのことなんてまるでなかったかのように、例年よりも白ユリがたくさん咲くことを喜んだり、サルスベリのピンク色に心躍らされたり、数か月前の自分の悲しみは、いつのまにか消え去っていました。

ところがです。あの赤いバラは、別の場所で花を咲かせていたのです。たった一輪、以前のものよりも小ぶりではありますが、花を開かせたのです。

改めて父に聞くと、父は接ぎ木 約30本を、様々な場所に植えていたそうです。私が観ていた、かつてあった場所もその一つですが、そこでは全滅。しかし、他の植物のない、庭の外れのほうに植えていた一つが、人知れず再生していたのです。

そのたくましいバラの生命力と父の技術力に驚嘆!

ありがとう!!!

奇しくも今日はお盆二日め。数週間前に父の弟が亡くなったばかりで、四十九日法要も済ませていないところに、この バラの花の微笑み。

旅立った命からのプレゼントのような気がしてならないです。
FC2 Blog Ranking

初めてのジャパニーズ・アイドル 

家でよく聴く音楽は、クラシック(特にバロック歌曲や19世紀・20世紀の協奏曲や歌曲)と洋楽(仏・伊・西・英語)が中心。最近のお気に入りはMichael BubléやChilly Gonzales。
数少ないお気に入り日本人アーチストは大貫妙子、坂本龍一あたり。

子供のころから、アイドルと言われる人たちの歌をテレビで見聞きするのは好きだったとはいえ、今まで
アイドル系歌手のレコード、CDを買った記憶が全くない。ダウンロードもしたことがなかった。

そんな私が、今日
SingTuyo(草彅くんと慎吾くんのデュオ)の『KISS is my life.』をダウンロードした。

CMで既に耳にしていて、メロディが好きだった。ということに加え、新しいチャレンジをしている彼らを応援したい、という気持ちを表明するために

[J]事務所への忖度により、民放各局での出演機会を失いつつある彼らだが、NHKはその風潮に異議を唱えるかのように、草彅くんを俳優として、またタレントとして重用していて、こちらは嬉しくなる。

「Nスペ・未解決事件~赤報隊事件」の再現ドラマでの主演。
そして「ニュースな街に住んでみた~韓国編」では、柳澤解説委員と北朝鮮出身の人々が多数住むエリアで共同生活体験。
さらに、丁度民放で[J]タレの強制わ・・・事件の続報を伝えていた頃 NHK「おはよう日本」では、舞台「バリーターク」に出演する草彅くんの練習風景とインタビューを放送していた。

いわば、ぬるま湯に安住し、責任も体面も顧みず、羽目をはずして、やらかした[J]タレがいる一方で
自分の意志で[J]タレでいることを止め、大きな不安を抱えながらも、信頼できる仲間やスタッフの支えに感謝しつつ、今まで味わったことがないほどに、自分の仕事に全力を傾けようとする一人の人間

なんと対照的な二人。

NHKが意図的に流したかのようなグッド・タイミング!
 ・参照けさのクローズアップ(NHK)

SingTuyo(草彅くんと慎吾くんのデュオ)が『KISS is my life.』を歌う姿を、テレビでお披露目する日が来てほしい。CSやBSではなく
是非とも地上波で。
FC2 Blog Ranking

また1軒、灯が消える 

  • [2018/03/24 18:35]
最寄駅の駅ビルにある このエリア唯一の本屋が、まもなく閉店する。

かつて、この駅周辺には5軒ほどの新本を売る本屋があり、さらに古本屋も2軒ほどあり、それぞれの本屋を巡っては、気に入りの1冊を求め歩いたものだ。

その、比較的大きなこの駅周辺に、本屋が一軒もなくなってしまう日が来ようとは、いったい誰が想像できただろう。


唯一の救いは、来月 新オープンのビルに、新しい本屋が開店するようだ。
しかし、5階建ての最上階。買い物のついで、駅を利用したついでに 帰宅前 ふらっと立ち寄れる場所ではない。
しかもカフェ併設の本屋だとか。ということは、本の売り場面積が狭くなるし、軽食を手づかみで食べた客の汚れた指で触られた本が並ぶのか。がっかり。

私の、ネット通販での本購入が増えてしまいそうだ。
FC2 Blog Ranking